HOME > 診療:女性医学チームの特色

女性医学チームの特色

女性医学とは

従来産婦人科では、「周産期」、「腫瘍」、「不妊」を3本の柱としてきました。
近年、思春期医療、更年期医療をはじめとして、骨盤臓器脱治療、女性心身医学、女性内科、女性スポーツ医学と言った分野を包括した「女性医学」と言う概念が、従来の3本柱と並ぶ産婦人科の第四の分野として発展してきています。
日本産科婦人科学会の定義で女性医学とは「産婦人科の専門領域のひとつで、QOLの維持・向上のために、女性に特有な心身にまつわる疾患を主として予防医学の観点から取り扱うことを目的とする」と定義されています。

当院の女性医学チームの特色


昭和大学産婦人科学講座では中山教授、矢内原教授時代を通して内分泌学(ホルモン学)の基礎研究が大変盛んでした。それに伴い、思春期、更年期と言った、ホルモン環境が激しく変化する時期の女性の臨床についても長い歴史と伝統を持っています。
現在は、従来の内分泌学の基礎の上に、発展しつつある臨床遺伝学等や心身医学の知見を活かした診療を行い、また、周産期、腫瘍、不妊分野の中でも特に内分泌的な要素の強い症例を担当するなど、総合的な女性医学の発展を目指しています。(骨盤臓器脱は、主として内視鏡チームで扱います。)

当院女性医学チームの主な対象疾患(主な担当医)

思春期領域(白土、宮上(遺伝)、坂本(不妊))

下記の疾患を中心として、将来の妊娠まで考慮した診断、治療を行います。また、婦人科チームと協力して外陰形成不全、アンドロゲン不応症等の手術を行います。

  • 月経不順の相談
  • 神経性無食欲症など、体重低下に伴う月経異常
  • アンドロゲン不応症など、性分化に関わる疾患(含 遺伝診断)
更年期領域(下平、白土)

下記疾患を中心として内科、精神科、整形外科、カウンセラー等と協力して、予防医学を考慮した治療を行います。

  • 更年期障害
  • 更年期に伴う内科疾患
  • 骨量減少症、骨粗鬆症
女性心身医学領域(白土、宮上、坂本)

神経性無食欲症は、思春期の疾患と思われがちですが、性成熟期、更年期にも存在します。内科、精神科等と協力して妊娠出産や、更年期医療につながる治療を行います。また、出生前診断や不妊治療に伴う心身的な問題の調査を行い、遺伝カウンセリングへのフィードバックを通じて臨床への応用を検討しています。

  • 中枢性摂食異常症(摂食障害)
  • 神経性無食欲症や神経性大食症に伴う月経異常
  • 出生前診断等の遺伝カウンセリングに関する心身医学的検討
女性心身医学領域(白土、宮上、坂本)

神経性無食欲症は、思春期の疾患と思われがちですが、性成熟期、更年期にも存在します。内科、精神科等と協力して妊娠出産や、更年期医療につながる治療を行います。また、出生前診断や不妊治療に伴う心身的な問題の調査を行い、遺伝カウンセリングへのフィードバックを通じて臨床への応用を検討しています。

  • 中枢性摂食異常症(摂食障害)
  • 神経性無食欲症や神経性大食症に伴う月経異常
  • 出生前診断等の遺伝カウンセリングに関する心身医学的検討
女性心身医学領域(白土、宮上、坂本)

神経性無食欲症は、思春期の疾患と思われがちですが、性成熟期、更年期にも存在します。内科、精神科等と協力して妊娠出産や、更年期医療につながる治療を行います。また、出生前診断や不妊治療に伴う心身的な問題の調査を行い、遺伝カウンセリングへのフィードバックを通じて臨床への応用を検討しています。

  • 中枢性摂食異常症(摂食障害)
  • 神経性無食欲症や神経性大食症に伴う月経異常
  • 出生前診断等の遺伝カウンセリングに関する心身医学的検討
女性スポーツ医学領域(下平)

スポーツを行っている方に無月経が出現すると、それは骨粗鬆症、さらには骨折発症の前兆かもしれません。月経不順があった場合、骨量測定や血液検査等により全身状態の把握に努めることは、トップアスリートのみならず、一般のスポーツ愛好家にも大切なことです。

また、月経周期にともなってスポーツのパフォーマンスが変化する場合があります。ホルモン剤による月経移動は、アンチドーピングに抵触せず、パフォーマンス向上に役立つ場合があります。また、低容量ピルにより月経困難や月経過多を軽減させることがパフォーマンス向上に有効な場合があります。これらを含めて、アンチドーピングに関する相談等、スポーツに関する相談に対応しています。

  • スポーツに伴う無月経、月経異常等の相談、骨量に関する相談
  • スポーツのための月経移動の相談
  • アンチドーピングに伴う薬物相談
内分泌疾患合併妊娠(下平)

甲状腺疾患は、女性の20人に一人が発症すると言われ、大変多い疾患です。また妊娠糖尿病も妊婦の10人に1人程度が発症し、大きな問題となっています。
これらの疾患は母体のコントロールだけではなく、胎児の安全を図り、分娩後の新生児の疾患を防ぐとともに、母体の将来の健康も考慮して管理することが大変重要になります。このため当院では、内科、新生児科等と連携し、これらの内分泌疾患合併妊娠を厳重に管理し、安全な分娩に結びつけるようにしています。

  • 甲状腺機能亢進症
  • 甲状腺機能低下症
  • 妊娠糖尿病
  • 糖尿病合併妊娠
その他の内分泌領域(下平、白土、坂本(不妊))

多嚢胞性卵巣症候群は、月経不順の原因として多いだけでなく、不妊の原因としても大変多い疾患です。しかしながら、不妊治療以外では経過観察と言う名の放置状態に置かれることが多いのも現状です。現在挙児希望のない方に、適切な治療と情報提供を行い、挙児希望となった場合は速やかに不妊チームに紹介する体制を作っています。

  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

所在地

昭和大学医学部差婦人科学講座

〒142-8666
東京都品川区旗の台1-5-8

このページの先頭へ