HOME > 研究:学会発表・論文・その他 > 2007年度

学会発表・論文・その他

2007年度

原著・総説・著書

「臨床検査ガイド2007~2008」
岡井 崇、 濵井 葉子
頸管腟分泌(頸管腟分泌液中癌胎児性フィブロネクチン) 文光堂,2007,pp.975-977.
「ノーフォールト」
岡井 崇
早川書房 2007.4.25
周産期医療の崩壊を防ごう【周産期医療の訴訟のリスクにどう対応するか2】
岡井 崇 
無過失補償制度 臨床婦人科産科,2007,pp.263-269.
多児妊娠の予防と管理
岡井 崇
日本産科婦人科学会雑誌,Vol.59,№10,pp.1773-1775,2007
医療と司法;被害者救済へ「無過失補償制度」の導入を
岡井 崇
論座,12月号 2007年 p213~218
思春期のリプロダクティブヘルス
思春期発来の機序(解説)
長塚正晃
周産期医学37巻 8号 頁963-967 2007
2次性徴発現異常の診療 女子を中心に ー思春期発来機序ー
長塚正晃
思春期学 25巻2号 頁215-220 2007
Spontaneous Smile and spontaneous laugh An intensive longitudinal case study
Kiyobumi Kawakam;Kiyoko Takai-Kawakami,Masaki Tomonaga,
Juri Suzuki, Fumiyo Kusaka, Takashi Okai
Infant Behavior & Development 30 (2007) 146-152
Recent advances in non-invasive prenatal DNA diagnosis through analysis of maternal blood
Akihiko Sekizawa, Yuditiya Purwosunu, Ryu Matsuoka, Keiko Koide, Shiho Okazaki, Antonio Farina, Hiroshi Saito, Takashi Okai
J Obstet Gynaecol Res. 2007 Dec;33(6):747-64
Cell-free mRNA concentrations of CRH, PLAC1, and selectin-P are increased in the plasma of pregnant women with preeclampsia.
Purwosunu Y, Sekizawa A, Farina A, Wibowo N, Okazaki S, Nakamura M, Samura O, Fujito N, Okai T. Prenatal Diagnosis. 2007, 27, 772-777.
Cell-free mRNA concentrations of plasminogen activator inhibitor-1 and tissue-type plasminogen activator are increased in the plasma of pregnant women with preeclampsia.
Purwosunu Y, Sekizawa A, Koide K, Farina A, Wibowo N, Wiknjosastro GH, Okazaki S, Chiba H, Okai T.
Clinical Chemistry 2007 Mar;53(3):399-404. Epub 2007 Jan 18.
The Role of p53 Mutation in the Carcinomas Arising from Endometriosis.
Akahane T, Sekizawa A, Purwosunu Y, Nagatsuka M, Okai T.
Int J Gynecol Pathol. 2007 Jul;26(3):345-51.
Performance of a panel of maternal serum markers in predicting preeclampsia at 11-15 weeks' gestation
Irina Banzola, Antonio Farina, Manuela Concu, Akihiko Sekizawa, Yuditiya Purwosunu, Isabella Strada, Diego Arcelli, Giuliana Simonazzi, Elisabetta Caramelli, Nicola Rizzo
Prenatal Diagnosis. 2007 Jul 26
Prospective evaluation of the risk of pre-eclampsia using logistic regression analysis
G. Simonazzi , C. Vicenzi , M. A. Rizzo, A. Farina, S. Gabrielli , D. Arcelli, G. Pilu , A. Sekizawa, N. Rizzo
Ultrasound Obstet Gynecol 2007 Sep;30(3):312-7.
PLAC1 mRNA levels in maternal blood at induction of labor correlate negatively with induction-delivery interval
Rizzo N, Banzola I, Concu M, Morano D, Sekizawa A, Giommi F, Vagnoni S, Gabrielli S, Tempesta A, Carinci P, Farina A.
Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 2007 Jun;132(2):177-81
母体血を用いた無侵襲的な胎児遺伝子診断法研究の進歩
関沢明彦
日産婦誌 59(8), 1628-34, 2007
生殖医療ガイドライン2007 内分泌1 女性内分泌
(編集:田原隆三・市川智彦)
岩崎信爾・田原隆三
金原出版 日本生殖医学会編 2-112007
High Concentrations of Lactoferrin in the Follicular Fluid Correlate with Embryo Quality during IVF Cycles
Yanaihara A, Mitsukawa K, Iwasaki S, Otsuki K, Kawamura T, Okai T. Fertil Steril. 2007. Feb;87(2):279-282. Epub 2006 Nov 7.
Sperm retention site and its influence on pronucleus stage evaluation following intracytoplasmic sperm injection.
Negishi M, Yanaihara A , Iwasaki S, Suzuki N, Hasegawa J, Yorimitsu T, Okai T. Reprod Med Biology. 2007. 6:171-4.
【臨床必携 分娩監視CTGの読み方 その時どうする】医療事故防止からみた施設レベルによる対応
下平和久、岡井崇
周産期医学37巻3号 Page311-315(2007.03)
【産婦人科外来ベストナビゲーション-ここが聞きたい105例の対処と処方】
周産期 乳児の皮膚疾患 接触性皮膚炎、カンジダ症との鑑別が難しいおむつかぶれの乳児です(解説/特集
下平和久, 岡井崇
臨床婦人科産科61巻4号 Page368-369(2007.04)
【産婦人科外来ベストナビゲーション-ここが聞きたい105例の対処と処方】周産期 産褥乳腺炎、乳頭亀裂 産褥期の発赤、発熱、疼痛を伴う乳腺炎の妊婦です(解説/特集)
下平和久, 岡井崇
臨床婦人科産科61巻4号 Page366-367(2007.04)
【産婦人科外来ベストナビゲーション-ここが聞きたい105例の対処と処方】周産期 産褥乳汁分泌の調整 中期流産手術が無事終了した患者です。退院の翌日から乳房の緊満があり、乳汁の分泌がみられます(解説/特集)
下平和久, 岡井崇
臨床婦人科産科61巻4号 Page364-365(2007.04)
【帝王切開をめぐる諸問題】超緊急帝王切開術.
下平和久, 吉江正紀, 長谷川潤一,松岡隆, 市塚清健, 大槻克文, 関沢明彦, 岡井崇
産科と婦人科 2007; 74:181-187
診療上のcontroversyこんな時どうする・周産期 初産婦,児頭の下降度+2cmでsevere variable decelerationが出現.こんな時どうする 確実な急速遂娩術の選択 超緊急帝王切開術への対応
下平和久、 吉江正紀、長谷川潤一、松岡隆、市塚清健、大槻克文、関沢明彦、岡井 崇
産婦人科の世界 58巻11号 Page975-882(2006.11)
子宮頸管縫縮術の適応別による術後経過と予後に関する検討.
大槻克文, 中山健, 八鍬恭子,松岡隆, 市塚清健, 下平和久, 関沢明彦, 岡井崇
産婦人科の実際 2007; 56:2167-2173
正期産正常分娩直後におけるカンガルーケアの有用性に関する基礎的検討.
大槻克文, 佐藤陽子, 針谷真美子 et al.
ペリネイタルケア 2007; 26:741-744
新生児早期における吸引処置の有用性.
中島陽子, 満川香織, 大槻克文, 岡井崇, 伊藤景一, 久米美代子.
