HOME > 研究:学会発表・論文・その他 > 2005年度

学会発表・論文・その他

2005年度

原著・総説・著書

平成17年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書
「多施設共同ランダム化比較試験による早産予防の為の妊婦管理ガイドラインの作成」
(主任研究者 岡井 崇)
厚生労働省精神・神経疾患研究委託費
心身症の診断・治療ガイドラインを用いた評価法の開発に関する研究
木村武彦
総括研究報告書(平成14~16年度)、更年期障害、285-293、2005
妊娠高血圧症候群における絨毛細胞の病態変化
妊娠中毒症から妊娠高血圧症候群へ:過去から未来へ
関沢明彦、岡井崇
P120-121, 日本妊娠高血圧学会編、Medical View. Tokyo, Japan, 2005
Cell-free fetal DNA in plasma of pregnant women: Clinical potential and origin
Sekizawa A, Farina A, Okai T
Taiwanese J Obstet Gynecol 44 (2), 116-122, 2005
Lower Maternal PLAC1 mRNA in Pregnancies Complicated with Vaginal Bleeding (Threatened Abortion <20 Weeks) and a Surviving Fetus
Farina A, Rizzo N, Concu M, Banzola I, Sekizawa A, Grotti S, Carinci P
Clin Chem. 2005 Jan;51(1):224-7
Rapid clearance of mRNA for PLAC1 gene in maternal blood after delivery
Concu M, Banzola I, Farina A, Sekizawa A, Rizzo N, Marini M, Caramelli E, Carinci P
Fetal Diagn Ther. 2005 Jan-Feb;20(1):27-30
出生前診断① 遺伝の基礎知識:染色体とその異常
関沢明彦
微妍ジャーナル 28(1), 11-15, 2005
出生前診断② 染色体・遺伝子異常の診断
関沢明彦
微妍ジャーナル 28(2), 7-11, 2005
出生前診断③ 胎児先天異常のスクリーニング
関沢明彦
微妍ジャーナル 28(3), 12-18, 2005
母体血中胎児由来浮遊DNAによる出生前診断
関沢明彦
第12回臨床細胞遺伝学セミナーテキスト p81-87, 2005
転移したがんの最新の治療法ー子宮頸癌の転移、子宮体癌の転移、卵巣癌の転移ー
大久保和俊
がんを治す完全ガイド2005.2月号(第2巻第2号21頁)
子宮摘出術・卵巣摘出術
大久保和俊、岡井崇
エキスパートナースMOOK 術前・術後マニュアルVol.21 No.14 P.166
パスセーバーを用いた一孔式腹腔鏡下卵巣嚢腫切除術
柴田哲生、森岡幹、長谷川明俊、西健、齋藤佳実、内山心美、大久保和俊、長塚正晃、木村武彦、岡井崇
日産婦東京会誌 第54巻 第1号 61-65
改良型パスセーバーを用いた一孔式腹腔鏡下卵巣嚢腫切除術
柴田哲生、森岡幹、長谷川明俊、西健、齋藤佳実、内山心美、大久保和俊、長塚正晃、木村武彦、岡井崇
日産婦東京会誌 第54巻 第2号 147-151
安全な腹腔鏡下手術をめざして
[腹腔鏡下手術合併症の予防と対策 1] 皮下気腫、皮下出血
柴田哲生、岡井崇
臨床婦人科産科 第59巻 第3号 319-323
産科・周産期のインフォームド・コンセント「鉗子・吸引分娩」
下平和久、岡井崇
産婦人科の実際 第54巻 第11号 p1735~1740
「外来で行う迅速キット検査」―妊娠反応―
これだけは知っておきたい検査のポイント
下平 和久、岡井 崇
Medicina増刊号 vol 42 No12 2005 p62~63
今月の臨床 FGR-Fetal Growth Restriction
「管理の実際 3.当科の管理指針」
下平 和久、岡井 崇
臨床婦人科産科 vol 59 No12 2005 p1601~1605
Potential of lactoferrin in the prevention of preterm delivery,
Otsuki K, Hasegawa A, Sasaki Y, Sawada M, Yakuwa K, Mitsukawa K, Chiba H, Nagatsuka M Saito H and Okai T:
Taiwanese J Obstet Gynecol, 44: 123-127, 2005
Recombinant human lactoferrin has a preventive effects on lipopolysaccharide-induced preterm delivery and production of inflammatory cytokines,
Otsuki K, Yakuwa K, Sawada M, Hasegawa A, Sasaki Y, Mitsukawa K, Chiba H, Nagatsuka M, Saito H and Okai T
J Perinat Med, 33: 320-323, 2005
妊婦細菌性膣症の取り扱い
大槻克文、澤田真紀、八鍬恭子、市塚清健、松岡 隆、下平和久、関沢明彦、岡井 崇
産婦人科の世界 57(12)49-54 2005
【安全な産科手術・処置をめざして】
妊娠中の手術・処置における安全対策 子宮頸管縫縮術.
大槻克文、澤田真紀、八鍬恭子、安藤智、小出馨子、岡井崇
臨床婦人科産科 59巻6号 829-833(2005)
超早産の病態,予後及び予防への展望 Lactoferrinによる超早産予防の可能性.
大槻克文
日本周産期・新生児医学会雑誌 40巻4号 759-762
【感染から考えるpreterm PROMとその管理】
大槻克文、澤田真紀、長谷川明俊、岡井崇
前期破水と早産. 周産期医学(0386-9881)35巻3号 331-338(2005)
出生前診断1;超音波検査など非侵襲的検査について
市塚清健、関沢明彦、松岡 隆、大槻克文、下平和久、岡井 崇
Pharma Medica. Vol.23.No.2. P35-40:2005.
