講座紹介

口腔衛生学とは口腔の健康を通じて生命を衛(まもる)学問のことを言います。

 1984年にWHOが健康について定義したように、口腔が良い状態にあること、すなわち口腔の健康とは口腔が持つ役割が
十分に発揮できる状態にあることを意味します。
 口腔が持つ役割に、主として「食べる」「話す」「呼吸する」「情動(表情)を表出する」などがあります。これらの役割が正常に営まれている状態を
口腔が健康であると言えます。

当部門では、このような口腔の健康についての研究・臨床・教育を行っています。特徴の一つには、医科歯科連携や地域連携のチーム医療の基盤として
昭和大学附属の
8病院に昭和大学口腔ケアセンターを展開しており、口腔ケアセンター長を当部門の教授である弘中祥司が担当し、教員をはじめ、大学院生の全員が各病院に出向して入院患者の口腔ケアを担当しています。内容等につきましては、昭和大学の「口腔ケアセンター」を参照してください。 

 他の特徴としては、昭和大学歯科病院のスペシャルニーズ歯科センターにおいて染色体異常や発達障害、脳性麻痺等の障害のある小児を中心に摂食嚥下リハビリテーションの治療を担当しています。摂食嚥下障害の小児には、口腔領域の成長変化を考慮しながら摂食機能の障害程度に合わせた摂食機能療法が必要です。

  このように当部門の研究・臨床・教育はWHOの提唱する口腔が持つ役割が十分に発揮できる状態への回復を目指したものです。
教育はこのような理念のもとに、歯学部の1年生から6年生まで「社会と歯科医療」コースを担当しスパイラル教育の一端を担って、
21世紀の社会で活躍できる歯科医師の養成を目標に、地域に密着した学外実習や他学部との学部連携教育に積極的に関与しています。

 研究は、上記の臨床の科学的な根拠を構築するため、歯科医学領域のみならず医学領域との共同研究を積極的に進めて、
その最先端の成果を発表し続けています。

研究内容

口腔の機能的健康と健康障害に関する疫学研究

乳幼児期の口腔機能の発達および高齢者の口腔機能の減退と口腔咽頭部の形態変化との関連

摂食動作における口腔と全身との関連

顎・顔面・口腔領域の諸器官の動態解析

食品物性の分析および分析法に関する研究

Topへ

 

作製:口腔衛生学部門  koeisei@dent.showa-u.ac.jp