診療のご案内

主な対象疾患

周産期センター(産科)

当周産期センターは、総合病院の周産期センターという特色があります。
こどもセンター、救急センターをはじめとした他の診療科との連携で、妊娠中の母体の緊急疾患に対応します。また、産科的には早産、前期破水、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、多胎妊娠、前置胎盤、妊娠糖尿病などの各種母体合併症の管理を行います。さらに、胎児発育不全、小児外科疾患・脳外科疾患等の胎児異常における胎児診断・治療の管理などを行い、出生後の新生児医療に結び付ける高度な周産期医療を提供させていただきます。
当院のこどもセンターは江東区で唯一新生児集中治療室(NICU)を有しており、生まれた後の赤ちゃんはその状態に応じて、呼吸・循環管理を中心とした集中治療を行います。さらに、きめ細かな栄養管理や感染対策を行うことで、赤ちゃんのより健やかな成長を手助けさせていただきます。
詳しくは周産期センター(産科)のご案内をご覧ください。

婦人科

女性の一生を通して生じる様々な婦人科疾患(子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症、月経不順、月経困 難症、更年期障害・骨粗鬆症など)に対応いたします。疾患や病状によっては適宜高度専門医療施設へ の紹介など個々の患者さんにとって適切な対応をさせていただきます。
詳しくは婦人科のご案内をご覧ください。

不妊外来

不妊ということに不安をお抱えの方に親身に対応し治療をしていきます。一般不妊検査、不育症検査、男性不妊、人工授精、子宮鏡、腹腔鏡、妊孕性温存手術に対応しています。(卵管鏡は準備中)
対象となる方として、
・子供が出来なくて受診したいが、体外受精はなんとなく不安。
・二人目がなかなかできない。
・人工授精を希望。
・子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮内膜ポリープ等を指摘され、手術が必要と言われた。
・流産が続いている。
など、お困りの方にも対応致します。当科は遺伝診療科、産科、小児科と連携していますので妊娠後もスムーズな対応が可能です。
詳しくは婦人科のご案内 不妊治療をご覧ください。