生物発光化学発光研究会 第26回学術講演会

テーマ「生物発光化学発光の新展開」

主催:日本生物発光化学発光研究会(JABC)
協賛:日本化学会、日本分析化学会,日本薬学会,日本農芸化学会、
   有機合成化学協会、日本臨床化学会

日 時:平成21年6月6日(土)13:00−18:00

場 所:電気通信大学講堂 http://www.uec.ac.jp/map/img/comm/map1.gif
    (京王線 調布駅下車 北口より徒歩5分)

プログラム

基調講演 

13:00−13:30 中島憲一郎(長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 教授)

 「化学発光計測を利用する抗酸化物質の機能性評価」

13:35−14:05 松本正勝(神奈川大理学部 教授)

 「ジオキセタンの立体化学と化学励起」

14:10−14:40 柄谷 肇(京都工繊繊維大学大学院工芸科学研究科 教授)

 「微生物発光の多様性と非線形性」

ポスター(一般発表)

14:40−16:20

依頼講演

16:20−16:40 角田 誠(東京大学大学院 薬学系研究科 講師)

 「HPLC-化学発光検出法を用いたニトロカテコールアミン分析法の開発」

16:40−17:00 久世雅樹(名古屋大学 物質科学国際研究センター 助教)

 「二枚貝発光タンパク質に関する生物有機化学的研究」

17:00−17:20 呉 純(産業技術総合研究所 セルエンジニアリング研究員)

 「ウミホタル発光系を利用した個体イメージングプローブの開発」

17:20−17:40 大場裕一(名古屋大大学院 生命農学研究科 助教)

 「発光する甲虫類の進化とそのルシフェリン・ルシフェラーゼ反応の起源」

17:40−18:00 平野 誉(電気通信大 電気通信学部 准教授)

 「ホタルの仲間の生物発光色制御メカニズム」

懇親会

18:00〜19:30(大学会館3階ハルモニア)


参加費:JABC会員および協賛学協会員:2,000円(資料代として)
    非 会 員 :5,000円
    学   生 :無料
    懇親会参加費:3,000円


世話人:丹羽治樹(電気通信大学)

発表・参加 申し込み先:
牧 昌次郎(電気通信大学)
e-mail:maki@pc.uec.ac.jp
TEL:042-443-5493,FAX:042-486-1966
(抄録原稿作成要領:A4 1−2枚, MSWordで作成してください。マージンは上下左右に2.5 cmお取り下さい。タイトル行のみ左側を4cm開けてください。原稿は下記メールアドレスに添付ファイルでお送りください。なお印刷は白黒となります。ご承知置きください。

原稿送付先:牧 昌次郎(電気通信大学)e-mail:maki@pc.uec.ac.jp