The TEI index for evaluation of fetal myocardial performance in sick fetuses
Kiyotake Ichizuka, Ryu Matsuoka, Junichi Hasegawa, Nahoko Shirato, Masatoshi Jimbo, Katsufumi Otsuki, Akihiko Sekizawa, Antonio Farina, Takashi Okai
Early Human Development. Vol.81(3) P. 273-279:2005
妊娠初期・中期における超音波検査のコツ
市塚清健
日本産科婦人科学会東京地方部会会誌. Vol.54(2) P.296-304:2005
一絨毛膜性双胎におけるTei indexからみた分娩のタイミング
市塚清健、松岡 隆、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井 崇
周産期医学. Vol.35(7) P.941-946:2005
強出力集束超音波(High intensity focused ultrasound;HIFU)を用いた栄養血管閉塞による子宮筋腫の無侵襲治療装置の開発と臨床手技の確立を目指した基礎的研究
市塚清健、岡井 崇、藤原 礼、石川哲也、市原三義、梅村晋一郎、佐々木一昭、川畑健一、馬場一憲
超音波医学. Vol.32(3) P.339-346:2005
超音波診断を用いた胎児評価法
市塚清健、松岡 隆、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井 崇
映像情報Medical. Vol.37(13) P1412-1417
胎児心機能評価におけるTei index
市塚清健、松岡 隆、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井 崇
超音波医学. Vol.32(6) P.206-213:2005
妊娠初期の超音波検査
市塚清健
日本産婦人科医会 研修ノートNo.74. P50-59:2005
胎児病の低侵襲治療を目指した高出力集束超音波照射による動脈閉塞実験
市塚清健、石川哲也、松岡隆、長谷川潤一、関沢明彦、岡井崇
日本周産期・新生児医学会雑誌(1348-964X)41巻2号 Page530(2005.06)
The cause and treatment of implantation failure.
Yanaihara A, Iwasaki S and Okai T. Taiwanese Journal of Obstetrics and Gynecology. 2005 Mar; 44(1):26-30.
Difference in gene expression in the proliferative human endometrium.
Yanaihara A, Otsuka Y, Iwasaki S, AidaT, Tachikawa T, Irie T, Okai T. Fertil Steril. 2005 Apr; 83 Suppl 1:1206-1215.
Strong expression of steroid sulfatase in human cumulus cells in patients with endometriosis
Yanaihara A, Otsuka Y., Iwasaki S., Okai T., Yanaihara T. Fertil Steril. 2005 Aug;84(2):464-467.
Intracytoplasmic sperm injection -technical improvement-
Yanaihara A, Iwasaki S, Negishi M and Okai T. Taiwanese Journal of Obstetrics and Gynecology. 2005 Mar; 44(4):314-317.
若年者の月経前症候群
白土なほ子、長塚正晃、千葉 博、木村武彦、岡井 崇
産婦人科治療 91(5)516-522
卵管留膿症を呈した早期卵管癌の1例
森岡 幹、岡崎志帆、大塚由紀子、奥田 剛、大久保和俊、柴田哲生、長塚正晃、木村武彦、岡井 崇、九島巳樹
日本産科婦人科学会東京地方部会誌 54(3)424-427 2005
【産科診療マニュアル 産科異常への対応】 異常分娩 胎児ジストレス
(nonreassuring fetal status)
松岡隆、市塚清健、長谷川潤一、関沢明彦、岡井崇
産科と婦人科(0386-9792)72巻11号 Page1580-1586(2005.11)
胎児期より高心拍出性心不全を来した肝血管内皮腫の1例
井上真理、岩崎順弥、竹内敏雄、板橋家頭夫、松岡隆、市塚清健、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井崇
日本小児循環器学会雑誌(0911-1794)21巻5号 Page573(2005.09)
Fragmentation of cell-free fetal DNA in plasma and urine of pregnant women.
Koide K, Sekizawa A, Iwasaki M, Matsuoka R, Honma S, Farina A, Saito H, Okai T
Prenat Diagn. 2005 Jul;25(7):604-7.
成人呼吸窮迫症候群(ARDS)を合併したMRSA産褥熱の一例
木林潤一郎、神保正利、小林圭子、森山修一
日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報42巻・4号・443-448・2005
絨毛膜性双胎において一児に無脳症、他児に髄膜瘤を合併した1症例
宮本真豪、長谷川潤一、下平和久、近藤哲郎、鈴木紀雄、小川公一、高橋 諄
日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報42巻・1号・65-69・2005
MRI検査が診断に有効であった子宮外妊娠の2症例
宮本真豪、長谷川潤一、下平和久、折坂 勝、近藤哲郎、鈴木紀雄、小川公一、高橋 諄
日本産科婦人科学会神奈川地方部会誌42巻・1号・11-15・2005
Disappearance of steroid hormone dependency during malignant transformation of ovarian clear cell cancer.
Akahane T, Sekizawa A, Okuda T, Kushima M, Saito H, Okai T.
Int J Gynecol Pathol. 2005 Oct;24(4):369-76.
