HOME > 研究:学会発表・論文・その他 > 2016年度

学会発表・論文・その他

2016年度

原著・総説・著書

Uterine rupture at 10 weeks of gestation after laparoscopic myomectomy.
Okada Y, Hasegawa J, Mimura T, Arakaki T, Yoshikawa S, Yamashita Y, Oba T, Nakamura M, Matsuoka R, Sekizawa A.
J Med Ultrason (2001).;43(1):133-136,2016(1月)
Maternal smoking leads to placental epigenetic changes at the promoters of transcriptional regulators in early pregnancy
川嶋章弘、河合智子、右田王介、秦健一郎、関沢明彦
日本DOHaD 研究; 5(1):77 ,2016
Usefulness of antenatal ultrasound fetal morphological assessments in the first and second trimester: a study at a single Japanese university hospital.
Takita H, Hasegawa J, Arakaki T, Nakamura M, Hamada S, Tokunaka M, Oba T, Matsuoka R, Sekizawa A.
J Med Ultrason (2001);43(1):57-62,2016 (1月)
Post-treatment human papillomavirus testing for residual or recurrent high-grade cervical intraepithelial neoplasia: a pooled analysis.
Onuki M, Matsumoto K, Sakurai M, Ochi H, Minaguchi T, Satoh T, Yoshikawa H
J Gynecol Oncol;27(1):e3. 2016(1月)
A case of uterine rupture diagnosed based on routine focused assessment with sonography for obstetrics.
Tauchi M, Hasegawa J, Oba T, Arakaki T, Takita H, Nakamura M, Sekizawa A.
J Med Ultrason (2001);43(1):129-31,2016(1月)
The increase in the rate of maternal deaths related to cardiovascular disease in Japan from 1991-1992 to 2010-2012.
Tanaka H, Katsuragi S, Osato K, Hasegawa J, Nakata M, Murakoshi T, Yoshimatsu J, Sekizawa A, Kanayama N, Ishiwata I, Ikeda T.
J Cardiol;69(1):74-78, 2017 (1月)
Differentiation of epithelial ovarian cancer subtypes by use of imaging and clinical data: a detailed analysis.
Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Oki A, Saida T, Yoshikawa H, Minami M.
Cancer Imaging: 16:3, 2016 (2月)
Revised FIGO staging system for cancer of the ovary, fallopian tube, and peritoneum: important implications for radiologists.
Saida T, Tanaka YO, Matsumoto K, Satoh T, Yoshikawa H, Minami M.
Jpn J Radiol: 34(2):117-24, 2016 (2月)
Clinicopathologic implications of DNA mismatch repair status in endometrial carcinomas.
Shikama A, Minaguchi T, Matsumoto K, Akiyama-Abe A, Nakamura Y, Michikami H, Nakao S, Sakurai M, Ochi H, Onuki M, Satoh T, Oki A, Yoshikawa H.
Gynecol Oncol: 140(2): 226-33, 2016 (2月)
Post-treatment HPV testing for residual or recurrent high-grade cervical intraepithelial neoplasia: a pooled analysis.
Onuki M, Matsumoto K, Sakurai M, Ochi H, Minaguchi T, Satoh T, Yoshikawa H.
J Gynecol Oncol: 27:e3. 2016 (2月)
Uterine cervical cancer volumetry using T2-and diffusion-weighted MR images in patients treated by primary surgery and neoadjuvant chemotherapy.
Tanaka YO, Okada S, Satoh T, Matsumoto K, Saida T, Minami M, Yoshikawa H.
Acta Radiol;57(3):378-83,2016 (3月)
The relationship between torsion and of the length of the peduncle in patients with uterine subserosal leiomyoma
Shingo Miyamoto, Takashi Mimura, Yoshimitsu Ohgiya, Tetsuya Ishikawa, Miki morioka, Akihiko Sekizawa
Gynecology and Minimally Invasive Therapy:5(2):74-77,2016(3月)
Antenatal ultrasound screening using check list before delivery for predicting a non-reassuring fetal status during labor.
Takita H, Hasegawa J, Arakaki T, Nakamura M, Tokunaka M, Oba T, Sekizawa A.
J Matern Fetal Neonatal Med; 12:1-21, 2016 (4月)
Proposal for selection criteria of secondary cytoreductive surgery in recurrent epithelial ovarian, tubal, and peritoneal cancers.
Minaguchi T, Satoh T, Matsumoto K, Sakurai M, Ochi H, Onuki M, Oki A,Yoshikawa H.
Int J Clin Oncol.21(3):573-9.2016(6月)
Placenta previa with early opening of the uterine isthmus is associated with high risk of bleeding during pregnancy, and massive haemorrhage during caesarean delivery.
Goto M, Hasegawa J, Arakaki T, Takita H, Oba T, Nakamura M, Sekizawa A.
Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol;201:7-11, 2016 (6月)
Current Proportion of Women Receiving Perinatal Psychosocial or Psychological Intervention in Japan.
Suzuki S, Kuribayashi Y, Matsuda H, Asakawa Y, Sekizawa A, Tanaka M, Okai T, Kinoshita K.
J Clin Med Res.8(6):472-4, 2016 (6月)
Fetal cell-free DNA fraction in maternal plasma is affected by fetal trisomy.
Suzumori N, Ebara T, Yamada T, Samura O, Yotsumoto J, Nishiyama M, Miura K, Sawai H, Murotsuki J, Kitagawa M, Kamei Y, Masuzaki H, Hirahara F, Saldivar JS, Dharajiya N, Sago H, Sekizawa A; Japan NIPT Consortium..
J Hum Genet;61(7):647-52, 2016(7月)
Current Status of Condylomata Acuminata in Pregnant Japanese Women.
Suzuki S, Sekizawa A, Tanaka M, Matsuda H, Okai T, Kinoshita K, Kitamura T.
Jpn J Infect Dis. 22;69(4):347-9, 2016 (7月)
Laparoscopic ultrasound procedure can reduce residual myomas in laparoscopic myomectomy for multiple myomas.
Mimura T, Hasegawa J, Ishikawa T, Sekizawa A.
J Med Ultrason (2001);43(3):407-12, 2016(7月)
The association between p16 and Ki-67 immunohistostaining and the progression of cervical intraepithelial neoplasia grade 2.
Miyamoto S, Hasegawa J, Morioka M, Hirota Y, Kushima M, Sekizawa A.
Int J Gynaecol Obstet.134(1):45-8, 2016(7月)
Upside-Down and Inside-Out Signs in Uterine Inversion.
Kawano H, Hasegawa J, Nakamura M, Maruyama D, Arakaki T, Ono A, Miyake Y, Sekizawa A.
J Clin Med Res ;8(7):548-9, 2016 (7月)
Distribution of Chlamydia trachomatis Infection Determined by Nucleic Acid Amplification Tests in Pregnant Women in Japan.
Suzuki S, Tanaka M, Sekizawa A, Kinoshita K.
Jpn J Infect Dis.69(2):158-9, 2016
Current status of women requiring perinatal mental health care for protecting their children in Japan.
Suzuki S, Sekizawa A, Tanaka M, Okai T, Kinoshita K.
Asian J Psychiatr;22:93, 2016 (8月)
Postpartum ultrasound: postpartum assessment using ultrasonography.
Oba T, Hasegawa J, Sekizawa A.
J Matern Fetal Neonatal Med; 30:1-4, 2016 (8月)
Volume of umbilical veinous circulation just before delivery reflect the perinatal outcome.
Nakamura M, Oba T, Goto M, Koyano M, Matsuoka R, Hasegawa J, Sekizawa A.
Ultrasound Obstet Gynecol;48 (1):332, 2016 (9月)
Relation between the timing at open uterine isthmus and hemorrhage in placenta previa.
Goto M, Hasegawa J, Arakaki T, Takita H, Oba T, Nakamura M, Sekizawa A.