日本周産期・新生児医学会雑誌 2007; 43:106-110
【母子感染とその対策】細菌性腟症・頸管炎と早産.
大槻克文, 本原将樹, 澤田真紀, 岡井崇.
産婦人科治療 2007; 95:20-25
【周産期の症候・診断・治療ナビ】 産科編 診断ナビゲーション超音波検査の異常
頸管長の短縮.
大槻克文, 杉山将樹, 澤田真紀, 栗城安具理, 岡井崇.
周産期医学 2007; 37:252-256
【産婦人科 新画像診断 外来・病棟で役立つ画像判読のポイント】産科(周産期) 妊娠中期・後期 頸管長測定(エコー) 頸管長と早産予測.
大槻克文, 八鍬恭子, 市塚清健,松岡隆, 長谷 川潤一, 関沢明彦, 岡井崇
産科と婦人科 2007; 74:43-47
【母体搬送】ハイリスク妊婦の母体搬送のタイミング 切迫早産.
大槻克文, 大場智弘, 小谷美帆子, 八鍬恭子, 岡井崇.
周産期医学 2006; 36:1531-1535
Application of high-intensity focused ultrasound for umbilical cord occlusion in a rabbit model.
Ichizuka K, Ando S, Ichihara M, Ishikawa T,Uchiyama N, Sasaki K, Umemura S, Matsuoka R, Sekizawa A, Okai T, Akabane T, Kushima M. Ultrasound Obstet Gynecol. Jul;30(1):47-51. 2007
高年妊娠 母児ケアのポイント リスクへの対応とケアのポイント 前置胎盤
市塚清健, 長谷川潤一, 松岡隆, 大槻克文, 下平和久, 関沢明彦, 岡井崇
臨床婦人科産科61巻1号 Page41-45(2007.01)
産科超音波診断 正診への道筋 妊娠中・後期 中期における前置・低置胎盤の診断
市塚清健, 長谷川潤一, 松岡隆, 大槻克文, 下平和久, 関沢明彦, 岡井崇
臨床婦人科産科61巻8号 Page1048-1051(2007.08)
強出力集束超音波(HIFU)を用いた栄養血管閉塞による子宮筋腫の低侵襲治療
市塚清健
日本産科婦人科学会雑誌 59巻9号 Page1703-1711(2007.09)
中期における前置・低置胎盤の診断
市塚清健、長谷川潤一、松岡隆、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井崇
臨床産科婦人科 61(8), 1048-1051, 2007
思春期の教育と医療 ー私はこうしている 若年者における月経前症候群ー
白土なほ子、長塚正晃、千葉 博、木村武彦、岡井 崇
産婦人科治療 94巻 4号 頁438-444 2007
【画像診断と妊婦管理】産科における超音波診断と最近の話題.
松岡隆, 長谷川潤一, 市塚清健, 大槻克文, 関沢明彦, 岡井崇.
産婦人科治療 2007; 94:7-12
産科における超音波診断と最近の話題
松岡隆、長谷川潤一、市塚清健、大槻克文、関沢明彦、岡井崇
産婦人科治療 94, 7-12, 2007
胎児心拍モニタリング この波形は胎児のどのような状態を表すのでしょうか9
松岡隆、長谷川潤一、市塚清健、関沢明彦、岡井崇
ペリネイタルケア 2007, 26, 34-35.
胎児心拍モニタリング この波形は胎児のどのような状態を表すのでしょうか10
松岡隆、長谷川潤一、市塚清健、関沢明彦、岡井崇
ペリネイタルケア 2007, 26, 36-37.
【臨床必携 分娩監視CTGの読み方 その時どうする】
胎児心拍数図の新定義
松岡隆、長谷川潤一、市塚清健、関沢明彦、岡井崇
周産期医学 2007, 37(3), 327-330.
【産婦人科診療Data Book】 Non-reassuring fetal status
松岡隆, 長 谷川潤一, 市塚清健, 関沢明彦, 岡井崇
産婦人科の実際56巻11号 Page1837-1840(2007.10)
化学療法により腫瘍細胞が変性壊死したことで大量出血を生じた絨毛癌の一症例
石川哲也、小出馨子、野口有生、国村利明
日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌Vol.44.No.1:9-14,2007
超音波検査による妊娠初期からの臍帯・胎盤異常の予知および管理
長谷川潤一、松岡隆、市塚清健、小谷美帆子、大森明澄、大槻克文、関沢明彦、岡井崇
産婦人科の実際 56(12),2013-2018, 2007
臍帯卵膜付着・前置血管
長谷川潤一、関沢明彦、岡井崇
周産期医学 37(12), 1489-1491, 2007
MFICUマニュアル 第5章 異常分娩の管理と処置 臍帯の異常
長谷川潤一、岡井崇
メディカ出版 2007、338-343
胎盤と臍帯の臨床】 臍帯 臍帯付着部の異常
長谷川潤一, 岡井崇
臨床婦人科産科 61巻11号 Page1378-1381(2007.11)
超音波検査による妊娠初期からの臍帯・胎盤異常の予知および管理
長谷川潤一, 松岡隆, 市塚清健, 小谷美帆子, 大森明澄, 大槻克文, 関沢明彦, 岡井崇
産婦人科の実際 56巻12号 Page2013-2018(2007.11)
Reduction of connexin 43 in human cumulus cells yields good embryo competence during ICSI
Junichi Hasegawa, Atsushi Yanaihara, Shinji Iwasaki, Kaori Mitsukawa, Momoko Negishi, Takashi Okai
J Assist Reprod Genet. 2007 Oct;24(10):463-6.
Umbilical Cord Insertion to the Lower Uterine Segment is Risk Factor for Vasa Previa
Junichi Hasegawa Ryu Matsuoka Kiyotake Ichizuka Hiroshi Fujikawa Akihiko Sekizawa Takashi Okai
Fetal Diagn Ther 2007;22:358-360
Spontaneous Smile and spontaneous laugh An intensive longitudinal case study
Kiyobumi Kawakam;Kiyoko Takai-Kawakami,Masaki Tomonaga,
Juri Suzuki, Fumiyo Kusaka, Takashi Okai
Infant Behavior & Development 30 (2007) 146-152
特集/女性アスリートの心身におけるコンディショニング
月経周期と心身におけるコンディショニング
若年女性の月経前症候群
木村武彦、白土なほ子、長塚正晃、千葉 博、岡井 崇
臨床スポーツ医学v:24、p979-986,2007  文光堂
「産婦人科医のための社会保険ABC」 改訂第3版 (分担執筆)
・わが国の医療保険制度の仕組み
婦人科感染症
秋山敏夫
日本産科婦人科学会編 メジカルビュー社 東京 232頁  2007.04.10
生殖医療ガイドライン2007
不妊因子の種類と診断 F-1 原因不明不妊
田原隆三
金原出版 日本生殖医学会編 104-1062007
先天性不振症候群発生予防のためのアンケート調査報告神奈川県産科婦人科医会異常分娩・先天異常対策部
奥田美加、安藤紀子、石川浩史、井槌慎一郎、内田能安、小川公一、齋藤圭介、松島隆、丸山浩之、望月純子、関賢一、朝倉啓文、東條龍太郎、平原史樹、八十島唯一
日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌 VOL.43 NO.2 :60-65, 2007
女性医師の支援策
清水幸子
臨床婦人科産科
61巻・3号・283~287頁・2007
高齢卵巣腫瘍症例における周術期管理上の問題点
大塚伊佐夫、山本由紀、杉林里佳、高野 忍、古賀裕子、藤原 礼、古澤嘉明、
清水幸子、亀田省吾
産婦人科の実際
56巻・1号・103~108頁・2007
新しい診断と治療のABC「摂食障害」 第4章管理・治療・予防 無月経
廣瀬一浩 
最新医学社 p171-178  2007.
摂食障害その診かたと治療 治療のポイント.無月経の治療
廣瀬一浩 
モダンフィジシャン Vol. 27 No. 6 p816-819  2007
妊娠悪阻
赤松達也
女性の医療学 本庄英雄、島田和幸編、327-328、永井書店、東京、2007  
更年期の精神神経症状
赤松達也
産婦人科治療94増刊、721-726、2007
中高年女性の疾患
赤松達也
産婦人科医のための社会保険ABC:日本産婦人科学会編 メジカルビュー社
183-191、2007.3
月経困難症・月経前症候群(月経前緊張症)
赤松達也
産婦人科の実際56(7):1005-1010,2007
現代女性のためのうつ病治療を考える
石郷岡純 赤松達也 平島奈津子
Medical Tribune 2007.10.4
認知療法と精神分析的精神療法
平島奈津子 上別府圭子 藤沢大介 赤松達也 相良洋子
女性心身医学12(3):445-464,2007
不眠と漢方
赤松達也
産婦人科治療95(6):615-619,2007
wound retractorを応用した腹壁破裂症例に対するサイロ作製術.
渡井有, 加納宣康, 草薙洋, 佐藤弘之, 鈴木真, 高橋有紀子 