今月の臨床 骨粗鬆症をめぐる新しい話題 「骨密度測定の適応」
齋藤 裕
臨床婦人科産科59巻・8号・1081~1083頁 医学書院・東京・2005
妊産婦と薬物治療-虫歯、歯周辺疾患-
秋山敏夫、秋山喬
臨床婦人科産科 59(4)484-485 2005
妊産婦と薬物治療-頭痛-
秋山敏夫
臨床婦人科産科 59(4)487-489 2005
女性診療のための感染症のすべて・子宮頚管炎とその治療
小川公一、栗城亜具里、高橋 諄
産婦人科治療 90巻・増刊・330-332・2005
広範囲 血液・尿化学検査、免疫学的検査(第6版)
エストロゲン:エストロン、エストラジオール、エストリオール、エステトロール
清水幸子
日本臨床 2005年増刊 株式会社日本臨床社 ・東京・2005
広範囲 血液・尿化学検査、免疫学的検査(第6版)
17α-ヒドロキシプレグネノロン
清水幸子
日本臨床 2005年増刊 株式会社日本臨床社 ・東京・2005
広範囲 血液・尿化学検査、免疫学的検査(第6版)
17α-ヒドロキシプロゲステロン
清水幸子
日本臨床 2005年増刊 株式会社日本臨床社 ・東京・2005
広範囲 血液・尿化学検査、免疫学的検査(第6版)
プレグネノロン、プレグネノロンサルフェート
清水幸子
日本臨床 2005年増刊 株式会社日本臨床社 ・東京・2005
摂食障害の診断と治療 -ガイドライン2005-
《治療法》 (適応と実際)「婦人科での治療」
廣瀬一浩、杉藤祐美、細野真沙子、佐治玲子
107-110 マイライフ社
更年期女性における睡眠障害
白川修一郎、廣瀬一浩、駒田陽子、水野 康
性差と医療 2 : 37-43 2005 じほう社
妊婦と薬物治療-EBMに対応した必須知識~静脈炎
廣瀬 一浩、杉藤 祐美、細野真沙子
臨床婦人科産科 59: 499-501 2005.4
妊婦と薬物治療-EBMに対応した必須知識~不眠症
廣瀬 一浩、細野真沙子、杉藤 祐美、駒田 陽子、白川修一郎
臨床婦人科産科 59: 502-504 2005.4
睡眠障害と夜間頻尿
白川修一郎、廣瀬一浩、駒田陽子、水野 康
睡眠障害プラクティス Vol. 13, No1 39-45 2005
睡眠眠促進技術と香気成分
白川修一郎、廣瀬一浩、駒田陽子、水野 康
AROMA RESEARCH Vol.21, No1 32-37 フレグナンスジャーナル社2005
当院における腹腔鏡併用膣式子宮全摘出術(LAVH)症例の検討
石川哲也、柴田哲生、苅部瑞穂、野口有生
日本産科婦人科学会神奈川地方部会誌 vol.42, No.1 jul.16-19 2005
腹腔鏡を用いた緊急子宮外妊娠手術症例の検討
石川哲也、塩路裕子、柴田哲生、苅部瑞穂、野口有生
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 21 (1 ) 214-217 2005
当院での卵巣嚢腫核出術に対する腹腔鏡を用いたshort stay surgery の現状と問題点
石川哲也、塩路裕子、柴田哲生、苅部瑞穂、野口有生
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 21 (1 ) 223-226 2005
腹腔鏡下に治療した卵巣妊娠の2症例
石川哲也、塩路裕子、本原将樹、苅部瑞穂、柴田哲生、野口有生
日本産婦人科学会関東連合地方部会会報 42 (4) 433-436、2005
Velamentous cord insertion and atypical variable decelerations with no accelerations.
J. Hasegawa, R. Matsuoka, K. Ichizuka, A. Sekizawa, A. Farina, T. Okai
International Journal of Gynecology &Obstetrics, Volume 90, Issue 1, Pages 26-30
Reduction of progesterone receptor expression in human cumulus cells at the time of oocyte collection during IVF is associated with good embryo quality.
Junichi Hasegawa, Atsushi Yanaihara, Shinji Iwasaki, Yukiko Otsuka, Momoko Negishi, Tomoko Akahane, Takashi Okai
Hum Reprod. 2005 20(8):2194-200.
Limitations of conservative treatment for repeat Cesarean scar pregnancy.
Junichi Hasegawa, Kiyotake Ichizuka, Ryu Matsuoka, Katsufumi Otsuki, Akihiko Sekizawa, Takashi Okai
Ultrasound Obstet Gynecol. 2005 Feb 25;(3):310-311
子宮全摘を行った帝王切開瘢痕部妊娠の一症例
長谷川 潤一、小出 馨子、折坂 勝、宮本 真豪、近藤 哲郎、鈴木 紀雄、下平 和久、横山 和彦、長塚 正晃、小川 公一、高橋 諄
日本産婦人科学会関東連合地方部会誌 42 (1) 3-7 2005
妊娠初期と中期の超音波検査による臍帯付着部位診断と臍帯卵膜付着に関する検討
長谷川潤一、松岡隆、市塚清健、大槻克文、関沢明彦、岡井崇
産婦人科の実際, 54: 1467-1470 2005.
臍帯卵膜付着に特徴的なFHRパターン
長谷川潤一、岡井崇
周産期医学, 35 1148-1150 2005.
Localization and gene expression of steroid sulfatase by RT-PCR in cumulus cells and relationship to serum FSH levels observed during in vitro fertilization.
Otsuka Y, Yanaihara A, Iwasaki S, Hasegawa J, Yanaihara T, Okai T. J Exp Clin Assist Reprod. 2005 Apr; 11;2(1):6
Preventive effect of recombinant human lactoferrin in a rabbit preterm delivery model American Journal of Obstetrics and Gynecology
Akitoshi Hasegawa, Katsufumi Otsuki, Yasushi Sasaki, Maki Sawada, Kaori Mitsukawa, Hiroshi Chiba, Masaaki Nagatsuka, Takashi Okai
Am J Obstet Gynecol, 192,4:1038-43,2005
早産(早期破水)切迫流産の予防
母と子の健康教育
澤田真紀、大槻克文
ライフサイエンスセンター 149-152 2005

このページの先頭へ

学会発表・講演

「産科の超音波スクリーニング」
岡井 崇
茨城県県母学術講演会  水戸 2月 2005
「妊娠初期の胎児超音波」
岡井 崇
第11回日本胎児心臓病研究会(教育講演) 東京 2月 2005.