Ultrasound Obstet Gynecol;48 (1):334-5, 2016 (9月)
Expression of Tissue Factor in Epithelial Ovarian Carcinoma Is Involved in the Development of Venous Thromboembolism.
Sakurai M, Matsumoto K, Gosho M, Sakata A, Hosokawa Y, Tenjimbayashi Y, Katoh T, Shikama A, Komiya H, Michikami H, Tasaka N, Akiyama-Abe A, Nakao S, Ochi H, Onuki M, Minaguchi T, Yoshikawa H, Satoh T.
Int J Gynecol Cancer,2016 (10月)
Nationwide survey for current clinical status of amniocentesis and maternal serum marker test in Japan.
Miyake H, Yamada S, Fujii Y, Sawai H, Arimori N, Yamanouchi Y, Ozasa Y, Kanai M, Sago H, Sekizawa A, Takada F, Masuzaki H, Matsubara Y, Hirahara F, Kugu K.
J Hum Genet;61(10):879-884, 2016 (10月)
Reference values of focused assessment with sonography for obstetrics (FASO) in low-risk population.
Oba T, Hasegawa J, Arakaki T, Takita H, Nakamura M, Sekizawa A.
J Matern Fetal Neonatal Med;29(21):3449-53,2016(11月)
Comparison of perinatal outcomes between long-term and short-term use of tocolytic agent: a historical cohort study in a single perinatal hospital.
Nakamura M, Hasegawa J, Arakaki T, Hamada S, Takita H, Oba T, Koide K, Matsuoka R, Sekizawa A.
J Obstet Gynaecol Res.;42(12):1680-1685,2016(12月)
A survey on awareness of genetic counseling for non-invasive prenatal testing: the first year experience in Japan.
Yotsumoto J, Sekizawa A, Suzumori N, Yamada T, Samura O, Nishiyama M, Miura K, Sawai H, Murotsuki J, Kitagawa M, Kamei Y, Masuzaki H, Hirahara F, Endo T, Fukushima A, Namba A, Osada H, Kasai Y, Watanabe A, Katagiri Y, Takeshita N, Ogawa M, Okai T, Izumi S, Hamanoue H, Inuzuka M, Haino K, Hamajima N, Nishizawa H, Okamoto Y, Nakamura H, Kanegawa T, Yoshimatsu J, Tairaku S, Naruse K, Masuyama H, Hyodo M, Kaji T, Maeda K, Matsubara K, Ogawa M, Yoshizato T, Ohba T, Kawano Y, Sago H; Japan NIPT Consortium.
J Hum Genet;61(12):995-1001, 2016(12月)
Factors affecting parental decisions to terminate pregnancy in the presence of chromosome abnormalities: a Japanese multicenter study.
Nishiyama M, Sekizawa A, Ogawa K, Sawai H, Nakamura H, Samura O, Suzumori N, Nakayama S, Yamada T, Ogawa M, Katagiri Y, Murotsuki J, Okamoto Y, Namba A, Hamanoue H, Ogawa M, Miura K, Izumi S, Kamei Y, Sago H.
Prenat Diagn;36(12):1121-1126, 2016(12月)
Efficacy of transfusion with fresh-frozen plasma:red blood cell concentrate ratio of 1 or more for amniotic fluid embolism with coagulopathy: a case-control study.
Tanaka H, Katsuragi S, Osato K, Hasegawa J, Nakata M, Murakoshi T, Yoshimatsu J, Sekizawa A, Kanayama N, Ishiwata I, Ikeda T.
Transfusion;56(12):3042-3046, 2016 (12月)
Current status of syphilis in pregnant women in Japan.
Suzuki S, Sekizawa A, Tanaka M, Okai T, Kinoshita K, Kitamura T.
J Matern Fetal Neonatal Med;14:1-3, 2016(12月)
Value of fibrinogen in cases of maternal death related to amniotic fluid embolism.
Tanaka H, Katsuragi S, Osato K, Hasegawa J, Nakata M, Murakoshi T, Yoshimatsu J, Sekizawa A, Kanayama N, Ishiwata I, Ikeda T.
J Matern Fetal Neonatal Med; 6:1-18, 2016(12月)
MR Imaging of Fetuses to Evaluate Placental Insufficiency.
Ohgiya Y, Nobusawa H, Seino N, Miyagami O, Yagi N, Hiroto S, Munechika J, Hirose M, Takeyama N, Ohike N, Matsuoka R, Sekizawa A, Gokan T.
Magn Reson Med Sci;15(2):212-9, 2016
ADAMTS16 mutations sensitize ovarian cancer cells to platinum-based chemotherapy.
Maya Yasukawa,Yuexin Liu, Limei Hu, David Cogdell,Kshipra M. Gharpure,
Sunila Pradeep, Archana S. Nagaraja, Anil K. Sood, Wei Zhang
Oncotarget 2016
分娩室でのエコーの活用
仲村将光、大場智洋、関沢明彦
PERiNATALCAREペリネイタルケア;35(1):77-81,2016(1月)
腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC)の手術成績-TVM症例との比較-
石川哲也、三村貴志、清水華子、飯塚千祥、宮本真豪、小貫麻美子、森岡幹、松本光司、長塚正晃、関沢明彦
日本女性骨盤底学会誌;13(1) 98-100,2016
出生前遺伝学的検査の現状と課題
関沢明彦
昭和学士会雑誌;76(1):6-10,2016(2月)
新生児蘇生の教育訓練
関沢明彦
周産期医学;46(2):221-223,2016 (2月)
034.出生前遺伝学的検査を安易にするべからず
関沢明彦
周産期医学;45増刊号/2015:113-114
【難治性の周産期common diseaseへの挑戦】 FGR 胎盤・臍帯異常とFGR.