手術, 2007, 61(1):107-111
医療関連死について-福島県大野病院事件を振り返って.
鈴木真
判例タイムズ,2007, 1238:17-22
千葉県母体搬送システムの運用開始にあたって
鈴木真
千葉県産科婦人科医会報, 2007, 66:12-18
周産期医療ネットーワークの現状とこれから
原量宏,横井英人,小笠原敏浩,鈴木真,中林正雄
DIGITAL MEDICINE, 2007, 6(6), 19-23
前置胎盤.
鈴木真
臨床婦人科産科,2007.11,61(11):13421347
当院における母体搬送の現状とその問題点についての検討 厚生労働科学研究費補助金 子ども家庭総合研究事業 分娩拠点病院の創設と産科2次医療圏の設定による産科医師の集中化モデル事業(主任研究者:岡村州博)
鈴木真
平成18年度 総括・分担研究報告書, 2007.3, 150-156
1.周産期・母子医療に関するアンケート作成について 
2.周産期診療における消防防災ヘリとドクターヘリでのヘリ搬送についての調査 
3.周産期母子医療センターにおける母体搬送の運用状況調査 
平成18年度厚生労働科学研究費補助金 医療安全・医療技術評価総合研究事業 救急医療体制の推進に関する研究 (主任研究者:小濱啓次) 分担研究 ドクターヘリの病院間の連携、患者と医療資源の集約化への効果についての研究
鈴木真 
研究報告書, 2007.3, 36-42
ヘリコプターによる母体搬送.
鈴木真
救急医療ジャーナル,2007 No.83
High Concentrations of Lactoferrin in the Follicular Fluid Correlate with Embryo Quality during IVF Cycles
Yanaihara A, Mitsukawa K, Iwasaki S, Otsuki K, Kawamura T, Okai T. Fertil Steril. 2007. Feb;87(2):279-282. Epub 2006 Nov 7.
Clinical outcomes of two different endometrial preparation methods(natural cycle versus hormone-replacement cycle) for cryopreserved-thawed embryo transfer in patients with a normal menstrual cycle.
Kawamura T, Motoyama H, Yanaihara A, Yoshimitsu T, Arichi A, Karasawa K, Suga K, Miya K, Ishikawa S, Mizushima S, Kawamura M. Reprod Med Biology. 2007. 6(1):53-57.
Detection of circulating urothelial cancer cells in the blood using the CellSearch System
Naoe M, Ogawa Y, Morita J, Omori K, Takeshita K, Shichijyo T, Okumura T, Igarashi A, Yanaihara A, Iwamoto S, FukagaiT, Miyazaki A, Yoshida H. Cancer. 2007. Apr 1;109(7):1439-45.
Monozygotic multiple gestation following in vitro fertilization: analysis of seven cases from Japan.
Yanaihara A, Yorimitsu T, Motoyama H, Watanabe H, Kawamura T. J Exp Clin Assist Reprod. 2007. Sep 22;4(1):4
初回Gonadotropin-releasing hormone (GnRH) agonistによる体外受精胚移植不成功例に対するGnRH antagonistの有効性に関する検討
許山浩司 有地あかね 唐澤康広 菅かほり 宮 香織 石川聖華 水島志歩 依光 毅 矢内原敦 河村寿宏
日本受精着床学会誌 24巻1号 174-177(2007)
Day6胚の有効性の検討-初期胚の評価から-
水島志歩 矢内原敦 有地あかね 唐澤康広 菅かほり 宮 香織 石川聖華 田澤有希子 高木聖子 薄田 亮 森松依子 河村真紀子 依光 毅 許山浩司 河村寿宏
日本受精着床学会誌 24巻1号 109-113(2007)
2種類のインキュベーターの開閉時庫内温度・湿度変化と、胚発育の検討
菅かほり 有地あかね 唐澤康広 宮 香織 石川聖華 水島志歩 河村真紀子 矢内原敦 依光 毅 許山浩司 河村寿宏
日本受精着床学会誌 24巻1号 104-108(2007)
女性の喫煙が生殖補助医療の臨床成績に及ぼす影響について
依光 毅 石川聖華 菅かほり 唐澤康広 有地あかね 河村真紀子 
矢内原敦 許山浩司 河村寿宏
日本受精着床学会誌 24巻1号 43-47(2007)
当院の培養液の選択について
渡邉英明、宮 香織、矢内原敦、有地あかね、菅かほり、石川聖華、門前志歩、田澤有希子、森松依子、許山浩司、依光 毅、河村寿宏
日本哺乳動物卵子学会誌 24巻4号 177-178(2007)
ARTによる先天異常のリスク
宮 香織、渡邉英明、有地あかね、菅かほり、石川聖華、門前志歩、河村真紀子、許山浩司、依光 毅、矢内原敦、河村寿宏
日本哺乳動物卵子学会誌 24巻4号 135-141(2007)
周産期の症候・診断・治療ナビIII. 治療 分娩・産褥 navi77 急速遂娩
佐々木茂、佐々木康
周産期医学第37巻増刊号
第37巻増刊号 336-340 2007
Normal production of human chorionic gonadotropin in menopause
Cole LA, Sasaki Y, Muller CY
The New England Journal of Medicine 356 (11) : 1184-1186, 2007
子宮鏡下粘膜下筋腫摘出術においてプロスタグランディン
F2αの子宮筋への局注が有効であった1例
安藤直子、御子柴尚郎、鈴木紀雄、隅靖浩、苅部瑞穂、栗城亜具里、近藤哲郎、小川公一、高橋諄
日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌 VOL.44 NO.1 :6-9, 2007
2回の腹腔鏡下手術を施行した低悪性度子宮内膜間質肉腫の1例
安藤直子、御子柴尚郎、清河翠、隅靖浩、栗城亜具里、近藤哲郎、佐々木康、小川公一、高橋諄
日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌 VOL.44 NO.1 :14-17, 2007
開腹既往例の腹腔鏡下手術における視野確保
-フレキシブルビデオスコープが有効であった1例-
幸本康雄 岡崎志帆 御子柴尚郎
日本産科婦人科学会東京地方部会誌 56巻・3号・327~332頁・2007
高齢卵巣腫瘍症例における周術期管理上の問題点.
大塚伊佐夫 山本由紀 杉林里佳 高野忍 古賀祐子 藤原礼 古澤嘉明 清水幸子 
亀田省吾.
産婦人科の実際 56(1),103-108, 2007
教訓的症例から学ぶ産婦人科診療のピットフォール・25
胎盤遺残による子宮復古不全の1例
古澤嘉明
臨床婦人科産科(0386-9865)61巻9号 Page1180-1183(2007.09)
教訓的症例から学ぶ産婦人科診療のピットフォール・26
腹膜炎様症状を呈し再手術を要した子宮内膜症術後出血の1例
古澤 嘉明
臨床婦人科産科(0386-9865)61巻10号 Page1296-1299(2007.10)
更年期と漢方医学
石野尚吾、大塚純子、幸田るみ子
産婦人科の世界
59巻・9号・97~105頁
Placenta-Derived, Cellular Messenger RNA Expression in the Maternal Blood of Preeclamptic Women
Shiho Okazaki, Akihiko Sekizawa, Yuditiya Purwosunu, Antonio Farina, Noroyono Wibowo, Takashi Okai
Obstet Gynecol 2007 110: 1130-1136.
YRecombinant human lactoferrin has a potential to suppresses uterine cervical ripening in preterm delivery in animal model.
akuwa K, Otsuki K, Nakayama K, Hasegawa A, Sawada M, Mitsukawa K, Chiba H,Nagatsuka M, Okai T. Arch Gynecol Obstet. 2007 May;275(5):331-4.
子宮頚部に発生した侵入奇胎の一例
宮本真豪、森岡 幹、大久保和俊、市原三義、奥田 剛、柴田哲生、長塚正晃、
木村武彦、岡井 崇、九嶋巳樹
日本産科婦人科学会東京地方部会会誌
56巻・2号・223~229頁
イソフラボンのヒト子宮内膜癌細胞株増殖能に対する効果
宮本真豪 矢内原敦 満川香織 長塚正晃 岡井 崇
昭和医学会雑誌 67巻 1号 79-85(2007)

