当院でのお産について

痛みを伴うおなかのはりが、10分以内になった場合、24時間いつでも電話で連絡して下さい。
(外来指導時にお渡ししている紙に電話番号が書かれています)
どうしたらいいか、助産師が対応致します。

病院に来て下さい、と言われた場合、昼間は5A病棟に直接おいで下さい。
夜間は、病院の入り口より入っていただき時間外受付でお名前をお伝え下さい。

陣痛や破水にて来院された場合、LDR室に入院となります。
LDRとは、陣痛 (Labor)、分娩(Delivery)、回復(Recovery)の頭文字をとったもので、全てお部屋は個室となります。
よって、入院から、陣痛/分娩/破水までをLDR室という同じ部屋で過ごしていただきます。
陣痛やお産の進み具合、そしておなかの中の赤ちゃんの状態を観察させていただきながら、お産までの時間をよりリラックスして過ごしていただきます。
好きな音楽を聴きながら過ごすこともできれば、ご家族とも一緒に過ごすことができます。

お産の際は、安全性の観点から分娩台での仰向けのお産となります。
当院ではフリースタイル分娩は行っておりません。

お産が終わりましたら、お母さんと赤ちゃんの状態が落ち着いていれば、注意深く観察しながら分娩後なるべく早くふれあうことが出来ます。[Skin to skin contact(カンガルーケア)]
2時間程LDR室にて、赤ちゃんと家族とゆっくり過ごしお産の疲れを癒します。 体調が落ち着いたら、病室のほうに戻ります。

お産中の緊急手術等についての事前同意

お産は人によって様々で、安産の方もいれば、難産でお産に時間がかかる方もいらっしゃいます。
また、医学的に、吸引分娩や鉗子分娩、帝王切開等のお手伝いが必要となる方もいらっしゃいます。
さらに、お産中は急激にお母さんや赤ちゃんの状態が悪くなることがあり、稀ですが緊急度の高い異常が発生することがあります。

当院では、緊急処置(吸引分娩、鉗子分娩、帝王切開等)が必要となった場合、時間に余裕があれば、ご家族にも連絡して状況をお話しし、書面による同意を得るようにしております。
しかし、一刻を争う場合では、通常の手続きをを取っているとお母さんや赤ちゃんの状態がどんどん悪くなってしまいます。
そこで、お産中に緊急事態が発生した場合、速やかに緊急処置が行えるよう、外来にて事前にご同意をお願いしております。

つまり、早急に赤ちゃんを出産させることが必要と判断した場合や、ご家族が院内にいらっしゃられない場合は、お母さんご本人に説明し、口頭で同意を得た上で緊急処置をさせていただきたいと思っております。
ご家族には、処置後詳しい事情を医師より説明致します。