仲村将光、長谷川潤一、関沢明彦
臨床婦人科産科;70(1):74-78,2016 (1月2月合併増大号)
腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC)が尿失禁に及ぼす影響について
石川哲也、三村貴志、瀬尾晃平、清水華子、飯塚千祥、宮本真豪、森岡幹、関沢明彦
日本婦人科腫瘍学会雑誌;68(2):849,2016(2月)
出生前遺伝学的検査の現状と今後
関沢明彦
山梨産科婦人科学会誌;6(2):54,2016(2月)
「JRC蘇生ガイドライン2015」
NCPR作業部会員 
関沢明彦
監修 一般社団法人 日本蘇生協議会
発行者 株式会社 医学書院、2016年(2月)
胎盤転移をきたした肺癌合併妊娠の1例
廣瀬佑輔、土肥聡、折坂勝、奥山亜由美、村元美幸、遠武孝祐、宮上哲、小谷美帆子、安藤直子、市塚清健、長塚正晃
産婦人科の実際;65(3):347-352,2016(3月)
骨盤臓器脱に対する腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC)とTVM(Tension-free Vaginal Mesh)の手術成績の検討
石川哲也、三村貴志、瀬尾晃平、清水華子、飯塚千祥、宮本真豪、森岡幹、関沢明彦
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌;31(2): 357-361, 2016(3月)
心理評価を加えた遺伝カウンセリングによる妊婦の心身的フォローの検討
Effects of genetic counseling on psychophysical condition of the pregnant women: A case report
白土なほ子、宮上景子、四元淳子、濱田尚子、坂本美和、廣瀬達子、齋藤敦子、盛本太郎*1、下平和久、関沢明彦
昭和大学産婦人科学教室、旗の台レディースクリニック*1
女性心身医学 20(3), 316-321, 2016(3月)
臍帯因子による胎児死亡を防ぐ
新垣達也、仲村将光、関沢明彦
周産期医学;46(3) :343-347,2016(3月)
子宮頸部high-grade neuroendocrine carcinomaの1例
朝見友香、清水華子、飯塚千祥、三村貴志、宮本真豪、石川哲也、関沢明彦
東京産科婦人科学会会誌;65(2): 325-328, 2016(4月)
無侵襲的出生前遺伝学的検査の基礎
関沢明彦
Fetal&Neonatal Medicine;8(1):24-28,2016(4月)
質疑応答プロからプロへ「子宮頸癌:コルポスコピー下生検でのCIN1/2の外来管理」
松本光司
日本医事新報; 4798:57-8, 2016 (4月)
「今月の臨床 胎児発育不全(FGR)の管理 Up to date」 
FGR出生児の神経学的予後 臍帯・胎盤要因:臍帯異常によるFGRの評価 
仲村将光 
臨床産科婦人科;70(10):2016(5月)
「特集 胎児心拍モニタリングを極める 見逃してはいけないCTG波形」
松岡隆
医学書院 助産雑誌;70(5),2016(5月)
特集 一歩進んだ胎児超音波検査—具体的な描出法/測定方法教えますー
13)外性器・子宮・精巣の描出のコツ
松岡隆
周産期医学;46(5)増大号,2016
AP療法および放射線療法を施行した子宮腺筋症の悪性転化症例
廣瀬佑輔、宮本真豪、山口摩佑子、岡田義之、中林誠、朝見友香、瀬尾昇平、三村貴志、飯塚千祥、石川哲也、森岡幹、九島巳樹、関沢明彦、野村奈央、松本光司
日本婦人科腫瘍学会雑誌;34(3):462,2016(6月)
子宮内膜症性嚢胞から悪性転化をした卵巣癌の前癌病変あり群となし群の臨床病理学的比較
宮本真豪、三村貴志、九島巳樹、山口摩佑子、岡田義之、中林誠、廣瀬佑輔、瀬尾晃平、飯塚千祥、石川哲也、森岡幹、松本光司、関沢明彦
日本婦人科腫瘍学会雑誌;34(3):438,2016(6月)
子宮頸癌4B期に対しTP療法が奏効した2症例
三村貴志、宮本真豪、飯塚千祥、石川哲也、森岡幹、松本光司、関沢明彦
日本婦人科腫瘍学会雑誌;34(3):435,2016(6月)
経過観察中に妊娠分娩に至ったQuiescent Gestational Trophoblastic Disease
岡田義之、宮本真豪、飯塚千祥、山口摩佑子、中林誠、廣瀬佑輔、野村奈央、瀬尾晃平、三村貴志、石川哲也、森岡幹、松本光司、関沢明彦、九島巳樹
日本婦人科腫瘍学会雑誌;34(3):421,2016(6月)
過期妊娠の胎児心拍数波形
新垣達也、仲村将光、関沢明彦
ペリネイタルケア;35(6):579-583,2016(6月)
出生前検査:NIPT
関沢明彦
周産期医学;46(6):705-706,2016(6月)
子宮鏡を併用し腹腔鏡下手術を施行した帝王切開瘢痕症候群の一例
関根愛子、三村貴志、瀬尾晃平、宮本真豪、石川哲也、関沢明彦
産婦人科手術;27:101-107,2016(6月)
最新!妊婦健診と保健指導 妊娠初期の検査項目・保健指導
松岡隆
ペリネイタルケア 2016年夏期増刊
最新!妊婦健診と保健指導 胎嚢・胎児心拍・予定日の確認、膜性診断
松岡隆
ペリネイタルケア 2016年夏期増刊
【正常の確認と異常への対応を究める! 妊婦健診と保健指導パーフェクトブック 
妊娠期別ガイド】(第1部)ローリスク妊娠編 妊娠初期(~12週未満) HTLV-1抗体
小出馨子
ペリネイタルケア;2016夏季増刊:66-70,2016(6月)
【正常の確認と異常への対応を究める! 妊婦健診と保健指導パーフェクトブック 
妊娠期別ガイド】(第1部)ローリスク妊娠編 妊娠初期(~12週未満) トキソプラズマ抗体
小出馨子
ペリネイタルケア;2016夏季増刊;80-81,2016(6月)
【正常の確認と異常への対応を究める!妊婦健診と保健指導パーフェクトブック 
妊娠期別ガイド】ローリスク妊婦編 妊娠初期(〜12週末)子宮頸部細胞診
宮本真豪
ペイネイタルケア2016夏季増刊;48-51,2016(6月)
舌がん合併妊娠症例の帝王切開麻酔経験
小島三貴子、吉江和佳、島崎梓、大塚直樹、大嶽浩司、小出馨子、佐藤陽子
麻酔;65(6):632-635,2016(6月)
妊婦健診と保健指導パーフェクトブック「遺伝カウンセリング」
和泉美希子
ペリネイタルケ2016年夏季増刊;(463),2016年(6月)
Non-invasive prenatal genetic testing の遺伝カウンセリング担当者に対する質問紙調査
西山深雪、左合治彦、鈴森伸宏、山田崇弘、佐村修、澤井英明、室月淳、亀井良政、増崎英明、 平原史樹、 北川道弘、関沢明彦
日本遺伝カウンセリング学会誌;37(2):11-20,2016 (6月)
Jpn J Genet Counsel 37:11-20,2016 妊婦のリステリア感染
関沢明彦
月刊 母子保健;687:7,2016 (7月)
日本医事新報「質疑応答 プロからプロへ」質問 
63-16産科 母体救命・蘇生シミュレーションの重要性 
仲村将光 
日本医事新報;2016(8月)
バイタルサインに注意し、産科危機的出血を未然に防ぐ~Shock indexのみに頼らない~ 
仲村将光 
母体安全への提言2015;2016(8月)
染色体異常スクリーニング法 D Cystic hygroma 嚢胞性リンパ管腫 
仲村将光 
遺伝カウンセリングマニュアル;2016(8月)
子宮頸がん予防ワクチンのその後
宮本真豪、松本光司
腫瘍内科;18(2):170-175, 2016(8月)
「検査の種類・進め方とケーススタディ」
和泉美希子
ペリネイタルケア;35(9),2016年(9月)
産科救急疾患 
妊娠に伴う母体の変化と出産,その後の管理
新垣達也、関沢明彦
救急医学;40(9):1010-1015,2016 (9月)
ハイリスク妊娠の抽出 生前検査
和泉美希子、廣瀬達子、関沢明彦
金原出版株式会社;65(10):1139-1147,2016(9月)
妊婦とともに向き合う出生前診断 助産師はいかに関わるべきか?】 総論 出生前診断とは?
