周産期センター(産科)のご案内

周産期センターの特色

  • 分娩中に突然起こる胎児の緊急事態に対応するGrade A帝王切開システム
    (帝王切開決定から10分以内の分娩を目指す)
  • 多くの診療科をもつ大学病院であることを生かし、各種合併症をもって妊娠した女性の総合的な妊娠管理
  • 妊娠20週頃に行う精密胎児超音波検査での胎児リスク評価
  • 患者さんの意思を尊重した治療方針の決定
  • 早産や低出生体重、または病気を持って生まれた新生児に最先端医療を提供
  • 昭和大学病院と連携した様々な問題に関するカウンセリング体制
  • 当院歯科専門スタッフによる妊娠中のお母さん及び赤ちゃんの口腔保健のサポート(健診および歯科学級)と情報提供

母児同室について

母と子の絆を育むために、当院では、お母さんと赤ちゃんが終日一緒に過ごすことができる「母児同室」をすすめております。
赤ちゃんとお母さんが一緒に過ごすことで、お母さんと赤ちゃんがお互いのことをよく理解し、赤ちゃんが欲しい時にすぐに授乳が出来、授乳や育児により早く慣れることができます。
赤ちゃんにとっては、お母さんのそばが一番安心できる場所なのです。 母児同室は、スタッフがいつでもお手伝い致します。
また、お母さんと赤ちゃんの体調にあわせて、新生児室でお預かりすることも出来ますので、ご安心下さい。

立会い出産について

当院では、経腟分娩の際に、お父さんのみの立会い出産が可能です。
お母さんと赤ちゃんを支え見守り、共に出産を乗り越え、家族の絆を深めましょう。

帝王切開での立会い出産は行っておりません。
感染防御の観点から、12歳未満のお子様や他のご家族の立会い出産は行っておりません。

両親学級 〜Happy Birth〜 のご案内

当院でお産を予定している方を対象に両親学級を開催しています(全2回)。
完全予約制です。予約の際は予約センター(03-6204-6489)へお電話下さい。
 <前期〜ようこそ赤ちゃん〜> 日程:第2土曜日  参加時期:妊娠20〜24週
   ○妊娠中の異常について(産科医師) ○妊娠中の栄養(管理栄養士) ○妊娠中の過ごし方(助産師)
 <後期〜パパママこんにちは〜> 日程:第4土曜日  参加時期:妊娠28〜32週
   ○出産の流れ、立ち会い分娩について(助産師) ○出産に向けての準備(助産師)
   ○病棟見学(助産師) ○赤ちゃんとの生活について(助産師) ○母乳について(小児科医師)

  • 時間 :13:30〜16:00
  • 場所 :当院9階講堂
  • 料金 :1回¥2,700(当日受講前に1階会計窓口でお支払い下さい)
  • 持ち物 :母子手帳、診察券、安心すこやか妊娠出産ガイド
     ※妊婦さんお一人での参加も可能です。  ※上のお子さんの参加はご遠慮下さい。
     ※予約枠は限りがあります、ご了承下さい。 

  • 産後助産師外来について

    当院でお産をされた方を対象に、産後助産師外来を行っています。主に授乳相談/乳房トラブルの対応を行っています。
    予約制ですので、予約の際は予約センター(☎︎03-6204-6489)へお電話下さい。乳房トラブルなど、緊急で対応が必要な場合は、女性外来(☎︎03-6204-6000:代表)まで、ご相談ください。
    また、乳房トラブルや卒乳に関してのpdfを添付しておりますので、下記よりご覧いただき、参考にしてください。

    「乳房トラブルの対応」「卒乳の進め方」pdfファイル
  • 予約枠 :毎週月曜日/水曜日 13:30 14:00 15:00
         :第2/第4土曜日 09:00 10:00
  • 時間 :30〜40分程度
  • 場所 :女性外来
  • 料金 :¥3,000(母乳外来は助産師の対応です。医師の診察や処方が必要な場合、別途保険診療となります。)
  • 持ち物 :母子手帳、診察券、赤ちゃんのお出かけセット(オムツの着替えなど)

  • マタニティ歯科のご案内

    当院でお産を予定している方、お産をされた方を対象にマタニティ歯科を開催しています。
    <1回目> マタニティ歯科学級
    <2回目> マタニティ歯科健診
    <3回目> 赤ちゃん歯科学級
    ☆お問い合わせは下記窓口にご連絡下さい。
     ① 予約に関する事項⇒予約センター (☎ 03-6204-6489)
     ② 受講・受診内容に関する事項⇒歯科・口腔外科 (☎ 03-6204-6000)
    マタニティ歯科に関する詳しい内容をpdfで添付しておりますので、下記をご参照下さい。

    「マタニティ歯科に関して 」pdfファイル

    当院のこどもセンターについて

    分娩後の赤ちゃんは全て、新生児科医がフォロー致します。
    新生児集中治療室(NICU) 9床、新生児発育支援室(GCU)24床と、都内でも屈指のベット数を誇ります。
    また、周産期新生児学会専門医を中心に優秀な新生児科医が治療に携わります。

    主要施設

    周産期センター

    • 産科病床 30床
      (うち感染症に対応可能な陰圧個室 6床)
    • 陣痛・分娩・回復室(LDR) 5床

    こどもセンター

    • 新生児集中治療室(NICU) 9床
    • 新生児発育支援室(GCU) 24床