アミガサユリ(ユリ科)

ラテン名 Fritillata verticillata WILLDENOW var. thunbergii BAKER

生薬名  バイモ 貝母 (Fritillariae Bulbus) 

                    アミガサユリの花

薬用部位:鱗茎の外皮を除いたもの  

薬効と用途:鎮咳、去痰、解熱薬   

製剤:麻杏甘石湯、四順湯、清肺湯  

植物メモ:多年生草本。花は淡黄色で  長楕円形。鱗茎の形状が二枚貝に似て  いることから、貝母の名がつけられ  た。中国原産で、日本では切り花用と   して栽培されている。