松岡隆
ペリネイタルケア;35(9):826-831,2016(9月)
「周産期管理がぐっとうまくなる! ハイリスク妊娠の外来診療パーフェクトブック」
出生前検査
和泉美希子、廣瀬達子、関沢明彦
産婦人科の実際;65(10)臨時増刊号:1139-1147,2016(9月)
金原出版株式会社
脳卒中による妊産婦死亡例の解析―血圧管理の重要性-
桂木真司、石渡勇、大里和広、関沢明彦、金山尚裕、田中博明、中田雅彦、仲村将光、長谷川潤一、 村越毅、吉松淳、池田智明
日本妊娠高血圧学会雑誌;第37回学術集会抄録号23:77,2016(9月)
血圧管理に苦渋した重症加重型妊娠高血圧腎症の一例
野村奈央、松岡隆、新垣達也、奥山亜由美、大場智洋、仲村将光、小出馨子、関沢明彦
日本妊娠高血圧学会雑誌;第37回学術集会抄録号23:79,2016(9月)
臨床助産テキスト第4巻重要な周辺知識
「7-1産科医療補償制度:分娩管理における胎児心拍数陣痛図の装着・判読の留意点」
関沢明彦、新垣達也
編集 福井トシ子 発行所 
株式会社メディカ出版;90-95,2016(9月)
【妊婦とともに向き合う出生前診断 助産師はいかに関わるべきか?】着床前診断の今
坂本美和
ペリネイタルケア;35(9):832,2016(9月)
【妊婦とともに向き合う出生前診断 助産師はいかに関わるべきか?】着床前診断の今
松岡隆
リネイタルケア2016年9月号プランナー メディカ出版
妊婦健診と保健指導パーフェクトブック 
松岡隆
ペリネイタルケア2016年夏季増刊  メディカ出版
母体・胎児・新生児の急変時対応Q&A99
松岡隆
ペリネイタルケア2016年新春増刊  メディカ出版
雑誌掲載
更年期特集 「女性の更年期を笑顔で過ごすアドバイス」
昭和大学産婦人科 白土なほ子
健康salad 2015(10月)
母体血を用いた新しい出生前診断
(検査精度は当初の予想よりも向上している)
関沢明彦
日本医事新報;4824:52-53,2016(10月)
遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)患者への腹腔鏡下リスク低減卵巣卵管摘出術(L-RRSO)によって発見された漿液性卵管上皮内癌(serous tubal varcinoma in situ;StIC)の1例
石川哲也、清水華子、飯塚千祥、宮本真豪、三村貴志、森岡幹、関沢明彦
日本婦人科腫瘍学会雑誌;34(4):653-658,2016(10月)
助産師が押さえておきたいガイドライン エビデンスに基づいたケアを実践するために】
産婦人科診療ガイドライン:産科編2014
大場智洋、松岡隆
ペリネイタルケア;35(11): 1053-1057,2016(11月)
羊水塞栓症の妊婦を救命した一例
新垣達也、松岡隆、関沢明彦
ペリネイタルケア;35(12 ):1156-1161,2016(12月)
妊婦と食品感染症
宮上景子、白土なほ子、関沢明彦
周産期医学;Vol.46 :No.12 :1543-1545(12月)
【周産期のチーム医療 サクセス8 case 今こそ助産師の専門性を発揮する】
(Case 2)羊水塞栓症の妊婦を救命した一例
新垣達也、松岡隆、関沢明彦
ペリネイタルケア;35(12):1156-1161,2016(12月)
受精・着床
岩崎信爾、近藤哲郎、関沢明彦
周産期医学;46増刊号:4-9,2016 (12月)
胎盤性モザイク
小出馨子、四元淳子、関沢明彦
周産期医学;46増刊号:38-40,2016 (12月)
昭和大学学士会 メインテーマ ”女性医学:最近のトピックス”特集
テーマ 「PMS、PMDDの診断と治療」とした内容の総説
PMS、PMDDの診断と治療
Diagnoshis and therapy of Premenstrual syndrome and Premenstrual dysphoric disorder
白土なほ子 
妊娠の栄養―今、妊婦は赤ちゃんのために正しい食事をしているか
各論25妊娠と食品感染症 
昭和大学産婦人科  宮上景子、白土なほ子、関沢明彦
周産期医学;46:(12),2016 (12月)

このページの先頭へ

学会発表・講演

The examination about wish of prenatal testing and mental background factor of pregnant women by assited reproductive technology
Miwa Sakamoto, Nahoko Shirato, Tatsuko Hirose, Keiko Miyagami, Akihiko Sekizawa
The13th International Congress of Human Genetics ICHG2016
Apiril 5・2016 Kyoto
Effect of the mental background factor of after childbirth woman who done prenatal testings
Nahoko Shirato, Miwa Sakamoto, Keiko Miyagami, Junko Yostumoto, Atsuko Saito, Tatuko Hirose, Mikiko Izumi, Ryu Matsuoka, Kiyotake Ichizuka, Akihiko Sekizawa
The13th International Congress of Human Genetics ICHG2016
Apiril 5・2016・Kyoto
Genetic counseling in pregnant woman whose fetus had Robertson translocation
Tatsuko Hirose, Keiko Miyagami, Nahoko Shirato, Mikiko Izumi, Shoko Hamada, Keiko Koide,Tetsuro Kondo, Junko Yotsumoto, Ryu Matuoka, Kiyotake Ichizuka, Akihiko Sekizawa
The13th International Congress of Human Genetics ICHG2016
Apiril 5・2016・Kyoto
Mental background of pregnant woman in the view point of delivering facilties
Keiko Miyagami, Nahoko Shirato, Miwa Sakamoto, Junko Yotsumoto, Atsuko Saito, Tatsuko Hirose, Mikiko Izumi,Taro Morimoto, Shuichi Kitamura, Ryu Matsuoka, Akihiko Sekizawa
The13th International Congress of Human Genetics ICHG2016
Apiril 5・2016・Kyoto
Parental decisions on prenatally diagnosed chromosome abnormalities before 22 weeks of gestation:A Japanese multicenter retrospective study
Miyuki Nishiyama, Akihiko Sekizawa, Hiroaki Nakamura, Nobuhiro Suzumori, Setsuko Nakayama, Takahiro Yamada, Masaki Ogawa, Yukiko Katagiri, Yoko Okamoto, Akira Namba, Haruka Hamanoue, Masanobu Ogawa, Kiyonori Miura, Shunichiro Izumi, Yoshimasa Kamei, Haruhiko Sago
The13th International Congress of Human Genetics ICHG2016
Apiril 7・2016・ Kyoto
The survey on psychological situation of pregnant women and their partners interested in prenatal testing: a single-site study
Mikiko Izumi, Nahoko Shirato, Tatsuko Hirose, Keiko Miyagami, Ryu Matsuoka, Akihiko Sekizawa The13th International Congress of Human Genetics ICHG2016
第40回日本遺伝カウンセリング学会学術講演会
Apiril 5・2016 ・Kyoto
Clinical impact of DNA mismatch repair status in endometorial carcinomas
Shikama A, Minaguchi T, Matsumoto K, Akiyama A, Tenjimbayashi Y, Nakao S, Sakurai M, Ochi H, Onuki M, Satoh T, Oki A, Yoshikawa H
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月22日・東京
Necessity of para-aortic lymphadenectomy in endometrial cancer with intermediate and high risk
Shingo Miyamoto, Takashi Mimura, Tuka Asami, Hanako Shimizu, Chiaki Iitsuka, Tetsuya Ishikawa, Miki Morioka, Akihiko Sekizawa
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月22日・東京
Clinical significance of lymph node dissection in low-risk endometrial carcinoma: a retrospective study
Yuka Asami, Shingo Miyamoto, Hanako Shimizu, Takashi Mimura, Chiaki Iitsuka, Tetsuya Ishikawa, Miki Morioka, Koji Matsumoto, Akihiko Sekizawa
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月22日・東京
Retrospective analysis of justification for omission of lymph node dissection in uterine endometrioid ancer stage IA (endometrioid adenocarcinoma grade 1 and 2)
Yuka Asami, Shingo Miyamoto, Hanako Shimizu, Takashi Mimura, Chiaki Iitsuka, Testuya Ichikawa, Miki Morioka, Hajime Teunoda, Akihiko Sekizawa
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月22日・東京
Need of the surgical treatment in endometriotic cyst based on preoperative image views.
Aiko Sekine, Takashi Mimura, Riho Hukutani, Kohri Seo,Shingo Miyamoto, Miki Morioka, Tetsuya Ishikawa, Akihiko Sekizawa
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月22日・東京
The usefulness of ultrasonographic evaluation of malignant ovarian tumors by IOTA (International Ovarian Tumor Analysis )study
Kanae Shimada, Takashi Mimura, Tetsuya Ishikawa, Chiaki Iitsuka, Shingo Miyamoto, Kiyotake Ichizuka, Hajime Tsunoda, Akihiko Sekizawa
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月22日・東京
The effects for administration of preterm labor with protocol alteration in tocolytic agents
Masamitsu Nakamura, Tomohiro Oba, Tatsuya Arakaki, Hiroko Takita, Ryu Matsuoka, Junichi Hasegawa, Akihiko Sekizawa
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月22日・東京
In early gestation,maternal somking leads to increased epigenetic alterations at the promoters of nitrogencompound metabolic and transcriptional regulators
Akihiro Kawashima, Keiko Koide, Ohsuke Migita, Kenichiro Hata, Ryu Matsuoka, Akihiko Sekizawa
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月22日・東京
Progressive direction of endometriosis evaluated by the density of follicles in the lesions of ovarian endometrioma
Takashi Mimura, Tetsuya Ishikawa, Hanako Shimizu, Shingo Miyamoto, Chiaki Iitsuka, Miki Morioka, Miki Kushima, Akihiko Sekizawa
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月22日・東京
Ultrasonographic assessment of fetal morphology, placental volume and uterine artery in the first trimester
Tatsuya Arakaki, Masamitsu Nakamura, Shoko Hamada, Hiroko Takita, Tomohiro Oba, Junichi Hasegawa, Ryu Matsuoka, Akihiko Sekizawa
The 12th Congress of Asian Federation of Societies for Ultrasound in Medicine and Biology
第89回日本超音波医学会学術集会 2016年5月29日・京都
Relation between the timing at open uterine isthmus and hemorrhage in placenta previa.
