研究体制

 本事業はPDCAサイクル(Plan-Do-Check-Act cycle)に基づき、管理・運営部門が研究を企画し(P)、研究部門が各種倫理委員会の承認のもと、他大学・他研究機関の協力を得ながら研究を遂行する(D)。評価部門(外部評価者・自己評価委員会)は研究の進捗を評価し(C)、研究体制と計画の改善を図る(A)。得られた成果と本事業がもつ社会的意義について、学会・論文やメディア、医療等を通じて波及先である国民や医療従事者に訴求する。
2.各部門の構成と機能
(1)管理運営部門
 ①統括部・教育研究等奨励推進委員会:統括責任者である小出良平学長、副統括責任者である宮﨑隆財務担当理事より構成され、統括部はブランディング事業の方針決定のほか、本事業に係る学内予算、人員配置、学内資源配分などの決定権を有する。統括部には研究支援課・研究推進室、産学官連携室、総務課出版・WEB係が附置され、業務指示を受ける。教育研究等奨励推進委員会はブランディング実施委員会の報告を受け、全学的な研究体制の支援を行う。
 ②ブランディング実施委員会:医・歯・薬・保健医療学部(大学院兼務)の代表者により構成され、統括部の方針・企画に沿った具体的な研究の実施計画を立てる。運営委員会は研究部門のリーダーおよび班長と進捗状況を確認・評価する会議を開き、研究部門への指示と支援を行う。
(2)研究部門および他大学・研究機関
 ①研究部門:全学からレドックス制御機構研究チームとレドックス臨床応用研究チームの研究者を選抜し責任者(チームリーダー)を設置する。前者は分子・遺伝子同定班、細胞機能制御班、シグナル制御班により、後者は診断・検査班、治療・回復班および予防・維持班により構成され、各班に責任者(班長)を設置する。また、腫瘍分子生物学研究所、臨床薬理研究所、発達障害医療研究所、スポーツ運動科学研究所は両チームと連携する。実用化が期待できる成果について附属病院で臨床試験を実施する。
 ②評価部門・外部アドバイザー:外部評価者および自己評価委員会は研究の進捗状況および得られた成果を定期的に確認し、研究体制と研究計画を評価する。また、本事業の進め方や体制について外部アドバイザーから助言を得る。

③他大学・他研究機関:本事業には学外より3名のレドックス研究専門家が参画し研究レベルと成果の質の向上を図る。

研究体制.jpg



研究グループとテーマ

研究班メンバー表全体(修正版2) Sheet1.jpg