「産科超音波産科スクリーニング-リスクを予知するためのチェックポイント-」
岡井 崇
第17回多摩産婦人科臨床研究会  武蔵野市 2月 2005.
「産科超音波スクリーニング」
岡井 崇
第7回産婦人科MEセミナー(西日本) 福岡 2月 2005.
「 No Fault Compensation -制度のメリットとデメリット」
岡井 崇
日本産婦人科学会静岡地方部会(特別講演)  静岡 5月 2005
「妊娠初期の超音波診断 パート3」
岡井 崇
第32回品川産婦人科臨床研究会 東京 6月 2005
「産科超音波スクリーニング」
岡井 崇
第12回産婦人科MEセミナー 大阪 6月 2005
「産婦人科におけるHIFU治療の将来」
岡井 崇
第13回 中四国GnRH研究会(特別講演) 高松市 8月 2005
月経周期と心身におけるコンディショニング
―若年女性の月経前症候群(PMS)―
木村武彦、白土なほ子、下平和久、長塚正晃、千葉 博、岡井 崇、白土貴史、小西由里子
第16回日本臨床スポーツ医学会  東京 11月 2005
心身症の診断・治療ガイドラインを用いた臨床的実証的研究
―更年期障害―
木村武彦、赤松達也、辻裕美子
厚生労働省精神・神経疾患研究委託費  東京 12月 2005
冷え、のぼせの漢方治療
木村武彦
第49回東洋医学研究会  東京 11月 2005
母体血中胎児由来浮遊DNAによる出生前診断
関沢明彦
第12回臨床細胞遺伝学  東京 8月 2005.
母体血による胎児DNA診断の現状と展望(特別講演)
関沢明彦
第7回遺伝性疾患に関する甲信越・北陸出生前診断研究会  金沢 10月 2005
母体血を用いた胎児遺伝子診断の現状(特別講演)
関沢明彦
第27回更埴産婦人科医会学術講演会  長野 11月 2005
Evaluation of placental biochemical function through the quantification of cell-free RNA circulating in maternal plasma
Sekizawa A, Koide K, Purwosunu Y, Iwasaki M, Farina A, Okai T
1st Society for Gynecologic Investigation International Summit for Preterm Birth Nov 10-12, Siena, Itary
子宮頚癌I期症例において脈管侵襲は独立した予後因子か?
大久保和俊、森岡幹、柴田哲生、長塚正晃、木村武彦、岡井崇
第57回日本産科婦人科学会、 京都 4月 2005
パスセーバーを用いた一孔式腹腔鏡下卵巣嚢腫切除術
柴田哲生、森岡幹、長谷川明俊、西健、齋藤佳実、内山心美、大久保和俊、長塚正晃、木村武彦、岡井崇
第332回日本産科婦人科学会東京地方部会例会 東京 2005
改良型パスセーバーを用いた一孔式腹腔鏡下卵巣嚢腫切除術
柴田哲生、森岡幹、長谷川明俊、西健、齋藤佳実、内山心美、大久保和俊、長塚正晃、木村武彦、岡井崇
第333回日本産科婦人科学会東京地方部会例会 東京 2005
症例別の腹腔鏡下手術 ―――ちょっとした工夫―――
柴田哲生
平成不妊研究会 東京 5月 2005
初産婦,児頭の下降度+2cmでsevere variable decelerationが出現.こんな時どうする 確実な急速遂娩術の選択 超緊急帝王切開術への対応
下平和久
日本産科婦人科学会関東連合地方部会  東京 6月 2005
肥満が子宮内膜癌発症のリスク因子となる機構の内分泌学的解明 アディポサイトカインがステロイド代謝酵素を介して子宮内膜癌増殖に及ぼす影響の検討
下平和久、千葉博、岡井崇
日本産婦人科学会学術総会 京都 4月 2005
レプチンが胎盤エストロゲン産生に与える影響
下平和久、岡井崇
第41回日本周産期・新生児医学会学術集会 福岡 7月 2005
アディポサイトカインのステロイド代謝酵素を介した子宮内膜癌への影響
下平和久
日本内分泌学会学術総会  横浜 7月 2005
超緊急帝王切開への対応
下平和久、小出馨子、安藤智、松岡隆、市塚清健、大槻克文、関沢明彦、岡井崇
日本産婦人科学会関東連合地方部会  東京 6月 2005
Lactoferrin concentrations in cervical mucus of pregnant women with or without infections.
Otsuki K, Sasaki Y, Hasegawa A, Sawada M, Mitsukawa K, Chiba H, Nagatsuka M and Okai T:
25th Society for Maternal and Fetal Medicine, Reno, USA, February 2005
Preventive effect of recombinant human lactoferrin in a rabbit preterm delivery model.
Otsuki K, Hasegawa A, Sasaki Y, Sawada M, Yakuwa K, Mitsukawa K, Chiba H, Nagatsuka M, Okai T
7th International Conference of Lactoferrin, Hawaii, USA, October 2005
Effect pf enteric-coated lactoferrin on consupitation during pregmnanct.