Goto M, Hasegawa J, Arakaki T, Takita H, Oba T, Nakamura M, Sekizawa A.
The 26th World Congress on Ultrasound in Obstetrics and Gynecology
2016年9月26日・Rome
Volume of umbilical veinous circulation just before delivery reflect the perinatal outcome.
Nakamura M, Oba T, Goto M, Koyano M, Matsuoka R, Hasegawa J, Sekizawa A.
The 26th World Congress on Ultrasound in Obstetrics and Gynecology
2016年9月26日・Rome
International Marce Society Biennial Scientific Meeting 2016
Current Proportion of Women Requiring Perinatal Mental Health Care in Japan
Shunji Suzuki, Yasushi Kuribayashi, Hideo Mastuda, Yasuyuki Asakawa, Akihiko Sekizawa, Masanobu Tanaka, Takashi Okai, and Katsuyuki Kinoshita
Japan Association of Obstericians and Gynecologists,Tokyo,Japan
2016年9月26-28日・オーストラリア,メルボルン
Laparoscopic vs. Laparotomic Surgery for early-stage Endometrial Cancer: A Retrospective Comparison at a Single Hospital.
NTT medical center Tokyo.
Kanae Shimada, Kimihiko Sakamoto, Kazunari Kondo, Masatoshi Sugita, Hajime Tsunoda
25th European Society for Gyneecological Endoscopy
2016年10月3-5日・ Brussele, Belgium
Objective assessment of tension of a mesh during laparoscopic sacral colpopexy
Y. Okada, T.Mimura, T. Ishikawa, M. Nakabayashi, S. Miyamoto, K. Mastumoto, A. Sekizawa;
European Society for Gynaecological Endoscopy 25th Annual Congress
2016年10月3-5日・ Brussele, Belgium
Malignant transformation of both adenomyosis and ovarian endometriosis
diagnosed after laparoscopic surgery
中林誠、宮本真豪、三村貴志、岡田義之、廣瀬佑輔、瀬尾晃平、飯塚千祥、 小貫麻美子、石川哲也、森岡幹、松本光司、関沢明彦
European Society of Gynaecological Endoscopy 25th annual congress
2016年10月3日・Brussels, Belgium
Differences in clinicopathologic features between endometrioid and clear cell tumors arising from endometrioma
Shingo Miyamoto, Koji Matsumoto, Takashi Mimura, Chiaki Iitsuka, Mamiko Onuki, Tetsuya Ishikawa, Miki Kushima, Akihiko Sekizawa
ESGE 25th Annual Congress, 
2016年10月3日・Brussels, Belgium
Comparison of follicular density between ovaries with and without ovarian endometrioma
Takashi Mimura, Koji Matsumoto, Miki Kushima, Shingo Miyamoto, Tetsuya Ishikawa, Akihiko Sekizawa
25th Annual ESGE Congress
2016年10月4日・Brussels, Belgium
The association between p16 and Ki-67 immunohistostaining and the progression of cervical intraepitherial neoplasia grade 2
Shingo Miyamoto, Junichi Hasegawa, Miki Morioka, Yusuke Hirose, Takashi Mimura, Mamiko Onuki, Koji Matsumoto, Yuko Hirota, Miki Kushima, Akihiko Sekizawa
The 16th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society 
2016年10月29日・Lisbon, Portugal
Paraneoplastic thrombocytosis as a prognostic marker in a ovarian cancer
Nakao S, Matsumoto K, Komiya H, Tenjimbayashi Y, Sakurai M, Ochi H, Onuki M, Minaguchi T, Yoshikawa H, Satoh T,
The 16th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (IGCS 2016)
2016年10月29日・Lisbon, Portugal
HPV16 positivity is a possible prognostic factor for favorable survival in advanced cervical cancer
Onuki M, Matsumoto K, Tenjimbayashi Y, Nakao S, Sakurai M, Ochi H, Minagushi T, Someya H, Yoshikawa H, Satoh T
The 16th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (IGCS 2016)
2016年10月29日・Lisbon, Portugal
Para-aortic lymphadenectomy for endometrial cancer: proposal for patient selection
Tenjimbayashi Y, Matsumoto K, Onuki M, Nakao S, Sakurai M, Ochi H, Minaguchi T, Satoh T, Oki A, Yoshikawa H
The 16th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (IGCS 2016)
2016年10月29日・Lisbon, Portugal
Ultorasound-based logistic regression modeling versus magnetic resonance imaging for discrimating between
benign and malignant adnexal masses: a prospective study Shimada K, Matsumoto K, Mimura T, Ishikawa T, Hirose Y, Shimizu H, Iitsuka C, Miyamoto S, Morioka M, Tsunoda H, Ichizuka K, Sekizawa A
The 16th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (IGCS 2016)
2016年10月29日・Lisbon, Portugal
帝王切開について 術式とセプラフィルムの使用法
仲村将光 
科研製薬勉強会 
2016年1月21日・東京
術中破綻部位からみた卵巣子宮内膜症性嚢胞の病巣進展の検討
三村貴志、石川哲也、瀬尾晃平、武田豊明、宮本真豪、森岡幹、九島巳樹、関沢明彦
第37回日本エンドメトリオーシス学会学術講演会 
2016年1月23日・熊本
子宮内膜症の悪性転化早期発見のための定期的観察の必要性
宮本真豪、三村貴志、瀬尾晃平、武田豊明、石川哲也、森岡幹、関沢明彦
第37回日本エンドメトリオーシス学会学術講演会 
2016年1月24日・熊本
周産期医療の現状と看護の実際
松岡隆
東京都看護協会研修会 
2016年1月26日・東京