このページの先頭へ

学会発表・講演

「無過失補償制度」の理念
岡井 崇
医療の質・安全学会
第2回学術集会&国際シンポジウム -21世紀の医療と医療システムを求めて-
ワークショップ3 「医療事故被害救済制度のあり方」
東京国際フォーラム 2007.11.23
「HIFUの臨床応用―産婦人科に於ける展望」
岡井 崇
産婦人科教育セミナー 新横浜 2007.2.17
「産科超音波スクリーニング」―リスクを予知する為に―
岡井 崇
名古屋大学東海周産期研究会 2007.5.25
「無過失補償制度」
岡井 崇
日産婦東北連合地方部会 山形大学 2007.6.10
「産科超音波スクリーニング」―リスクを予知する為に―
岡井 崇
日産婦学会長崎地方部会[長崎超音波断層講演会]【特別講演】2007.6.29
「産婦人科医師不足の解決に向けて―無過失補償制度を中心に―」
岡井 崇
道北産婦人科医会学術講演会【特別講演】旭川 2007.7.6
「―医師と患者のための―無過失補償制度について」
岡井 崇
平成19年度鎌倉市医師会学術講演会[第5回生涯教育講座]鶴ヶ岡会館2007.7.20
「“無過失補償制度”の理念と実際
岡井 崇
第48回日本母性衛生学会総会シンポジウム2007.10.12
「産科超音波スクリーニング -リスクを予知する為に-」
岡井 崇
三重県産婦人科医会 特別研修会 特別講演 2007.10.25
「産科医師不足とその原因分析」
岡井 崇
過労死弁護団全国連絡会議シンポジウム〔なくそう!医師の過労死〕 2007.11.14
「無過失補償制度について」
岡井 崇
第16回全国支部医療安全担当者連絡会【特別講演】2007.11.18
「産科超音波スクリーニング」
岡井 崇
第267回筑後ブロック産婦人科医会研修会 特別講演 2007.11.21
「産婦人科領域の超音波スクリーニング」
岡井 崇
岩手県産婦人科ME研究会学術講演会 特別講演Ⅱ 2008.2.2
「産科超音波スクリーニング」―リスクを予知する為に―
岡井 崇
岡山市産婦人科研修会 2008.2.18
The Relationship between Menstrual Cycle Symptomsand the Strength of the Sportsin Young Women
Masaaki Nagatuka, Nahoko Shirato, Hiroshi Chiba, Takehiko Kimura and Takashi Okai
Fifteenth International Congress of the International Society of Psychosomatic Obstetricsand Gynecology
2007,5,14.Kyoto
厚生労働省精神経研究 研究発表会
長塚正晃、白土なほ子、木村武彦、辻裕美子
更年期障害の診断治療の臨床的実証研究
2007 12月  東京
メソトレキセートを用いて保存的治療を行った四胎の帝王切開後瘢痕部妊娠の一例
長塚正晃、御子柴尚郎、市原三義、長谷川潤一、大久保和俊、森岡 幹、柴田哲生、岡井 崇
昭和医学会総会 2007 9月 東京
妊娠高血圧症候群における妊婦血漿中のPAI-1遺伝子発現量についての検討
関沢明彦、YuditiyaPurwosunu,小出馨子、岡崎志帆、千葉博、岡井崇
胎児遺伝子診断研究会2007.2.17.東京
母体血中有核赤血球を用いた胎児遺伝子診断法の開発
YuditiyaPurwosunu, 関沢明彦、千葉博, 岡井崇、由良洋文、高林晴夫、北美紀子,北川道弘
胎児遺伝子診断研究会2007.2.17.東京
母体血中に存在する遺伝子からの胎児・胎盤情報(特別講演)
関沢明彦
第377回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 2007.3.24.
母体血を用いた無侵襲的な胎児遺伝子診断法研究の進歩(平成17年度学術奨励賞受賞講演)
関沢明彦
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007.4.17.
母体血中赤芽球を用いた胎児遺伝子診断法の開発
YuditiyaPurwosunu、関沢明彦、
岡井崇、由良洋文、高林晴夫、北川道弘
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007.4.17.
妊娠高血圧症候群における妊婦血漿中のPAI-1遺伝子発現量についての検討
関沢明彦、YuditiyaPurwosunu、小出馨子、岡崎志帆、千葉博、岡井崇
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007.4.17.
母体血中有核赤血球を用いた胎児遺伝子診断法の開発
関沢明彦、YuditiyaPurwosunu,千葉博,岡井崇、由良洋文、高林晴夫、北美紀子,北川道弘
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007.4.17.
Noninvasive Prenatal DNA Diagnosis using Nucleated Erythrocytes Circulating in Maternal Blood (Symposium)
SekizawaA,PurwosunuY,OkaiT,KitagawaM,TakabayashiH.
MeetingforAsia-OceanianSocietyofObstetricsandGynecology2007(Tokyo)2007.9.22.
Enrichment of NRBC in maternal blood: more feasible methods for non-invasive prenatal diagnosis
YuditiyaPurwosunu、AkihikoSekizawa、HiroshiChiba、TakashiOkai,HaruoTakabayashi、MichihiroKitagawa
MeetingforAsia-OceanianSocietyofObstetricsandGynecology2007(Tokyo)2007.9.22.
Evaluation of physiological alterations of the placenta through analysis of cell-free mRNA concentrations of angiogenic factors
YuditiyaPurwosunu, AkihikoSekizawa, AntonioFarina, NoroyonoWibowo, KeikoKoide, ShihoOkazaki, MasamitsuNakamura, TakashiOka
MeetingforAsia-OceanianSocietyofObstetricsandGynecology2007(Tokyo)2007.9.22.
Cell-free mRNA concentrations of PAI-1 and tPA are increased in the plasma of pregnant women with pre-eclampsia
Yuditiya Purwosunu, Akihiko Sekizawa, Koike Koide, Antonio Farina, Noroyono Wibowo, Gulardi Hanifa Wiknjosastro, Shiho Okazaki, Hiroshi Chiba, Takashi Okai
Meeting for Asia-Oceanian Society of Obstetrics and Gynecology 2007 (Tokyo) 2007.9.22.
Cell-free mRNA concentrations of CRH, PLAC1, and Selectin-P are increased in the plasma of pregnant women with pre-eclampsia
Yuditiya Purwosunu, Akihiko Sekizawa, Antonio Farina, Noroyono Wibowo, Shiho Okazaki, Masamitsu Nakamura, Osamu Samura, Naoya Fujito, Takashi Okai
Meeting for Asia-Oceanian Society of Obstetrics and Gynecology 2007 (Tokyo) 2007.9.22.
(シンポジウム)妊娠高血圧症候群と免疫
母体血漿中遺伝子を用いた妊娠高血圧症候群の胎盤機能評価法の検討
関沢明彦、YuditiyaPurwosunu、岡井崇
第22回日本生殖免疫学会総会・学術集会 平成19年12月1日 東京
BiweeklyCDDP+CPT-11による卵巣癌セカンドライン治療安全性に関するpilotstudy
大久保和俊、森岡 幹、長塚正晃、木村武彦、岡井 崇、横山和彦、斉藤 裕、
小川公一、高橋 諄
第59回日本産科婦人科学会総会 2007,4,15京都
シンポジウム演題:帝王切開の工夫と注意点 特に癒着胎盤、前置胎盤の場合
課題:超緊急帝王切開術への対応
下平和久,長谷川潤一,松岡隆,市塚清健,大槻克文,関沢明彦,岡井崇
日本外科系連合学会(6月23日 東京 京王プラザホテル)
胎盤のステロイド代謝酵素による生化学的防御の検討
下平和久(昭和大学),千葉博,岡井崇
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007.4.17.
帝王切開の工夫と注意点 特に癒着胎盤、前置胎盤の場合超
緊急帝王切開術への対応
下平和久,長谷川潤一,松岡隆,市塚清健,大槻克文,関沢明彦,岡井崇
日本外科系連合学会誌32巻3号Page405(2007.06)
「ハイリスク妊娠~切迫早産及び前期破水の管理~」 
大槻克文 
平成19年度周産期医療研修会 看護コースA 社会福祉法人 恩賜財団母子愛育会 2007.10.31
SivelestatSodiumHydrate(Elaspol)の妊娠子宮頸管熟化抑制作用に関する検討 
大槻克文,八鍬恭子,中山健,長谷川明俊,佐々木康,澤田真紀,満川香織,千葉博,
長塚正晃,岡井崇 
第59回日本産科婦人科学会学術集会
The study of reducing effect of tumor by ablation of the tumor-feeding artery using HIFU sonication: Potential for the therapy of uterine fibroid.
Kiyotake Ichizuka, Masaru Orisaka, Mitsuyoshi Ichihara, Tetsuya Ishikawa, Takashi Okai, Miki Kushima
10th International symposium on therapeutic ultrasound
June 20-22, 2007 Seoul, Korea
Application of high-intensity focused ultrasound for fetal therapy -experimental study using animal model-
Kiyotake Ichizuka, Ryu Matsuoka, Junichi Hasegawa, Takashi Okai
8th World Congress of Perinatal Medicine
September 9-13, 2007 Florence, Italy
Basic study of high-intensity focused ultrasound for fetal therapy
Kiyotake Ichizuka, Mituyoshi Ichihara, Ryu Matsuoka, Junichi Hasegawa, Takashi Okai
8th Korea-Japan symposium of ultrasound in Obstetrics and gynecology
October 20, 2007 Jeju, Korea
子宮筋腫の発育制御とその管理
強出力集束超音波(HIFU)を用いた栄養血管閉塞による子宮筋腫の低侵襲治療
市塚清健
第59回日本産科婦人科学術講演会シンポジウム
平成19年4月 京都
超音波治療
市塚清健
第9回日本イアンドナルド超音波講座
平成19年6月2-3日、東京
産婦人科超音波スクリーニング
市塚清健
第18回北海道産婦人科ME研究会
平成19年7月7日
前置胎盤の超音波診断
市塚清健
第8回JSAWI
平成19年9月78、淡路島
強出力集束超音波(High-intensity focused ultrasound: HIFU)を用いた胎児腔水症・閉塞性尿路疾患の治療に向けての基礎的検討
市塚清健、市原三義、折坂勝、長谷川潤一、松岡隆、岡井崇
胎児治療学会
平成19年10月19日、大阪
産婦人科超音波スクリーニング
市塚清健
東京産婦人科医会多摩ブロック学術集会
平成19年10月25日、立川
胎児頭部の見方
市塚清健
城南地区産婦人科研究会
平成19年11月1日、大森
強出力集束超音波による子宮筋腫の栄養血管閉塞による治療に向けての基礎的検討
市塚清健
日本超音波医学会関東甲信越地方会第19回学術集会
平成19年11月10日 東京
妊娠初期・中期及び子宮外妊娠の超音波検査法について
市塚清健
練馬区産婦人科医会学術研修会
平成19年11月10日 東京
超音波診断の実際
市塚清健
東京都看護協会研修会
平成19年12月 14日 東京
Investigation of Premenstrual Syndrome (PMS) in Young Women by Measuring MDQ Score
Nahoko Shirato, Masaaki Nagatuka, Hiroshi Chiba, Takehiko Kimura and Takashi Okai
Fifteenth International Congress of the International Society of Psychosomatic Obstetrics and Gynecology
2007,5,14. Kyoto
若年女性の月経随伴症状の主成分解析とそれに基づくスコアーの簡素化
白土なほ子、長塚正晃、千葉 博、木村武彦、岡井 崇
第59回日本産科婦人科学会総会 2007,4,15京都
若年女性の月経周辺期症状とスポーツ強度との関連
白土なほ子、長塚正晃、千葉 博、木村武彦、岡井 崇