Otsuki K, Yakuwa K, Sawada M, Ichizuka K, Nagatsuka M, Kimura T and Okai T:
International Conference of Lactoferrin, Hawaii, USA, October 2005
細菌性腟症と早産- 早産予防とPrebiotics -
大槻克文
第23回日本産婦人科感染症研究会  東京 6月 2005
「早産治療の適応と予後」特に頸管縫縮術とUTIの有用性について
大槻克文
第22回日本分娩管理研究会  東京 7月 2005
分泌期子宮内膜における腺細胞部および間質部の遺伝子発現の比較
矢内原敦、大塚由紀子、岩崎信爾、小出馨子、岡井 崇
第57回日本産科婦人科学会学術講演会  京都 4月 2005
卵胞液中のLactoferrin濃度と卵のqualityに関する研究
矢内原敦、岩崎信爾、根岸桃子、岡井 崇、河村寿宏
第50回日本不妊学会学術講演会  熊本 11月 2005
強出力集束超音波によるTRAP sequenceの治療に向けての基礎的研究
市塚清健、市原三義、内山心美、石川哲也、松岡 隆、佐々木一昭、梅村晋一郎、関沢明彦、岡井 崇、九島巳樹
第57回日本産科婦人科学術講演会  京都 4月 2005
胎児病の低侵襲治療を目指した高出力集束超音波照射による動脈閉塞実験
市塚清健、石川哲也、松岡 隆、関沢明彦、岡井 崇
第41回日本周産期・新生児医学会学術集会  福岡 7月 2005
妊婦健診における超音波検査の実際
市塚清健
千葉県看護協会・研修会  千葉 1月 2005
妊娠初期・中期における超音波検査のコツ
市塚清健
第333回東京地方部会・第18回東京産婦人科医会合同研修会  東京 2月 2005
助産師のための産科超音波の見方(1)
市塚清健
東芝病院・看護部研修会  東京 5月 2005
助産師のための産科超音波の見方(2)
市塚清健
東芝病院・看護部研修会  東京 6月 2005
産婦人科における超音波検査の役割
市塚清健
二金会 足立区医師会  東京 9月 2005
産婦人科超音波のトピックス
市塚清健
持田シーメンスメディカル社内研修会  東京 12月 2005
Fetal vascular occlusion by using high-intensity focused ultrasound; To investigate the potential for the treatment of Twin reversed arterial perfusion syndrome
Sasaki K, Ichizuka K, Ando S, Ichihara M, Ishikawa T, Uchiyama N, Umemura S, Matsuoka R, Sekizawa A, Okai T, Kushima M
5th International Symposium on Therapeutic Ultrasound(ISTU2005) Boston Oct 2005
シンポジウム1 「胎児心エコースクリーニング」
当院に於ける胎児超音波検査システムについて
松岡 隆
第11回胎児心臓病研究会  東京 2月 2005
「当院に於ける外来胎児精密超音波検査の実際とオープンシステムについて」
松岡 隆、市塚清健、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井崇
第23回東京母性衛生学会学術集会  東京 5月 2005
妊娠初期に深部静脈血栓症を契機として発見されたATⅢ欠乏症の1例
- 血液凝固異常合併症妊娠の取り扱いについて
松岡 隆、市塚清健、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井崇
第8回城南地区  東京 9月 2005
Recombinant human lactoferrin suppresses premature cervical ripenig.
Yakuwa K, Otsuki K, Hasegawa A, Sawada M, Mitsukawa K, Chiba H, Nagatsuka M, Okai T
7th International Conference of Lactoferrin, Hawaii, USA, October 2005
成人呼吸窮迫症候群(ARDS)を合併したMRSA産褥熱の一例
木林潤一郎、神保正利、小林圭子、森山修一
日本産科婦人科学会千葉地方部会会冬季学術講演会  千葉 11月 2005
Cervical inflammatory cytokines and other markers in cervical mucus of pregnant women with bacterial vaginosis.
Mitsukawa K, Otsuki K, Sawada M, Yakuwa K, Hasegawa A, Sasaki Y, Nagatsuka M, Okai T
7th International Conference of Lactoferrin, Hawaii, USA, October 2005
奇形の赤ちゃんはなぜ生まれるのか-遺伝子プールと生命の戦略-
野嶽幸正
昭和大学藤が丘病院退官記念講演会  横浜 2月 2005
昭和大学 公開講座
女性のための健康講座-月経不順・子宮内膜症・更年期障害など-
高橋 諄
昭和大学横浜市北部病院  横浜 5月 2005
産婦人科診療における安全とは・症例から学ぶ
高橋 諄
相模原産婦人科医会研修会  相模原 8月 2005
最近の更年期治療戦略
齋藤 裕
横浜 9月 2005
これだけは知っておきたい産婦人科診療 エストロゲン
齋藤 裕
藤が丘病院内ゼミ  横浜 9月 2005
これからの産婦人科診療
齋藤 裕
青葉区医会例会  横浜 9月 2005
Workshop. DNA analysis for the fetus suspected shortlimb disorders
Saito H, Sekizawa A
26th Ann Meeting of Int Fetoscopy Group 2005.9 Athens
厚生労働省との協議会
秋山敏夫
東海ブロック社保協議会  津 7月 2005
平成18年度診療報酬改定に関しての協議状況
秋山敏夫
北海道ブロック社保協議会  札幌 8月 2005