当院における子宮悪性腫瘍に対するロボット支援下手術の導入
松本光司、越智寛幸、小貫麻美子、天神林友梨、飯場萌絵、中尾砂理、櫻井学、水口剛雄、佐藤豊実
第8回ロボット外科学会学術集会 
2016年1月29日・米子
私が実践している胎児心スクリーニング法
松岡隆
第61回神奈川胎児エコー研究会 アドバンス講座 
2016年1月30-31日・東京
母児の予後から見た前置胎盤症例における娩出のタイミング
新垣達也、長谷川潤一、後藤未奈子、瀧田寛子、仲村将光、松岡隆、関沢明彦
第34回周産期シンポジウム 
2016年2月6日・神戸
婦人科がんとの歩み -これまでの道のりと今後の展望—
松本光司
第6回昭和大学婦人科研究会 (昭和大学学士会後援セミナー) 
2016年2月8日・東京
会長要望演題PR-2
電子式4Dプローブコンベックス型 マトリックスアレイを用いた心室中隔の観察
松岡隆、三浦裕子、伊木美那子、河瀬敬和、真井康博、田中康博、関沢明彦
第22回日本胎児心臓病学会学術集会 
2016年2月19-20日・東京
出生前遺伝学的検査の現状と今後
関沢明彦
平成27年度 冬季山梨産科婦人科学会・山梨県産婦人科医会 合同学術集会プログラム
2016年2月20日・甲府
CTGモニター必須知識と判読技術
松岡隆
神奈川県助産師会研修会 
2016年2月25日・藤沢
「HPV検査はこう使おうーガイドラインの現状と今後の展望—」特別講演
松本光司
第33回富山県臨床細胞学会総会・学術集会
2016年3月5日・富山
FLP施行後に1児IUFDに至ったselective IUGRの1例
後藤美奈子、加藤明澄、関谷文武、秋野亮介、遠武孝祐、土肥聡、小谷美帆子、折坂勝、安藤直子、 市塚清健、長塚正晃
第413回神奈川産科婦人科学会学術講演会
2016年3月・神奈川
卵巣腫瘍の治療におけるtouch smearの有用性の検討
森悠樹、櫻井学、伊藤浩子、細川義彦、飯場萌絵、西田恵子、中尾砂理、越智寛幸、小貫麻美子、 水口剛雄、松本光司、佐藤豊実
第31回茨城県臨床細胞学会 (日本臨床細胞学会茨城県支部) 学術集会
2016年3月19日・水戸
産科急変ケース9
松岡隆
メディカ出版セミナー
2016年3月26日・神戸
産科急変ケース9
松岡隆
メディカ出版セミナー
2016年4月2日・東京
出生前検査に関心を持つ妊婦とそのパートナーの心理状況の調査
和泉美希子、白土なほ子、廣瀬達子、宮上景子、松岡隆、関沢明彦
第40回日本遺伝カウンセリング学会総会および学術集会
2016年4月5日・京都
前置胎盤症例における分娩時出血量のリスク因子に関する検討
後藤未奈子、新垣達也、長谷川潤一、瀧田寛子、仲村将光、関沢明彦
第67回日本産婦人科学会
平成27年4月11日・横浜
専攻医プログラム6-1 HPVワクチン「子宮頸癌予防のためのHPVワクチン:その有効性と安全性」
松本光司
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月21日・東京
「子宮内環境からみた胎児well-being 評価法の検討」
臍帯異常による循環障害と胎児発育不全および児の予後に関する研究 
仲村将光 
第68回日本産科婦人科学会学術集会 
2016年4月22日・東京
産科危機的出血に対し遺伝子組換え活性型血液凝固第VII因子製剤を使用し救命し得た1例
後藤美奈子、村元美幸、加藤明澄、関谷文武、遠武孝祐、土肥聡、小谷美帆子、 折坂勝、安藤直子、 市塚清健、長塚正晃
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月23日・東京
The new era has come. 胎児心臓超音波検査における 3D マトリックスアレイの応用
松岡隆
第68回日本産科婦人科学会学術集会
2016年4月23日・東京
腹腔鏡下仙骨膣腟固定術(LSC)が尿失禁に及ぼす影響について
石川哲也、三村貴志、瀬尾晃平、清水華子、飯塚千祥、宮本真豪、森岡幹、関沢明彦
第68回日本産科婦人科学会学術講演会 
2016年4月24日・東京
日本における2年間の無侵襲的出生前遺伝学検査(NIPT)の現状
日本NIPTコンソーシアム
佐村修、左合治彦、北川道弘、和田誠司、佐々木愛子、関沢明彦、浜之上はるか、三浦清徳、山下隆博、永松健、澤井英明、山田崇弘、室月淳、鈴森伸宏、種元智洋、遠藤俊明、福島明宗、生野寿史、平久進也、松原圭一、吉里俊幸、前田和寿、加地剛、小川昌宣、佐世正勝、難波聡、長田久夫、西澤春紀、岡本陽子、金川武司、柿ヶ野藍子、小川正樹、中村博昭、和泉俊一郎、片桐由起子、笠井靖代、成瀬勝彦、吉松淳、早田桂、兵頭麻希、近藤朱音、川野由紀枝、大場隆、横浜祐子、市塚清健、川島英理子、三春範夫、川上浩介
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月23日・東京
NIPTを希望する妊婦における心理社会的ストレス:不妊症治療歴との関係
坂本美和、白土なほ子、宮上景子、廣瀬達子、四元淳子、関沢明彦
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月23日・東京
経腟分娩中の臍帯頸部巻絡の向きと分娩時所見との関係 
岡田義之、仲村将光、瀧田寛子、新垣達也、大場智洋、長谷川潤一、松岡隆、関沢明彦
第68回日本産科婦人科学会学術集 
2016年4月23日・東京
本邦における脳卒中による妊産婦死亡の現状と課題
桂木真司、石渡勇、大里和広、関沢明彦、金山尚裕、田中博明、中田雅彦、仲村将光、長谷川潤一、 村越毅、吉松淳、池田智明
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月23日・東京
産褥尿閉から死亡に至ったと考えられる2症例―妊産婦死亡調査班研究より
大里和広、桂木真司、田中博明、吉松淳、関沢明彦、長谷川潤一、仲村将光、村越毅、金山尚裕、池田智明、石渡勇
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月23日・東京
子宮筋腫・子宮腺筋症におけるプロゲステロン受容体発現の病理学的検討
吉川信一朗、三村貴志、石川哲也、関沢明彦、九島巳樹
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月24日・東京
分娩選択施設からみた妊婦の心理的背景の検討
Mental background of pregnant women in the view point of delivering place.
白土なほ子、坂本美和、宮上景子、盛本太郎、北村修一、廣瀬達子、齋藤敦子、和泉美希子、四元淳子、下平和久、関沢明彦
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月23日・東京
遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)に対する予防的卵巣卵管切除術(RRSO)の当院での現状
清水華子、飯塚千祥、三村貴志、宮本真豪、石川哲也、関沢明彦
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月24日・東京
当院における出生前遺伝学的検査の動向
Trend in the number of prenatal definitive diagnosis in Showa University Hospital
宮上景子、白土なほ子、廣瀬達子、和泉美希子、四元淳子、松岡隆、関沢明彦
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月24日・東京
妊娠中期から後期への臍帯動脈血流量変化が周産期管理の指標になる
瀧田寛子、仲村将光、新垣達也、濱田尚子、大場智洋、松岡隆、関沢明彦
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月24日・東京
妊娠36週の臍帯静脈ドプラ計測と分娩時NRFSの関連についての検討
新垣達也、仲村将光、瀧田寛子、大場智洋、長谷川潤一、松岡隆、関沢明彦
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月24日・東京
産科救急におけるFocused Assessment With Sonography for Obstetrics(FASO)の有用性に関する検討
大場智洋、仲村将光、岡田義之、丸山大介、瀧田寛子、新垣達也、松岡隆、長谷川潤一、関沢明彦
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
2016年4月24日・東京
卵巣癌患者における血小板増加症:臨床病理象・予後との関連
中尾砂理、松本光司、藤枝薫、板垣博也、佐々木怜子、新夏樹、櫻井学、越智寛幸、小貫麻美子、水口剛雄、佐藤豊実
第68回日本産科婦人科学会学術集会
2016年4月24日・東京
婦人科がん治療前の静脈血栓塞栓症発症頻度と周術期抗凝固療法の検討
須藤麻実、櫻井学、渡辺麻紀子、細川義彦、西田恵子、中尾砂理、越智寛幸、小貫麻美子、川崎彰子、 水口剛雄、松本光司、佐藤豊実
第68回日本産科婦人科学会学術集会
2016年4月24日・東京
妊娠中期から後期への臍帯静脈血流量変化が周産期管理の指標になる
瀧田寛子、仲村将光、新垣達也、濱田尚子、大場智洋、松岡隆、長谷川潤一、関沢明彦
第68回日本産科婦人科学会学術集会
2016年4月24日・東京