思春期学会 京都   2007 8月
HELLP症候群に溶血性尿毒症症候群(HUS)を併発し血漿交換療法(PE)が奏功した一例
保坂望, 伊 與田雅之, 足利栄仁, 平井優紀, 向井正法,黒木亜紀, 柴田孝則, 北澤孝三,
松岡隆,関沢明彦, 岡井崇, 秋澤忠男
日本腎臓学会誌49巻6号Page624(2007.08)
妊娠中期の胎児異常のスクリーニング チェックリストの活用と two step diagnosis system
松岡隆, 長谷川潤一,市塚清健, 岡井崇
超音波医学34巻Suppl. PageS201(2007.04)
術後3年目に発見したモノポーラー先端部の破損症例
石川哲也、柴田哲生、小出馨子、野口有生 第47回日本産科婦人科内視鏡学会 大阪2007
当院における子宮筋腫に対する腹腔鏡手術の検討
石川哲也、小出馨子、野口有生 第377回日本産科婦人科学会神奈川地方部会2007
LAVHにおけるEndo-GIAとLigaSure Atlasの有用性に関する検討
石川哲也、柴田哲生、小出馨子、野口有生 第59回日本産科婦人科学会 京都 2007
尿失禁を来たした閉経後の陰唇癒着症の1症例
石川哲也、小出馨子、野口有生 第113回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 東京 2007
腹腔鏡下手術における音声制御内視鏡ロボット(AESOP3000)の言語認識能力の検討
西村奈々1)石川哲也2)、黒木則光3)、野口有生2) 第20回日本内視鏡外科学会総会 仙台 2007
産婦人科ハイリスク患者の超音波診療 前置胎盤症例における癒着胎盤の超音波診断及び出血量の予測
長谷川潤一, 小谷 美帆子, 市塚清健, 松岡隆, 岡井崇
超音波医学34巻Suppl. PageS256(2007.04)
臍帯因子による一過性徐脈の出現に関する研究
長谷川潤一, 松岡隆, 吉江正紀,大森明澄, 小谷美帆子, 市塚清健, 大槻克文, 下平和久,
関沢明彦, 岡井崇
第59回日本産婦人科学会 京都 2007.4
産婦人科ハイリスク患者の超音波診療 前置胎盤症例における 癒着胎盤の超音波診断及び出血量の予測
長谷川潤一, 小谷 美帆子, 市塚清健, 松岡隆, 岡井崇
超音波医学34巻Suppl. PageS256(2007.04)
臍帯因子による分娩中の一過性徐脈出現に関する研究
長谷川 潤一松岡 隆大森 明澄仲村 将光 小谷 美帆子市塚 清健関沢 明彦岡井 崇
日本周産期新生児学会 東京 2007.7
臍帯・胎盤の超音波検査のポイント
長谷川潤一
日本産婦人科学会関東連合地方部会 教育講演 東京 2007.6
前置胎盤症例における癒着胎盤の超音波診断及び出血量の予測に関する検討
長谷川潤一 小谷美帆子 市塚清健 松岡隆 岡井崇
日本超音波医学会第80回学術集会 パネルディスカッション 鹿児島、2007.5
臍帯異常攻略 CTG異常所見と変動一過性徐脈、及び臍帯異常の発見・管理について
長谷川潤一
第6回並木周産期研究会 2007.5 埼玉
臍帯因子による一過性徐脈出現に関する研究
長谷川 潤一 松岡 隆 吉江 正紀 大森 明澄 小谷美帆子 市塚 清健 大槻 克文 下平 和久 関沢 明彦 岡井 崇
第59回日本産婦人科学会 京都 2007.4
Velamentous cord insertion: insertion into the lower uterine segment is associated with intrapartum fetal heart rate abnormalities
Junichi Hasegawa, Kiyotake Ichizuka, Ryu Matsuoka, Takashi Okai
Korea-Japan joint symposium, Jeju, 2007.10
Evaluation of umbilical cord abnormalities leads to the prediction of the abnormality during labor
Junichi Hasegawa, Ryu Matsuoka, Kiyotake Ichizuka, Mihoko Kotani, Masamitsu Nakamura, Takashi Okai
8th World congress of perinatal medicine, Florence, 2007.9
Atypical variable decelerations in the first stage of labor are characteristic FHR pattern for velamentous cord insertion and hyper coiled cord
Junichi Hasegawa, Ryu Matsuoka, Kiyotake Ichizuka, Masamitsu Nakamura, Mihoko Kotani, Takashi Okai
17th Japan-Taiwan Symposium on Obstetrical/Gynecological Ultrasound & Perinatology, Sendai 2007.8
羊水過少症例における分娩中の一過性徐脈出現に関する検討
仲村将光, 長谷川潤 一, 松岡隆, 大森明澄, 小谷美帆子,
市塚清 健, 関沢明彦, 岡井崇
日本周産期・新生児医学会雑誌43巻2 号 Page599(2007.06)
妊娠初期にHBV感染を否定されたにも関わらず妊娠中に感染し、分娩後急性B型肝炎を発症した一例
岡本紘子、木林潤一郎、石川哲也、野口有生
第114回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 群馬2007
胎盤のMRI(会議録)
信澤宏(川崎幸病院 放), 後閑武 彦, 木林潤一郎, 松岡隆, 岡井崇, 九島巳樹
日本医学放射線学会学術集会抄録集66回PageS343(2007.02)
臍帯過捻転症例におけるハイリスク群の抽出に関する検討
御子柴尚,郎松岡隆,長谷川潤一, 大森明澄, 小谷美帆子, 仲村将 光, 市塚清健, 関沢明彦, 岡井崇
日本周産期・新生児医学会雑誌43巻2 号 Page598(2007.06)
Lactoferrin in the follicular fluid correlation with embryo quality during in vitro fertilization cycles.
K.Mitsukawa, K.Otsuki, A.Yanaihara, M.Sawada, K. Nakayama, A. Kuriki, M.Nagatsuka, T.Okai
8th Lactoferrin International ConferenceNice 2007
婦人科腫瘍の画像診断
高橋 諄
川崎市産婦人科医会 新年学術講演会  川崎 2007 1月
婦人科腫瘍の画像診断・PET/CTの応用
高橋 諄
綾瀬・座間・海老名産婦人科医会学術講演会  厚木 2007 9月
更年期外来患者の心理社会的要因の検討
木村武彦、白土なほ子、赤松達也、長塚正晃、岡井 崇
第59回日本産科婦人科学会総会 2007,4,15 京都
The Role of Clinical Psychologist Working in the Obstetrics and Gynecology: Based on the Experience of 12 Years.
Yumiko Tuji, Takehiko Kimura, Tatuya Akamatu, Kazuhiro Hirose, Takashi Okai and Gen Komaki
Fifteenth International Congress of the International Society of Psychosomatic Obstetrics and Gynecology  2007,5,14. Kyoto
Inctease of mRNA expression derived from placenta in PIH
Saito H,Sekizawa A
ⅩⅩⅦ Ann Meeting of Int Fetoscopy Group. German 2007.10
最近の骨粗鬆症の話題
齋藤 裕
第3回横浜北部産婦人科勉強会 2007.6月 横浜
藤が丘病院の臨床統計と実状
齋藤 裕
第4回回横浜北部産婦人科勉強会 2007.12月 横浜
産婦人科保険診療  産科編
秋山敏夫     
江戸川区産婦人科医会研修会
江戸川区医師会館 2007 4
産婦人科保険診療  婦人科編
江戸川区産婦人科医会研修会
江戸川区医師会館 2007 6
不妊カウンセリング
板垣智昭
水戸赤十字病院  2007 2月
不妊カウンセリング
板垣智昭
水戸赤十字病院  2007 6月
不妊カウンセリング
板垣智昭
水戸赤十字病院  2007 9月
不妊カウンセリング
板垣智昭
水戸赤十字病院  2007 12月
「医療施設を訪れる思春期の現状と課題」
清水 幸子
第8回 ちば思春期研究会 千葉・2007・2月
「亀田メディカルセンターにおける女性医療への取り組み」
清水 幸子
第6回 女性外来を考える会 東京・2007・2月
「女性のQOLにおける尿失禁と骨盤臓器脱」
清水 幸子
千葉市西部エリア医療連携セミナー 千葉・2007・7月
「女性のQOLにおける尿失禁と骨盤臓器脱」
清水 幸子
千葉市東部エリア医療連携セミナー 千葉・2007・7月
「女性のライフステージと健康
~女性の一生涯のQOLをサポートする医療を目指して~
清水 幸子
埼玉県産婦人科医会 平成19年度 コ・メディカル研究会 埼玉・2007・8月
よみうり・女性のための健康フォーラム
医療フォーラム 尿失禁・骨盤臓器脱‐その予防と治療について
清水 幸子
東京・2007・2月
「美容と女性の健康について」
清水 幸子
日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会「女性の健康週間」 東京・2007・3月
「女性の健康と食生活について」
清水 幸子
日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会「女性の健康週間」 東京・2007・3月
「POPに関わるエストロゲンの基礎と臨床」
清水 幸子
第1回TVM研究会東京・2007・3月
「女性のライフステージと健康  2007
-各世代の女性特有の注意すべき疾患とその治療について- その1」
清水 幸子
NTT-東日本 企業健康セミナー 千葉・2007・7月
「女性のがんの早期発見と治療」
『医の知・生の知フォーラム』
清水 幸子
東京・2007・8月
「女性の健康と美肌について」
清水 幸子
大塚製薬 京王百貨店友の会特別セミナー 東京・2007・9月
「中高年以降の女性の健康」
清水 幸子
館山市女性の健康づくり教室 千葉・2007・9月
「女性のライフステージと健康  2007
-各世代の女性特有の注意すべき疾患とその治療について- その2」
清水 幸子
NTT-東日本 企業健康セミナー 千葉・2007・11月
ヘリコプターを用いた母体搬送の安全性と有用性
小原まみ子 清水幸子 佐藤弘之 石黒共人 柳沼由紀 杉林里佳 渡井有 上昌広 鈴木真 
日本周産期医学会 2007.7 東京
膣断端脱あるいは脱再発症例に対するメッシュ手術について
草西洋 古賀祐子 清水幸子
日産婦関東連合 2007.10 前橋
骨盤臓器脱でのメッシュ手術の意義と当科での取り組みについて
草西洋 清水幸子 古賀祐子 亀田省吾
日本臨床外科学会学術集会ワークショップ 2007.11 横浜
Safety and Usefulness of Emergency Helicopter Maternal Transport
Mamiko Ohara, Yukiko Shimizu, Hiroyuki Satoh, Yuki Yamamoto, Rika Sugibayashi,Shinobu Takano, Yoshiaki Furusawa, Shogo Kameda, Masahiro Kami, Makoto Suzuki 
AOCOG 2007.09, Tokyo, Japan
The role of clinical psychologist working in the Obstetrics and Gynecology : Based on the experience of 12 years.
Yumiko Tsuji, Takehiko Kimura, Kazuhiro Hirose, Takashi Okai and Gen Komaki The XV International Congress of the International Society of Psychosomatic Obstetrics and Gynecology 2007.5.14 Kyoto
Sleep Disorders in Women’s Life
Kazuhiro Hirose
JSPOG Seminar 2007. 05. 15 Kyoto
常位胎盤早期剥離によるIUFD,DIC,腎不全,PRESを発症した一例
漆原知佳, 廣瀬一浩, 高瀬健吉, 小足有紀, 三村貴志, 神保正利, 小林圭子, 森山 修一 第113回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 2007 東京
更年期症状および睡眠障害愁訴への夜間セドロール(Cedrol)揮散の長期継続例の検討
廣瀬一浩、左達秀敏、永嶋義直、矢田幸博、鈴木俊幸、駒田陽子、白川修一郎 第32回日本睡眠学会学術集会 2007.11.8 東京
更年期障害とうつ
赤松達也
日本医師会生涯教育協力講座(東京)2007.3.
[JSPOG Seminar]Cognitive Therapy and Psychoanalytic Psychotherapy
Natsuko Hirashima, T.Akamatsu, Y.Sagara, K.Kamibeppu, D.Fujisawa
The XV International Congress of The International Society
Of Psychosomatic Obstetrics and Gynecology (Kyoto, Japan) 2007.5
[シンポジウム]女性ホルモンの加齢による変化
赤松達也
第7回日本抗加齢医学会総会(京都)2007.7
[講演]女性と骨粗鬆症
赤松達也
第13回城東POLISアカデミー(東京)2007.10

