日本学生支援機構奨学金


日本学生支援機構(以下「機構」という)は、我が国の大学等において学ぶ学生等に対する適切な修学環境を整備し、
もって時代の社会を担う豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成を資するとともに、国際相互理解の増進に寄与する
ことを目的とする。


1.平成18年度貸与月額

 イ)第一種奨学金(無利子)貸与月額

区  分

第一種(無利子)

自  宅

自 宅 外

学  部

54,000 円

64,000 円

大学院 
博士前期課程

 88,000 円

大学院
医・歯博士・博士後期

122,000 円




2.私立大学の医学・歯学・薬学を履修する課程に在学する者について、1.の大学の貸与月額のほかに、
  医学・歯学課程においては14万円、薬学課程においては12万円の貸与月額を選択することが出来る。

3.1.の貸与月額の利率は、0.66%〔18年度(予定)〕〔年3.0%を上限として変動する〕
  ただし、2.の貸与月額のうち、10万円を超える部分の利率は年1.2%〔18年度(予定)〕。

   第二種奨学金は在学中無利子、卒業後上記の利息(変動制)がつき、元利均等返還である。
    第一種奨学金の貸与を受けた者のうち、その修学を維持することが困難であると認定された者に対しては第一種奨学金と併せて
    第二種奨学金の貸与を受けることが出来る。

  2.貸与期間

  
在学する学校の最短修業年限の終期まで。
ただし、留年・休学した場合は奨学金の交付が停止される。

 3.募集
 
 
 定期採用   年1回(4月)
  緊急(1種)・応急(2種)採用  随時

 
募集の時期にその旨、掲示するので出願者は学生部事務室で願書等必要書類の交付をうけて所定の手続きをとること。
 なお連絡事項は、すべて掲示するので常に注意して出願の機会をのがしたり締切期限に遅れたりしないようにすること。

 4.平成18年度募集人数(昭和大学における募集人数)

奨 学 金 種 類
区   分 第一種奨学金
(無利子)
第二種奨学金
(有利子)
学  部 1年次 36名 1〜6年次 114名
2年次以上  3名
大学院 
博士前期課程
1年次 15名 1年次 15名
2年次以上 1名
大学院
博士医・歯学課程
1年次 23名 1年次 4名
2年次以上 2名
大学院
博士後期課程
1年次 2名
2年次以上 0名


 5.家計急変者の定期外採用(緊急・応急採用)

 
募集時期以外でも主たる家計者の死亡等による家計急変により緊急に奨学金を必要とする事態が生じた場合には
 直ちに学生部に申し出ること。

 6.大学第一種奨学生採用候補者の進学手続き

 
高校在学中に、第一種奨学生採用候補者として決定を受けた者は、大学を通じて
 機構に「進学届」を提出して、はじめて本採用される。
 この「進学届」を提出しない場合は、その資格を失うことになるので入学後直ちに
 学生部に申し出ること。


 7.奨学生の交付停止及び辞退等の異動手続きについて

 
学業成績または性行が不良となったとき(留年)、休学、復学、停学、退学、転居、転籍、改氏名、連帯保証人の変更や
 
奨学金を必要としなくなったときは直ちに学生部へ申し出ること。

 8.奨学金の継続について

 
奨学金を貸与中の者で継続して奨学金を貸与する場合は、日本学生支援機構ホームページより継続の手続きを行うこと。
 その際、パスワードが必要となるので、学生部へ来ること。
  ※インターネットで継続の手続を行わない場合は奨学金の振込が停止されるので注意すること。

 9.奨学金の返還

 
返還は貸与終了して6ヶ月経過後、20年以内に返還しなければならない。返還月賦額は返還総額に応じて決められている。



※その他ご不明な点がありましたら日本学生支援機構ホームページをご覧下さい。

 

ページの先頭に戻る