circular shunt を呈した critical AS の2症例
松岡隆
第32回心臓病胎児診断症例報告会
2016年5月8日・横浜
「HPV検査はこう使おう —ガイドラインの現状と今後の展望—」特別講演
松本光司
第43回品川地区産婦人科臨床研究会
2016年5月12日・東京
医学的適応による未受精卵子凍結の開始について
近藤哲郎
第43回品川地区産婦人科臨床研究会
2016年5月12日・東京
成人発覚ターナー症候群の一例
宮上景子、白土なほ子、廣瀬達子、和泉美希子、関沢明彦
多摩総合医療センター 小児内分泌カンファレンス   
2016年5月13日・東京
モザイクターナー症候群の一例
廣瀬達子、和泉美希子、宮上景子、白土なほ子 
多摩総合医療センター 小児内分泌カンファレンス
2016年5月13日・東京
無侵襲的出生前遺伝学的検査の現状と課題
関沢明彦
第119回日本小児科学会学術集会
2016年5月14日・札幌
女性のライフステージ 基礎・疾患・治療
白土なほ子 
大田・品川薬剤師会   
2016年5月19日・東京
「胎児心拍陣痛図講座 基礎編及び応用編」
松岡隆
第34回東京母性衛生学会学術集会
2016年5月22日・東京
腹腔鏡超音波での仙骨岬角前面の術中評価法-腹腔鏡下仙骨腟固定術を安全に行うために
岡田義之、石川哲也、三村貴志、中林誠、瀬尾晃平、森岡幹、松本光司、関沢明彦
日本超音波医学会第89回学術集会
2016年5月27-29日・京都
ラジアル式経直腸超音波検査による子宮内膜症のダグラス窩閉鎖の評価
三村貴志、石川哲也、中林誠、岡田義之、瀬尾晃平、関沢明彦
第89回日本超音波医学会学術集会
2016年5月28日・京都
胎児発育不全症例における臍帯静脈流量と胎児機能不全の関係
瀧田寛子
第89回日本超音波医学会学術集会 シンポジウム
2016年5月28日・京都
分娩前の臍帯静脈血流量と周産期予後との関係 
仲村将光、瀧田寛子、大場智洋、新垣達也、岡田義之、松岡隆、長谷川潤一、関沢明彦 
第89回日本超音波医学会学術集会 
2016年5月29日・京都
胎盤位置異常症例の妊娠初期および中期の子宮動脈血流に関する検討
後藤未奈子、新垣達也、仲村将光、瀧田寛子、大場智洋、松岡隆、長谷川潤一、関沢明彦
  第89回日本超音波医学会 
2016年5月27-29日・京都
下大静脈径と分娩時出血量の関連性に関する研究 
奨励賞候補演題 
大場智洋、仲村将光、瀧田寛子、新垣達也、長谷川潤一、松岡隆、関沢明彦、岡田義之
第89回日本超音波医学会学術集会 
2016年5月27-29日・京都
妊娠初期・中期の子宮動脈血流と胎盤位置異常に関する検討
後藤未奈子、新垣達也、仲村将光、瀧田寛子、大場智洋、松岡隆、長谷川潤一、関沢明彦
第89回日本超音波医学会学術集会
2016年5月27-29日・京都
4次元電子プローブを用いた胎児心臓超音波検査の有用性について シンポジウム 
産婦人科3 胎児診断における3D/4D超音波の活用について
松岡隆
第89回日本超音波医学会学術集会
2016年5月29日・京都
泌尿器疾患の胎児診断
シンポジウム 腎・泌尿器 小児の腎泌尿器超音波検査
松岡隆
第89回日本超音波医学会学術集会
2016年5月29日・京都
腹腔鏡下仙骨腟固定術(Laparoscopic sacrocolpopexy;LSC)80症例の検討
石川哲也、三村貴志、飯塚千祥、宮本真豪、小貫麻美子、森岡幹、松本光司、関沢明彦
第18回日本女性骨盤底医学会学術講演会
2016年6月11-12日・北九州
ランチョンセミナー ライブデモ L6胎児心臓スクリーニング
松岡隆
日本母体胎児学会 第7回産科超音波講座
2016年6月12日・名古屋
L8妊娠中期の胎児形態異常スクリーニング
松岡隆
日本母体胎児学会 第7回産科超音波講座
2016年6月12日・名古屋
産科危機的出血による出血性ショックに対しIABO挿入して管理した1例
朝見友香、仲村将光、瀧田寛子、新垣達也、大場智洋、松岡隆、関沢明彦
第131回関東連合産科婦人科学会
2016年6月19日・東京
分娩を契機に産褥期筋腫分娩を認めた筋層内筋腫の1例
後藤未奈子
第129回関東連合産科婦人科学会総会
平成27年 6月21日・東京
城南地区婦人科研究会「郭清すべき症例は?術前術中初見から考える」
飯塚千祥

平成27年 6月23日・東京
「子宮体癌のリンパ郭清を考える」郭清すべき症例は?: 他施設データから考える
松本光司
第7回昭和大学婦人科研究会
2016年6月23日・東京
妊娠初期にチェックできる所見
仲村将光 
第7回産婦人科超音波セミナー 
2016年6月25日・名古屋
ランチョンセミナー ライブデモ L-21 超音波検査の新技術活用法
松岡隆
日本母体胎児学会 第7回産婦人科超音波セミナー
2016年6月25日・名古屋
L-18胎児心臓スクリーニング
松岡隆
日本母体胎児学会 第7回産婦人科超音波セミナー
2016年6月25日・名古屋
術前検査で診断が困難であった若年性の卵巣粘液性腺癌の2例
中林誠、飯塚千祥、岡田義之、廣瀬佑輔、瀬尾晃平、三村貴志、宮本真豪、 石川哲也、森岡幹、松本光司、関沢明彦
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会
2016年7月10日・米子
脳卒中による妊産婦死亡の現状と課題 
桂木真司、石渡勇、大里和宏、関沢明彦、中田雅彦、金山尚裕、田中博明、仲村将光、長谷川潤一、村越毅、吉松淳、池田智明 
第52回日本周産期新生児医学会
2016年7月16-18日・富山
羊水塞栓症におけるフィブリノゲンの急速な減少 妊産婦死亡登録データ 
田中博明、田中佳世、仲村将光、長谷川潤一、大里和広、桂木真司、中田雅彦、村越毅、吉松淳、関沢明彦、金山尚裕、石渡勇、池田智明、妊産婦死亡症例検討評価委員会
第52回日本周産期新生児医学会
2016年7月16-18日・富山
動脈解離による妊産婦死亡の特徴 妊産婦死亡症例検討評価委員会調査より 
大里和広、桂木真司、田中博明、仲村将光、長谷川潤一、中田雅彦、村越毅、吉松淳、関沢明彦、石渡勇、池田智明、
妊産婦死亡症例検討評価委員会 
第52回日本周産期新生児医学会
2016年7月16-18日・富山
HPVワクチン その安全性と有効性
宮本真豪
第25回昭和大学学士会シンポジウム 
2016年7月2日・東京
子宮頸部前がん病変に対するハイリスクHPV検査の役割
小貫麻美子
第25回昭和大学学士会シンポジウム「子宮頸がんの征圧を目指して:HPVを標的にした戦略を考える」
2016年7月2日・東京
当院における初期子宮体癌の縮小手術の検討
NTT東日本関東病院
島田佳苗、坂本公彦、渡邊久美子、佐藤歩美、近藤一成、佐藤奈加子、忠内薫、杉田匡聡、角田肇
第57回日本婦人科腫瘍学会 
2016年7月7-8日・米子
経過観察中に妊娠分娩に至ったQuiescent Gestational Trophoblastic Disease
岡田義之、宮本真豪、飯塚千祥、山口摩佑子、中林誠、廣瀬佑輔、野村奈央、瀬尾晃平、三村貴志、 石川哲也、森岡幹、松本光司、関沢明彦、九島巳樹
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 
2016年7月8日・米子
子宮頸癌4B期に対しTP療法が奏効した2症例
三村貴志、宮本真豪、飯塚千祥、石川哲也、森岡幹、松本光司、関沢明彦
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 
2016年7月8日・鳥取(米子)
AP療法及び放射線療法を施行した子宮腺筋症の悪性転化症例
廣瀬佑輔、宮本真豪、山口摩佑子、岡田義之、中林誠、朝見友香、野村奈央、瀬尾晃平、三村貴志、 飯塚千祥、石川哲也、森岡幹、松本光司、関沢明彦、九島巳樹
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 
2016年7月8日・米子
子宮内膜症性嚢胞から悪性転化をした卵巣癌の前癌病変あり群となし群の臨床病理学的比較
宮本真豪、三村貴志、九島巳樹、山口摩佑子、岡田義之、中林誠、廣瀬佑輔、瀬尾晃平、飯塚千祥、 石川哲也、森岡幹、松本光司、関沢明彦
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 
2016年7月8日・米子
術前検査では診断が困難であった若年性の卵巣粘液性腺癌の2例
中林誠、飯塚千祥、山口摩佑子、岡田義之、朝見友香、野村奈央、廣瀬佑輔、瀬尾晃平、三村貴志、 宮本真豪、石川哲也、森岡幹、松本光司、関沢明彦、九島巳樹
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 
2016年7月8日・米子
子宮腺筋症の悪性転化の一例
廣瀬佑輔、宮本真豪、三村貴志、飯塚千祥、石川哲也、松本光司、関沢明彦
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会
2016年7月8日・米子
子宮頸部神経内分泌癌の3症例の検討
朝見友香、飯塚千祥、山口摩佑子、中林誠、岡田義之、廣瀬佑輔、瀬尾晃平、三村貴志、宮本真豪、 石川哲也、森岡幹、松本光司、関沢明彦
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 
2016年7月9日・米子
婦人科希少疾患の治療 成熟嚢胞性奇形腫の悪性転化について 卵巣成熟奇形腫の悪性転化に対する治療法・予後についての後方視的研究(KCOG-G1305s study).