周産期医療集約化における母体搬送の問題点
鈴木真
第59回日本産科婦人科学会 2007.4 京都
母体集中治療室の運用状況
杉林里佳、鈴木真, 秋本菜津子, 石黒共人,吉川和美, 山本由紀,高野忍, 古賀祐子, 藤原礼, 古澤嘉明, 北岡芳久, 清水幸子
第59回日本産科婦人科学会 2007.4 京都  
妊娠中期における頸管粘液中顆粒球エラスターゼ測定と子宮頸管長による前期破水と早産の予知について
秋本菜津子, 高野忍, 石黒共人, 吉川和美, 山本由紀, 杉林里佳, 古賀祐子, 藤原礼, 古澤嘉明, 鈴木真, 清水幸子、亀田省吾
第59回日本産科婦人科学会 2007.4 京都
産科部門における完全電子カルテ化の試み
亀田省吾, 鈴木真, 山本由紀, 吉川和美, 杉林里佳, 高野忍, 古賀祐子, 藤原礼, 古澤嘉明, 北岡芳久, 清水幸子
第59回日本産科婦人科学会 2007.4 京都
母乳保育の産褥期におけつ母体体重変化に対する影響について
上田恭子、鈴木真、田中亜由子、清水幸子、亀田省吾
第59回日本産科婦人科学会 2007.4 京都
モバイルと医療 Web周産期電子カルテとモバイル胎児心拍転送システムの統合  経済産業省による4地域実証モデル実験
原量宏 横井英人 小笠原敏浩 鈴木真 中林正雄
シンポジウム・モバイル 2007.5
家庭医との連携によるセミオープンシステムの試み
鈴木真 秋本菜津子 石黒共人 杉林里佳 柳沼由紀 吉川和美 森忍 古賀祐子 古澤嘉
北岡芳久 清水幸子 亀田省吾
日産婦関東連合 2007.6 東京
出生前に肝脾腫を認め、出生後一過性骨髄増殖症(TAM)を伴う21トリソミーと診断された一例(会議録/症例報告)
山本由紀, 鈴木真, 秋本菜津子, 石黒共人, 吉川和美, 杉林里佳, 高野忍, 古賀祐子, 古澤嘉明, 北岡芳久, 亀田省吾, 清水幸子
日産婦関東連合 2007.6 東京
母体胎児集中治療室の運用状況
杉林里佳(亀田総合病院), 鈴木真, 秋本菜津子, 石黒共人, 吉川和美, 山本由紀, 高野忍, 古賀祐子, 藤原礼, 古澤嘉明, 北岡芳久, 清水幸子
日産婦関東連合 2007.6 東京
家庭医診療科による分娩セミオープンシステムの試み
鈴木真 清水幸子 石黒共人 柳沼由紀 杉林里佳 
日本周産期医学会 2007.7 東京
日本産婦人科医会が進めるWeb周産期電子カルテとモバイル胎児心拍転送システムの開発  経済産業省による実証4地域モデル実験
原量宏 横井英人 小笠原敏浩 鈴木真 中林正雄
電子情報通信学会
地域医療情報ネットワークシステムの構築.
鈴木 真 
日本産婦人科ME学会 仙台 2007.8
The periodontal changes between antepartum and postpartum.
Makoto Suzuki, Yukiko Shimizu, Yuki Yamamoto, Rika Sugibayashi, Yoshiaki Furusawa, Shogo Kameda, Shuji Kameda, Tsutomu Takatsuka
AOCOG 2007.09, Tokyo, Japan
シンポジウム 当院における母体救急搬送の現状報告
鈴木真,小原まみこ,不動寺,葛西猛 
救急医学会 2007,10 大阪
Impact of tumor- and patient-factors on survival of patients with endometrial carcinoma. 15th International meeting of the European Society of Gynaecological Oncology
Otsuka I, Wakabayashi A, Kameda S, Kubota T. , Oct28-Nov1, 2007, Berlin, Germany
当院で診療を試みた分娩室外分娩18例の検討
佐藤弘之,水谷佳世,長佳美,高橋有紀子,河村誠次,上原貴博,杉林里佳,鈴木真,板橋家頭夫,柳澤正義 日本未熟児新生児学会 2007.12 香川
分娩・出生後管理に苦慮した先天麻疹早産児の一例
水谷佳世,佐藤弘之,長佳美,吉崎加奈子,秋本菜津子,杉林里佳,鈴木真,柳澤正義
未熟児新生児学会 2007.12 香川
女性の喫煙が生殖補助医療の臨床成績に及ぼす影響について
依光毅、石川聖華、菅かほり、唐澤康広、有地あかね、河村真紀子、矢内原敦、許山浩司、 河村寿宏
第135回日本生殖医学会関東地方部会 東京 2007
Sequential mediumとsingle mediumによる胚発育の比較検討
宮香織、渡邉英明、有地あかね、唐澤康広、菅かほり、石川聖華、水島志歩、田澤有希子、 高木聖子、薄田亮、森松依子、河村真紀子、矢内原敦、依光毅、許山浩司、河村寿宏
第135回日本生殖医学会関東地方部会 東京 2007
bovine hyaluronidase とRecombinant hyaluronidaseの臨床成績との比較
石川聖華、渡邉英明、有地あかね、菅かほり、宮香織、水島志歩、森松依子、田澤有希子、高木聖子、薄田亮、河村真紀子、矢内原敦、依光毅、許山浩司、河村寿宏
第136回日本生殖医学会関東地方部会 宇都宮 2007
当院における品胎の検討
矢内原敦、依光 毅、許山浩司、渡邉英明、有地あかね、菅かほり、宮 香織、 石川聖華、水島志歩、田澤有希子、森松依子、薄田 亮、河村真紀子、河村寿宏
第136回日本生殖医学会関東地方部会 宇都宮 2007
Recombinant hyaluronidaseを使用したICSI成績の比較検討
石川聖華、渡邉英明、有地あかね、菅かほり、宮香織、水島志歩、森松依子、田澤有希子、高木聖子、薄田亮、河村真紀子、矢内原敦、依光毅、許山浩司、河村寿宏
第48回日本哺乳動物卵子学会 甲府 2007
ARTにおける子宮外妊娠と血中hCG値
許山浩司、矢内原敦、依光 毅、河村寿宏
第3回横浜北部産婦人科勉強会 横浜 2007
ARTにおけるGnRH antagonistの応用
許山浩司、矢内原敦、依光 毅、河村寿宏
第3回横浜北部産婦人科勉強会 横浜 2007
反復不成功患者新鮮胚移植におけるAssisted Haching (AH) の有効性の検討
有地あかね、矢内原敦、渡邉英明、菅かほり、宮香織、石川聖華、門前志歩、河村真紀子、 許山浩司、依光毅、河村寿宏
正常月経周期を有する患者における凍結融解胚移植の、子宮内膜調整法別(自然周期vsホルモン補充周期)臨床成績の検討
河村寿宏、渡邉英明、有地あかね、菅かほり、宮香織、石川聖華、門前志歩、田澤有希子、
高木聖子、薄田亮、森松依子、河村真紀子、矢内原敦、依光毅、許山浩司
第25回日本受精着床学会総会 仙台 2007
当院におけるDay6胚有効利用について
門前志歩、矢内原敦、渡邉英明、有地あかね、菅かほり、宮香織、石川聖華、河村真紀子、 許山浩司、依光毅、河村寿宏
第25回日本受精着床学会総会 仙台 2007
当院の胚盤胞移植の現状
渡邉英明、門前志歩、矢内原敦、有地あかね、菅かほり、宮香織、石川聖華、河村真紀子、 許山浩司、依光毅、河村寿宏
横浜ART研究会 横浜 2007
Day6胚盤胞の検討
渡邉英明、門前志歩、矢内原敦、有地あかね、菅かほり、宮香織、石川聖華、森松依子、田澤有希子、河村真紀子、許山浩司、依光毅、河村寿宏
第10回IVF学会 横浜 2007
Comparison of the pregnancy rate between day6 blastocyst transfer and cyropreserved day6 blastocysts transferred on day5.
H.Motoyama, A Yanaihara, S Monzen, T Yorimitsu, H Watanabe, T Kawamura
63rd Annual Meeting American Society for Reproductive Medicine Washington, DC 2007
Clinical use of day6 blastocysts.
H Watanabe, A Yanaihara, S Monzen, T Yorimitsu, H.Motoyama, T Kawamura
63rd Annual Meeting American Society for Reproductive Medicine Washington, DC 2007
Isoflavones regulate secretion of leukemia inhibitory factor and transforming growth factor beta and expression of glycodelin in human endometrial epithelial cells.
JW Xu, N Yasui, K Ikeda, WJ Pan, JWatanabe A Yanaihara
63rd Annual Meeting American Society for Reproductive Medicine Washington, DC 2007
Location of the endometrial polyp and its pregnancy rate of infertility patients.
A Yanaihara, T Yorimitsu, H.Motoyama, T Kawamura
63rd Annual Meeting American Society for Reproductive Medicine Washington, DC 2007
異なる培養液における同一症例での胚発育の比較検討
宮香織、渡邉英明、矢内原敦、有地あかね、菅かほり、石川聖華、門前志歩、森松依子、田澤有希子、河村真紀子、許山浩司、依光毅、河村寿宏
第52回日本生殖医学会総会・学術講演会 秋田 2007
Mildな卵巣刺激による体外受精におけるホルモン値の変動についての検討
許山浩司、矢内原敦、依光毅、河村寿宏
第52回日本生殖医学会総会・学術講演会 秋田 2007
Spilt ICSIの有用性の検討
