HOME > 教育:女性医師支援について

女性医師支援について

女性の社会進出はめざましいものですという言葉は既に過去のものになりました。医療では既に現場の中核を女性が担っています。
当講座でも中堅より若い世代では女性医師が過半数を超えています。しかし、妊娠・出産・育児と仕事の両立は女性医師のみならず男性医師にとっても悩ましい問題です。もちろん産婦人科医師である我々は出産、育児を率先してサポートすべきと考えております。当講座ではみんなでこの問題に取り組み、その人それぞれの事情に応じ支援する体制(時短勤務や当直免除可能、フルタイム勤務も可能)を考えています。
また、当講座の事業である周産期すこやかネット(文部科学省「周産期医療員関わる専門的スタッフの養成事業」~キャリアパス支援型周産期医療環境整備~)では女性医師人材募集を行っております。

→子育てしながら夫婦共に医局で頑張っている 宮上医師の「入局者の声」はこちらから

このページの先頭へ