最近の保険行政をめぐる話題
秋山敏夫
九州ブロック社保協議会  鹿児島 10月 2005
EBMにもとづく卵巣癌治療
小川公一
昭和大学横浜市北部病院 秋季講演会  横浜 11月 2005
子宮頸癌の術前化学療法について
板垣智昭
社内講演会 水戸 12月 2005
いつまでもいきいきと美しく
清水 幸子
女性の健康週間 第1回三越女性の健康広場  東京 3月 2005
亀田メディカルセンターにおける女性専用外来の現状と展望
清水幸子
千葉・女性医療と漢方を考える会  千葉 3月 2005
大塚リジュブネートセミナー
清水 幸子
東京 4月 2005
進化する女性医療~医療におけるコラボレーション
女性患者の視点に立った最近の医療体制
清水幸子
社団法人日本家族計画協会「医療におけるコラボレーション」メディアセミナー 東京 4月 2005
いつまでのいきいきと美しく-もっと元気にもっときれいに-
清水幸子
BIWA いきいきレディースフォーラム イン 千葉そごう  千葉 4月 2005
賢い女性患者学 女性のための病院のかかり方「女性の健康」
清水幸子
第5回BIWA 房総イキイキレディースフォーラム  千葉 5月 2005
性差医療-女性医療への取り組み ウロギネ外来
清水幸子
生涯学習セミナー 千葉 6月 2005
これからの女性のための医療と地域連携について
清水幸子
平成17年度女性のための健康支援体制促進会議 千葉 6月 2005
女性の健康 中高年以降をイキイキと過ごすために
清水幸子
日本橋三越 美と健康フェアー  東京 7月 2005
女性のライフステージと健康
清水幸子
NTT-東日本 法人営業部『女性医療セミナー』  千葉 9月 2005
亀田メディカルセンター産婦人科における最近の取り組み
清水幸子
第14回水戸臨床内分泌懇話会  茨城 9月 2005
もっと元気にもっと輝いて
清水幸子
三越リジュブネートセミナー  東京 9月 2005
女性のライフステージと健康
清水幸子
日本フットセラピスト協会講演会  千葉 9月 2005
微小乳癌におけるサルファターゼの検討
角田ゆう子、清水幸子、福間英祐、和田守憲二、比嘉国基、坂本尚美、沢田晃暢、角田明良、滝本雅文、草野満夫
第105回日本外学会総会  名古屋 5月 2005
上皮性卵巣癌Ⅰ期における再発の診断と治療
大塚伊佐夫、久保田俊郎、宇野雅哉、小坂元宏、清水幸子、亀田省吾、麻生武志
第43回 日本癌治療学会  名古屋 10月 2005
エストロゲン高値、緩徐な発育を呈した組織型の特定に苦慮する
骨盤内悪性腫瘍の一例
大塚伊佐夫、清水幸子、亀田省吾
第38回 日本婦人科腫瘍学会  和歌山 7月 2005
Detection and management of recurrence in stageⅠovarian ca ncer.
Otsuka I, Kosaka M, Kubota T, Shimizu Y, Kameda S, Aso T
14th International meeting of the European Society of Gynecological Oncology, 2005.9
「出来ること、出来ないこと-摂食障害治療のネットワーク構築をめざして」
産婦人科から
廣瀬一浩
第1回日本摂食障害学会シンポジウム 大阪 10月 2005
更年期障害に対するセドロールの有用性
廣瀬 一浩、富山三雄、水戸部裕之、永嶋義直、矢田幸博、鈴木敏幸、駒田陽子、白川修一郎
日本睡眠学会第30回定期学術集会  宇都宮 7月 2005
睡眠時無呼吸を合併した感情障害の3症例
富山三雄、吉池卓也、木村 修、中村研之、堀 彰、治徳大介、広瀬一浩、白川修一郎
日本睡眠学会第30回定期学術集会  宇都宮 7月 2005
婦人科疾患におけるヨーガ・セラピー
山田久美子、辻裕美子、廣瀬一浩、小牧 元
第5回日本統合医療学会  京都 12月 2005
千葉県周産期医療ネットワークの構築
鈴木真
千葉県子供病院カンファレン 千葉 8月 2005
周産期診療における病診連携について
鈴木真、清水幸子、高橋有紀子、佐藤弘之
第41回日本周産期・新生児医学会学術集会  福岡 7月 2005
当院における産科カルテ完全電子化の試み
鈴木真
日本産科婦人科ME学会  高松 8月 2005
当院における母体搬送の現状
鈴木真
南房総産婦人科勉強会  鴨川 10月 2005
産科領域におけるDIC
鈴木真
日本製薬勉強会  東京 7月 2005
子宮がん検診で発見された正常大卵巣癌症候群の一例
横山和彦、本間 進、長谷川明俊、本原将樹、大塚純子、濱田 貴、齋藤 裕
第5回神奈川腫瘍研究会  横浜 6月 2005
手術療法が有効であった臨床的絨毛癌の一例
鈴木紀雄、小川公一、御子柴尚郎、中山 健、栗城亜具里、近藤哲郎、安藤直子、高橋 諄
第109回 日本産科婦人科学会関東連合地方部会学術集会  東京 6月 2005
手術前に画像診断し、腹腔鏡にて手術を行った子宮体部原発脂肪平滑筋腫の一症例
鈴木紀雄、安藤直子、苅部瑞穂、御子柴尚郎、栗城亜具里、近藤哲郎、小川公一、高橋 諄
第372回 日本産科婦人科学会神奈川地方部会 相模大野 11月 2005
LOD効果により妊娠に至るも、17カ月後にはその効果が消失した重度の排卵障害があったPCOSの一症例
安藤直子、鈴木紀雄、御子柴尚郎、中山 健、近藤哲郎、栗城亜具里、小川公一、高橋 諄、河村栄一
第110回 日本産科婦人科学会関東連合地方部会学術集 松本 10月 2005
胎盤遺残、胎盤ポリープの診断、治療における子宮鏡検査、子宮鏡下手術の位置づけ
古澤嘉明
日本産婦人科内視鏡学会  大阪 7月 2005
胎盤遺残、胎盤ポリープの取り扱い
古澤嘉明
千葉県周産期新生児研究会  鴨川 11月 2005
閉経後の発見された巨大子宮筋腫の一例
高野忍、大塚伊佐夫、杉林里佳、山本由紀、古賀祐子、古澤嘉明、藤原礼、己斐秀樹、鈴木真、清水幸子、亀田省吾
第110回 日産婦関東連合地方部会  松本 10月 2005
卵巣横紋筋肉腫の一例
杉林里佳、大塚伊佐夫、山本由紀、古賀祐子、藤原礼、古澤嘉明、鈴木真、己斐秀樹、亀田省吾、清水幸子
日産婦千葉地方部会 冬季学術講演会  千葉 2月 2005
妊娠18週の超音波検査にて胎児水腎症と胎児腹水を認めた一例
杉林里佳、古澤嘉明、鈴木真、山本由紀、高野忍、古賀祐子、藤原礼、亀田省吾、己斐秀樹、大塚伊佐夫、清水幸子
