脳動静脈奇形(AVM)

病気について

脳動静脈奇形は血管の病気で、先天性異常と考えられています。ナイダスと呼ばれる異常に拡張した血管のかたまりと、それに付随する拡張した動脈および静脈を認めます。正常な部位では、動脈(血液を送る血管)と静脈(血液が心臓に戻す血管)の間に毛細血管が存在しますが、脳動静脈奇形では毛細血管が無く、代わりにナイダスが存在するため、高い圧の血液が多量にナイダスや静脈に流れ込みます。このため、血管が破裂し出血することがあります。

どのようなことがおこるのか?

脳出血やくも膜下出血の原因となります。頭痛やてんかん発作(けいれん発作)の原因となることもあります。一般的には男性の方が多いとされています。発症年齢は、10-30歳代の若年者が多く、ほとんどの場合、50歳代までに発症すると言われています。症状を来す前に、脳ドックなどで発見されることも少なくありません。

危険性はどれぐらいか?

脳出血やくも膜下出血をきたすと、手足の麻痺や言語障害などの後遺症を残こすことがあります。出血が高度であると死亡することもあります。未出血の場合の年間出血率は、1-3%とされていますが、一度出血したものは、2-18%程度とも言われています。出血を防ぐことが治療の主な目的になります。

治療について

1 手術について

現在、最も確実で有効な治療法は手術といわれています。開頭手術にてナイダスとよばれる異常血管を取り除いてしまいます。手術の際に、多量の出血をきたすことが少なくなく、脳外科の手術の中でも難易度は高いものとされています。ナイダスが大きなものや、脳の奥や大事な部分にナイダスがある場合は、特に手術が困難になります。手術には熟練し卓越した手技が求められます。また、後述のカテーテル治療をうまく併用し、手術の難易度を下げることも重要になってきます。手術の危険性として、手術中や術後の脳内出血、細菌感染などがあります。

2 カテーテル治療について

ナイダスには、たくさんの動脈からたくさんの血流を認めることが多く、手術の際に大出血をきたすことがあります。そのため、手術の前にその血管をカテーテル治療で詰めてしまいます。その際、Onyx(オニックス)やNBCA(ヒストアクリル)と呼ばれる液体塞栓物質やプラチナコイルなどを使用します。一部の病変では、血管内治療のみで治癒できるものもあります。カテーテル治療の危険性として脳梗塞や脳内出血をきたすことがあります。

3 放射線治療

放射線治療として定位的放射線療法(ガンマナイフなど)があります。主に3cm以下の小さなものに対して行います。照射後、1年から数年かけて病変は閉塞していきます。そのため、脳出血直後など出血の危険の高い場合にはあまり向いていません。治療のリスクとして、治療後に脳の放射線障害があり、悪性脳腫瘍や脳浮腫(脳が腫れ上がってしまうこと)などをきたすことがあります。

どの治療が良いのか?

いずれの治療も一長一短で、相応の危険を伴います。そのため、治療法の選択は慎重にしなければならず、患者さんごとの状態に応じて治療方針を決定します。どのような症状か、出血したことがあるのか、大きいのか、脳のどの部位に発生したか、他の血管病変は伴っているか、全身状態はどうかなど、色々なことに注意しながら熟考することが大事です。可能であれば、手術が望ましいといわれますが、一つの治療法だけでなく、複数の治療を併用することも多いため、手術に長けた脳外科医と血管内治療の専門医らがよく話し合い治療法を検討しなければなりません。

まずは、ご相談を。

脳動静脈奇形(AVM)と診断されると、症状や治療などについて不安があると思います。手術を受けた方が良いのか?薬では治せないのか?カテーテル治療はどうなのか?といった疑問を持たれると思います。手術や放射線治療をおこなわず血圧管理などで様子を見ることもありますし、カテーテル治療にて治ることも多々あります。昭和大学では、火曜日に奥村が脳血管内治療外来を行っております。カテーテル治療や手術、放射線治療も含め、患者さんそれぞれに合った治療方針を考えていきます。まずは外来で何でもご相談ください。