渡邉英明、矢内原敦、有地あかね、菅かほり、宮香織、石川聖華、門前志歩、森松依子、田澤有希子、河村真紀子、依光毅、許山浩司、河村寿宏
第52回日本生殖医学会総会・学術講演会 秋田 2007
ヒト子宮内膜上皮細胞におけるLIFとTGF-beta分泌とGlycodelin発現に対すイソフラボンの調節作用
許 錦文、三木知博、安井菜穂子、池田克己、潘 偉軍、渡部純江、塩谷雅英、矢内原敦、 家森幸男
第52回日本生殖医学会総会・学術講演会 秋田 2007
子宮内膜ポリープの発生部位と妊娠率の検討
矢内原敦、依光毅、許山浩司、河村寿宏
第52回日本生殖医学会総会・学術講演会 秋田 2007
平成18年 紹介症例統計 (都筑区、青葉区、港北区、緑区)
佐々木康、隅靖浩、清河翠、小谷美帆子、栗城亜具里、近藤哲郎、安藤直子、小川公一、高橋諄
第5回横浜市北部周産期懇話会 横浜 2007 3月
Hyperglycosylated hCG; a new test for early pregnancy detection
Yasushi Sasaki, Laurence A. Cole, Jun Takahashi, Takashi Okai
59th Annual Congress of the Japan Society of Obstetrics and
Gynecology International Session  Kyoto 2007・4
Hyperglycosylated hCG and the source of pregnancy failures
Sasaki Y, Cole LA, Ladner DG, Khanlian SA, Yanaihara A, Takahashi J, Okai T
XIVth World Congress on Gestational Trophoblastic Diseases; Symposium Session 14-5: hCG  Fukuoka  2007・11
卵巣癌細胞におけるhREV1発現抑制によるプラチナ耐性獲得の減少
奥田 剛、千葉 博、満川香織、長塚正晃、岡井 崇
第59回日本産科婦人科学会総会 京都 2007 4
当院における子宮外妊娠手術症例の検討
安藤直子、小谷美帆子、清河翠、隅靖浩、栗城亜具里、近藤哲郎、佐々木康、小川公一、高橋諄
第377回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 横浜 2007 3月
開腹既往例の腹腔鏡下手術における視野確保
-フレキシブルビデオスコープが有効であった1例-
幸本康雄 岡崎志帆 御子柴尚郎
第342回日本産科婦人科学会東京地方部会 東京・2007・9月
FDG PET/CTにおける子宮内膜へのFDGの集積の検討
古澤嘉明 秋本菜津子 石黒共人 吉川和美 杉林里佳 山本由紀 高野忍 上田恭子 鈴木真 大塚伊佐夫 清水幸子 亀田省吾
第59回日本産科婦人科学会 2007.4 京都
高齢上皮性卵巣癌患者の予後は不良か?
大塚伊佐夫 北岡芳久 古澤嘉明 藤原礼 古賀祐子 高野忍 山本由紀 杉林里佳 吉川和美 秋本菜津子 石黒共人 上田恭子.
第59回日本産科婦人科学会 2007.4 京都
子宮体癌、頸癌の転移診断におけるPET/CTの有用性.
大塚伊佐夫 北岡芳久 古澤嘉明 藤原礼 古賀祐子 高野忍 杉林里佳 山本由紀 吉川和美 秋本菜津子.
第42回日本婦人科腫瘍学会 2007.7 東京
癌領域における漢方薬の使い方
大塚純子
第14回院内がん疼痛緩和セミナー 2007.3 横浜
分娩進行中に胎児母体間輸血症候群を発症したD-D twinの一例
大塚純子、三村貴志、横川 香、横山和彦、齋藤 裕、関沢明彦、Yuditiya Purwosunu、久保隆彦
第113回関東地方部会学術集会 東京・2007・6月
漢方の基礎と処方解説(一回目)
大塚純子
昭和大学医学部産婦人科講演会 2007.6月 東京
漢方の基礎と処方解説(二回目)
大塚純子
昭和大学医学部産婦人科講演会 2007.9月 東京
産婦人科領域の漢方治療
大塚純子
藤が丘病院モーニングセミナー 2007.11月 横浜
PET/CTで癌が示唆されたが病理組織学的には炎症性疾患であった2例の検討
栗城亜具里、小川公一、馬場麻衣子、鈴木美奈子、清河翠、小谷美帆子、小山壽美江、近藤哲郎、安藤直子、佐々木康、高橋諄、櫛橋民生
The 8th Annual Symposium Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging (JSAWI 2007)  淡路島 2007・9月
血管奇形をもつ Lymphangioma が疑われた症例の検討
中野有也、栗城亜具里、北澤重孝、梅田陽
第52回 日本未熟児新生児学会学術集会 高松 2007 11月
クラミジア検査陽性症例では、子宮卵管造影の所見は妊娠の予後を予測する上で重要である
己斐秀樹, 上田恭子, 秋本菜津子, 吉川和美, 杉林里佳, 山本由紀, 高野忍, 古賀祐子, 藤原礼, 古澤嘉明, 北岡芳久, 清水幸子
第59回日本産科婦人科学会 2007.4 京都
ラビット早産モデルにおけるLactoferrinの早産抑制効果とその機序に関する検討
長谷川明俊, 大槻克文, 佐々木康, 澤田真紀, 八鍬恭子, 中山健, 満川香織, 千葉博, 長塚正晃, 齋藤裕, 岡井崇 
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007 4 京都
よくある産婦人科疾患
長谷川明俊
藤が丘病院モーニングセミナー 2007.8月 横浜
mycoplasma homeinisが原因と考えられた骨盤内感染症の一例
荒川 香、横川 香、大塚純子、三村貴志、澤田真紀、長谷川明俊、本間 進、横山和彦、齋藤 裕
第59回 日本産科婦人科学会学術講演会 京都・2007・4月
単胎妊娠における予防的頸管縫縮術と治療的頸管縫縮術の術後経過と予後に関する検討
栗城亜具里, 大槻克文, 御子柴尚郎, 隅靖浩, 清河翠, 近藤哲郎, 佐々木康, 安藤直子, 小川公一, 小塚和人, 高橋諄,岡井崇 
第59回日本産科婦人科学会学術集会 2007 4 京都
8th International Conference on Lactoferrin, Nice France
Aguri Kuriki, Katsufumi Otsuki, Yasusi Sasaki, Midori Kiyokawa, Mihoko Kotani, Sumie Koyama, Tetsuro Kondo, Naoko Ando, Koichi Ogawa,Jun Takahashi, &Takashi Okai.
10.23.2007
早期preterm PROMの予後-管理方針の違いによる比較-
澤田真紀、大槻克文、長谷川明俊、長谷川潤一、松岡隆、市塚清健、下平和久、関沢明彦、齋藤裕、岡井崇
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007 4 京都
Recombinant human lactoferrin suppresses premature cervical ripening.
Maki Sawada, Katsufumi Otsuki, Kyoko Yakuwa, Akitoshi Hasegawa, Ken Nakayama, Masaaki Sugiyama, Aguri Kuriki, Kaori Mitsukawa, Hiroshi Chiba, Masaaki Nagatsuka, &Takashi Okai
8th International Conference on Lactoferrin, Nice France 10.25.2007
前期破水に対し、塩酸リトドリン、硫酸マグネシウム併用療法で肺水腫を来した一例
安藤 智、大森明澄、清水華子、小山寿美江、本原将樹、雨宮 聡、板垣智昭、満川 元一
第153回日本産科婦人科学会茨城地方部会 茨城 2007 1月
母体血中絨毛細胞の遺伝子発現についての検討:妊娠高血圧症候群の病態解明への応用
岡崎志帆、関沢明彦、Yuditiya Purwosunu、小出馨子、千葉博、岡井崇
胎児遺伝子診断研究会2007.2.17. 東京
母体血中絨毛細胞の遺伝子発現についての検討:妊娠高血圧症候群の病態解明への応用
岡崎志帆、関沢明彦、Yuditiya Purwosunu、矢内原敦、小出馨子、千葉博、岡井崇
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007. 4 京都
Placenta derived gene expressions are up-regulated in the cellular component of maternal blood of women with pre-eclampsia
Shiho Okazaki, Akihiko Sekizawa, Yuditiya Purwosunu, Keiko Koide, Masamitsu Nakamura, Hiroshi Chiba, Takashi Okai
Meeting for Asia-Oceanian Society of Obstetrics and Gynecology 2007 (Tokyo) 2007.9.22.
Recombinant human lactferrinの頸管熟化抑制作用の検討
八鍬恭子, 大槻克文, 長谷川明俊, 澤田真紀, 満川香織, 千葉博, 長塚正晃, 岡井崇
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007. 4 京都
HIFU照射を用いた腫瘍の栄養血管に対する非侵襲的な閉塞による腫 瘍の増大率低下及びそれによる組織学的変化
折坂勝, 市原三義, 市塚清健, 木林潤一郎, 長谷川潤一, 松岡隆, 岡井崇, 九島巳樹
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007. 4 京都