第110回 日産婦関東連合地方部会  松本 10月 2005
閉経後発症し消火器症状を繰り返した漿膜下筋腫茎捻転の一例
山本由紀、大塚伊佐夫、杉林里佳、高野忍、古賀祐子、藤原礼、古澤嘉明、鈴木真、己斐秀樹、清水幸子、亀田省吾
第110回 日産婦関東連合地方部会  松本 10月 2005
子宮頸癌、体癌における年齢の及ぼす影響
大塚伊佐夫、杉林里佳、山本由紀、古賀祐子、藤原礼、古澤嘉明、鈴木真、清水幸子、亀田省吾
第57回 日本産科婦人科学会 京都 4月 2005
当院における子宮外妊娠手術の検討
石川哲也、柴田哲生、苅部瑞穂、野口有生、松田昭夫
第370回日本産科婦人科学会神奈川地方部会  横浜  3月 2005
腹腔鏡下手術で治療した卵巣妊娠の2例
石川哲也、塩路裕子、本原将樹、苅部瑞穂、柴田哲生、野口有生
第109回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会  東京 6月 2005
当院における腹腔鏡下卵巣嚢腫核出術症例の検討
石川哲也、苅部瑞穂、野口有生
第371回日本産科婦人科学会神奈川地方部会  川崎 7月 2005
当院での腹腔鏡下卵巣嚢腫核出術に対する『短期入院手術-short stay surgery-』の検討
石川哲也、塩路裕子、柴田哲生、苅部瑞穂、野口有生
第45回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 宝塚  7月 2005
腹腔鏡下癒着剥離術が有効だった慢性骨盤痛の一例
石川哲也、本原将樹、苅部瑞穂、野口有生
第110回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会  松本 10月 2005
高出力集束超音波照射後の動脈の血流動態及び組織の経時的変化
石川哲也、内山心美、佐々木一昭、藤原 礼、市原三義、市塚清健、松岡 隆、安藤 智、九島巳樹、梅村晋一郎、岡井 崇
第78回日本超音波医学会学術集会  東京 5月 2005
Sequential changes in arterial blood flow and tissue degeneration after HIFU exposure
Kazuaki Sasaki, Tetsuya Ishikawa, Shin-ichiro Umemura, Takashi Azuma, Mitsuyoshi Ichihara, Rei Fujiwara, Miki Kushima, Kiyotake Ichizuka and Takashi Okai
5th International Symposium on Therapeutic Ultrasound(ISTU2005) Boston Oct 2005
子宮平滑筋腫の壊死を伴う帝王切開後難治性腹膜炎の一例
鈴木美奈子、稲葉基之、田中絵里子、薄井信孝、松尾廣之、本谷廣栄、倉下 雄、藤沢英文、浮洲龍太郎、武中泰樹、櫛橋民生、栗城亜具里、小川公一、斉藤光次、塩川 章、劉 清隆
第4回JSAWIシンポジウム  兵庫 9月 2005
子宮動脈塞栓術が有効であった胎盤遺残の2症例
大塚由紀子、市塚清健、齋藤佳実、西健、松岡隆、大槻克文、柴田哲生、下平和久、関沢明彦、岡井崇
日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報  松本 10月 2005
妊娠初期の臍帯付着部位の超音波スクリーニングに関する検討
長谷川 潤一、 松岡 隆、 市塚 清健、関沢 明彦、 岡井 崇
第28回日本産科婦人科ME学会  香川 8月 2005
妊娠初期および中期の臍帯付着部位の超音波スクリーニングに関する検討
長谷川 潤一、松岡 隆、市塚 清健、大槻 克文、関沢 明彦、岡井 崇
日本周産期新生児学会  福岡 7月 2005
前後に一過性頻脈を伴わない変動一過性徐脈を認めた2症例
長谷川 潤一、 松岡 隆、 市塚 清健、 澤田 真紀、 岡井 崇
分娩監視研究会  東京 6月 2005
胎児付属物異常の発生機序に関する研究 -妊娠初期の超音波所見-
長谷川 潤一、 松岡 隆、 市塚 清健、 関沢 明彦、 長塚 正晃、 木村 武彦、岡井 崇
第57回日本産婦人科学会  京都 4月 2005
母体血漿中胎盤由来cell-free mRNAの定量とその意義
小出馨子、関沢明彦、松岡隆、市塚清健、岡井崇
第41回 日本周産期・新生児医学会総会および学術集会  博多 7月 2005
Preventive Effect of Recombinant Human Lactoferrin on a Rabbit Model of Preterm Delivery
Akitoshi Hasegawa1, Katsufumi Otsuki, Yasushi Sasaki, Maki Sawada, Kaori Mitsukawa, Hiroshi Chiba, Masaaki Nagatsuka, Takashi Okai and Atsuko Kato
SOCIETY FOR MATERNAL-FETAL MEDICINE. 25th Annual Meeting Feb.2005 RENO
ラビット早産モデルにおけるLactoferrinの早産防止効果
長谷川明俊、大槻克文、佐々木康、澤田真紀、満川香織、千葉 博、長塚正晃、岡井 崇
第57回 日本産科婦人科学会学術講演会  京都 4月 2005
ラビット早産モデルにおけるLactoferrinの早産防止効果
長谷川明俊、大槻克文、佐々木康、澤田真紀、満川香織、千葉 博、長塚正晃、岡井 崇
第41回 日本周産期・新生児医学会総会および学術集会  博多 7月 2005
当院で最近経験した産褥期HELLP症候群の2例
安藤智、澤田真紀、小出馨子、八鍬恭子、松岡隆、市塚清健、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井崇
日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報  松本 10月 2005
妊娠中の細菌性膣症、頸管炎における頸管粘液中炎症性物質に関する検討
澤田真紀、満川香織、大槻克文、長谷川明俊、千葉 博、長塚正晃、岡井 崇
第57回 日本産科婦人科学会学術講演会  京都 4月 2005
妊娠中の細菌性腟症と頸管炎における頸管粘液中炎症性物質濃度に関する検討.
