HOME > 臨床研修医募集(初期研修医)

臨床研修医募集(初期研修医)

産婦人科を目指す学生の皆さんへ

昭和大学病院では、将来産婦人科を目指す初期研修医のための研修医カリキュラムとして産婦人科重点コースを用意しています。
産婦人科重点コースは初期研修2年間のうち6か月間を産婦人科で研修するコースです。研修一年目の3か月で産婦人科の診察法や分娩進行の知識などの基礎を研修し、二年目の3か月で分娩介助、帝王切開や婦人科良性開腹手術などの実践的な手技をマスターする内容です。

後期研修医から産婦人科を選択するより早くステップアップしていくことができるため、後期研修の三年目は一歩先の研修をスタートすることができます。これにより産婦人科専門医を取得するまでの時間的余裕が生まれるため幅広い知識と手技を身に着け、専門医試験に臨むことができます。

昭和大学産婦人科重点コースマッチング希望の先生は下記までご連絡を下さい。
学生の頃からずっと夢見ていた産婦人科医を早くから始めてみませんか?

また初期研修医の段階からステップアップをスムーズに行えるように当科独自の研修カリキュラムを設定し1か月間ローテートする研修医から半年間ローテートする研修医まで幅広く対応できるようにしております。
以下に研修カリキュラムを添付します。
ご参照ください。

詳細につきまして個別に対応致しますので、産婦人科まで電話:03-3784-8551(医局直通)又はメール ob-gyn@med.showa-u.ac.jp で希望の旨をお伝えください。

このページの先頭へ