卵巣混合性胚腫瘍の一例
折坂 勝、奥山 大輔、新城 梓、鈴木 明 
第15回 婦人科Oncology研究会 東京、2007年
胎胞形成例における子宮頸管縫縮術の術後経過と予後に関する検討
中山健、大槻克文、大場智洋、八鍬恭子、長谷川明俊、長谷川潤一、松岡隆、市塚清健、下平和久、関沢明彦、岡井崇
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007. 4 京都
.
ラビット早産モデルにおけるLactoferrinの早産抑制効果とその機序に関する検討
中山健, 大槻克文, 長谷川明俊, 佐々木康, 八鍬恭子, 澤田真紀, 満川香織, 千葉博, 長塚正晃, 岡井崇 
第43回日本周産期・新生児医学会総会・学術集会
Preventive effect of recombinant human lactoferrin in a rabbit preterm delivery model.
Ken Nakayama, Katsufumi Otsuki, Masaaki Nagatsuka, Kyoko Yakuwa, Akitoshi Aasegawa, Maki Sawada, Aguri Kuriki, Kaori Mitsukawa, Hiroshi Chiba,Masaaki Nagatsuka, &Takashi Okai
8th International Conference on Lactoferrin, Nice France 10.23.2007
イソフラボンのヒト子宮内膜癌細胞株増殖能に対する効果
宮本真豪、矢内原敦、満川香織、長塚正晃、岡井 崇
第59回 日本産科婦人科学会学術講演会 京都・2007・4月
近赤外線分光法によるFGR児の評価に関する研究
吉江正紀、長谷川潤一、松岡隆、市塚清健、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井崇
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007. 4 京都
総合周産期母子センターにおける過去3年間の母体搬送症例の検討
大場智洋、大槻克文、八鍬恭子、中山健、長谷川潤一、松岡隆、市塚清健、関沢明彦、岡井崇
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007. 4 京都
藤が丘病院における子宮外妊娠症例の臨床統計
新城 梓
第3回横浜北部産婦人科勉強会 2007.6月 横浜
巨大子宮筋腫の感染が原因と考えられた敗血症の一例
大場智洋、宮本真豪、新城 梓、玉井英世、澤田真紀、長谷川明俊、横川 香、
大塚純子、横山和彦、齋藤 裕
第回 神奈川地方部会 横浜・2007・5月
過長臍帯における変動一過性徐脈の出現と児の予後に関する検討
大森明澄、長谷川潤一、吉江正紀、松岡隆、小谷美帆子、市塚清健、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井崇
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007. 4 京都
過長臍帯における分娩時の影響に関する検討
大森明澄, 長谷川潤 一, 松岡隆, 小谷美帆子, 仲村将光, 市塚清 健, 関沢明彦, 岡井崇
日本周産期・新生児医学会雑誌43巻2 号 Page384(2007.06)
帝王切開術後、両側肺動脈主幹部に血栓塞栓症をきたした1例
入江悠子、山本明和、清河翠、佐々木康、栗城亜具里、小山壽美江、小谷美帆子、近藤哲郎、安藤直子、小川公一、高橋諄
第379回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 川崎 2007 9月
一絨毛膜双胎管理における安静治療の効果
清河翠、松岡隆、長谷川潤一、吉江正紀、市塚清健、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井崇
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007. 4 京都
超音波診断による前置胎盤の分娩時出血の予測に関する検討
小谷美帆子、長谷川潤一、市塚清健、松岡隆、吉江正紀、大森明澄、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井崇
第59回日本産科婦人科学会学術講演会 2007. 4 京都
癒着胎盤症例における超音波画像所見に関する検討
小谷美帆子, 長谷 川潤一, 市塚清健, 松岡隆, 岡井崇
超音波医学34巻Suppl. PageS491(2007.04)
妊娠・分娩が契機となって発症したmassive edema of myomaの一症例
小足有紀, 仲村将光, 小出馨子, 長谷川潤一, 松岡隆, 大久保和 俊, 関沢明彦, 岡井崇, 九島巳樹
日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 44巻3号 Page273(2007.08)
産後に血栓性微小血管障害症(TMA)となった重症妊娠高血圧症
候群の一例
宮上 哲, 松岡 隆, 関沢明彦, 岡井崇
日本周産期・新生児医学会雑誌43巻2 号 Page541(2007.06)
母児リステリア感染症の一例
角田景子, 御子柴尚郎, 長谷川潤一, 白土なほ子, 市塚清健, 大槻克文, 関沢明彦, 岡井崇 
日本産科婦人科学会関東連合地方部会
帝王切開術後に肺水腫を来した羊水過多妊娠の一例
坂本美和, 小谷美帆子, 折坂勝, 長谷川潤一, 市塚清健, 大槻克文, 関沢明彦, 岡井崇
昭和医学会

このページの先頭へ

その他(テレビ・雑誌・新聞等)

「経営理念とそれに基づいた取り組み」
清水幸子、亀田省吾
㈱ジョンソン・エンド・ジョンソン 「Credo Web サイト」2007・3月~
病院見聞録「今後の日本の医療と亀田メディカルセンターでの取り組み」
清水幸子、亀田省吾
㈱ジョンソン・エンド・ジョンソングループ社内報 Vol 156 ・2007

「女性の健康」
清水幸子
㈱イトーキ 「女の仕事Web サイト 」2007

ご存知ですか?「骨盤臓器脱は治療可能な病気です」
清水幸子、草西 洋
朝日新聞 2007・11月6日
最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学 ② 「性器脱」
清水幸子
幻冬舎(東京)、2007年6月25日 第1刷発刊
「美容と女性の健康について」
清水 幸子
第3回 日本橋三越本店 三越美と健康フェアー 東京・2007・7月

所在地

昭和大学医学部差婦人科学講座

〒142-8666
東京都品川区旗の台1-5-8

このページの先頭へ