澤田真紀、大槻克文、八鍬恭子、長谷川明俊、満川香織、千葉博、長塚正晃、岡井崇
第41回 日本周産期・新生児医学会総会および学術集会  博多 7月 2005
当院における羊水染色体検査の実施状況
西 健、関沢明彦、市塚清健、松岡隆、澤田真紀、小出馨子、大槻克文、岡井崇
第41回 日本周産期・新生児医学会総会および学術集会  博多 7月 2005
Third line chemotherapyとしてのCBDCA+CPT-11療法が奏効した
正常大卵巣癌症候群の一例
折坂 勝、板垣智昭、飯塚千祥、齋藤佳美、雨宮 聡、栗原広行、満川元一
第147回日産婦学会茨城地方部会例会  茨城 7月 2005
母体血中細胞由来のhPL遺伝子量の分娩前後の変化
岡崎志帆、関沢明彦、小出馨子、千葉博、市塚清健、松岡隆、岡井崇
第41回 日本周産期・新生児医学会総会および学術集会  博多 7月 2005
化学療法と手術により寛解した子宮頸癌Ⅳ期の一例
中山 健、小川公一、御子柴尚郎、栗城亜具里、近藤哲郎、鈴木紀雄、安藤直子、高橋 諄
第370回 日本産科婦人科学会神奈川地方部会  横浜 3月 2005
先天性食道閉鎖症の3例
御子柴尚郎、鈴木紀雄、中山 健、栗城亜具里、近藤哲郎、安藤直子、小川公一、高橋 諄
第371回 日本産科婦人科学会神奈川地方部会  川崎 7月 2005
長期ペッサリー挿入にて直腸穿孔を引き起こした一例
苅部瑞穂、石川哲也、野口有生
第109回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会  東京 6月 2005
妊娠中期に発症した下肢静脈血栓症に対し下大静脈フィルターを挿入した一例
苅部瑞穂、石川哲也、野口有生
第372回 日本産科婦人科学会神奈川地方部会  相模大野 11月 2005
放射線化学療法が奏効した原発性膣癌Ⅳa期の一例
飯塚千祥、板垣智昭、齋藤佳美、折坂 勝、雨宮 聡、栗原広行、満川元一
第27回茨城医学会産婦人科分科会及び第147回日産婦学会茨城地方部会例会 茨城 10月 2005
双胎妊娠で予定帝王切開後呼吸困難により急激に発症したたこつぼ型心筋障害
の1例
本原将樹、本間 進、長谷川明俊、大塚純子、濱田 貴、横山和彦、齋藤 裕
第110回日本産科婦人科学会関東連合地方部会  2005 10月 長野

このページの先頭へ

その他(テレビ・雑誌・新聞等)

全国支部社保担当者連絡会
秋山敏夫
ラジオ短波 東京 6月 2005
Center of Excellence for Women’s Health 構想とその取り組み
性差と医療
清水幸子
第2巻第12号 株式会社じほう・東京・2005
30~40歳代の女性にとって検診の知識
清水幸子
wa.sa.bi (和沙美)5号 株式会社インディックス・コミュニケーションズ・東京・2005
更年期の悩みを乗り越えていきいきと年齢を重ねましょう
清水幸子
婦人公論 第91巻第1号 中央公論新社  東京・2005
ちょっと気になる健康トラブルQ&A
清水幸子
月刊ジャストヘルス1月号 株式会社法研 東京・2005
体重変化と卵巣機能
清水幸子
料理と栄養 6月号 女子栄養大学出版部 東京・2005
更年期精神疾患の取り扱いについて~更年期外来を通じて~
廣瀬一浩
中野区医師会新聞 No451: 14-16 2005.1
「眠りの科学」手ほどき帖 PART1 妊婦の眠り
監修 廣瀬 一浩
たまごくらぶ7月号:85-89

所在地

昭和大学医学部差婦人科学講座

〒142-8666
東京都品川区旗の台1-5-8

このページの先頭へ