杉浦敦、井谷嘉男、荒川敦志、伊東史学、井上佳代、小貫麻美子、庄司忠宏、竹井裕二、竹原和宏、 田畑務、長野浩明、中村俊昭、宗像哲、山田隆司、古川直人、喜多恒和、伊藤公彦 
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会
2016年7月8-10日・鳥取(米子)
胎児高輝度腎が契機となり胎児常染色体優性多発性嚢胞腎が疑われた一例
後藤未奈子、加藤明澄、小谷美帆子、土肥聡、安藤直子、市塚清健、長塚正晃
第52回日本周産期新生児医学会学術集会
2016年7月16-18日・富山
単一周産期センターにおける子宮収縮抑制薬投与プロトコルの変更に伴う切迫早産症例の予後に関する検討
仲村将光、大場智洋、新垣達也、奥山亜由美、朝見友香、松岡隆、関沢明彦
第52回日本周産期・新生児医学会総会
2016年7月16日・富山
当院における妊娠初期梅毒感染スクリーニング検査結果に関する調査
小出馨子、関根愛子、川嶋章弘、奥山亜由美、松岡隆、関沢明彦
第52回日本周産期・新生児医学会総会
2016年7月16日・富山
母体血漿cell-free DNA を用いたタナトフォリック骨異形成症Ⅱ型の無侵襲的出生前検査
川嶋章弘、小出馨子、松岡隆、関沢明彦
第52回日本周産期・新生児医学会総会
2016年7月16日・富山
産科医の母乳育児に対する意識<シンポジウム>
関沢明彦
第52回日本周産期・新生児医学会総会
2016年7月16日・富山
てんかん患者の予期せぬ突然死(SUDEP)に関連した妊産婦死亡 
田中佳世、田中博明、長谷川潤一、大里和広、桂木真司、仲村将光、中田雅彦、村越毅、吉松淳、 関沢明彦、金山尚裕、石渡勇、池田智明、妊産婦死亡症例検討評価委員会
第52回日本周産期・新生児医学会
2016年7月16日・富山
産褥期胎盤遺残の診断におけるSonohysterographyの有用性
朝見友香、仲村将光、大場智洋、瀧田寛子、新垣達也、松岡隆、関沢明彦
第52回日本周産期・新生児医学会総会
2016年7月17日・富山
当院のRapid Response Systemで対応した妊産褥婦の特徴とその導入効果
新垣達也、仲村将光、島田佳苗、丸山大介、大場智洋、松岡隆、関沢明彦
第52回日本周産期・新生児医学会総会
2016年7月18日・富山
特定妊婦に対する妊娠期からのスクリーニングと育児支援外来に関する検討
佐藤陽子、村瀬正彦、松岡隆、関沢明彦
第52回日本周産期・新生児医学会総会
2016年7月18日・富山
喫煙の胎盤形成期の絨毛の機能に及ぼす影響
関沢明彦、川嶋章弘、小出馨子
第31回平成27年度助成研究発表会
2016年7月20日・東京(公益財団法人 喫煙科学研究財団)
NIPT受検者における受検後と分娩後の心理的な変化についての検討
白土なほ子、坂本美和、宮上景子、廣瀬達子、和泉美希子、四元淳子、岡田義之、福谷梨穂、下平和久、関沢明彦
第45回日本女性心身医学会学術集会
2016年8月6-7日・滋賀(最優秀演題賞受賞)
遺伝カウンセリング前後における夫婦の心理状態の変化
廣瀬達子、白土なほ子、宮上景子、和泉美希子、坂本美和、四元淳子、関沢明彦
第45回日本女性心身医学会学術集会
2016年8月6-7日・滋賀
体外受精導NIPT受検後と分娩後の不妊患者の心理変化の検討
坂本美和、白土なほ子、宮上景子、四元淳子、廣瀬達子、和泉美希子、下平和久、関沢明彦
第45回日本女性心身医学会学術集会
2016年8月6-7日・滋賀
思春期の月経トラブル~生理痛とPMS(月経前症候群)について~
思春期講演 神奈川県産婦人科医会主催 養護教諭対象
白土なほ子
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会
2016年8月25日・神奈川
分娩開始時の臍帯静脈流量がFetal heart rate patternに与える影響
大場智洋
第39回日本母体胎児医学会学術集会
2016年8月27日-28日・福島
卵単子宮内膜症性嚢胞の存在は卵巣組織に影響するか:正常卵巣との比較
三村貴志、石川哲也、九島巳樹、瀬尾晃平、宮本真豪、飯塚千祥、森岡幹、松本光司、関沢明彦
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会
2016年9月1日・長崎
遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)に対する正常卵巣・卵管の取り扱い
―当院における腹腔鏡下リスク低減卵巣卵管切除術(L-RRSO)の現状―
石川哲也、清水華子、飯塚千祥、三村貴志、宮本真豪、森岡幹、松本光司、関沢明彦
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会
2016年9月1日・長崎
帝王切開瘢痕症候群修復術における腹腔鏡・子宮鏡併用の有用性
廣瀬佑輔、三村貴志、岡田義之、豊澤秀康、中林誠、飯塚千祥、宮本真豪、小貫麻美子、石川哲也、 森岡幹、松本光司、関沢明彦
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会
2016年9月2日・長崎
当院におけるロボット支援下子宮悪性腫瘍手術導入の経験
小貫麻美子、松本光司、越智寛幸、天神林友梨、飯場萌絵、中尾砂理、櫻井学、水口剛雄、佐藤豊実
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会
2016年9月2日・長崎
87例の手術成績から見た骨盤臓器脱 (Pelvic organ prolapses) に対する腹腔鏡下仙骨固定術 (laparoscopic sacrocolpopexy; LSC)の適応と要約
石川哲也、三村貴志、宮本真豪、飯塚千祥、森岡幹、松本光司、関沢明彦
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会
2016年9月2日・長崎
子宮頸部筋腫に対する腹腔鏡下子宮全摘術での当院の工夫
中川智絵、三村貴志、石川哲也、岡田義之、豊澤秀康、中林誠、廣瀬佑輔、瀬尾晃平、飯塚千祥、 宮本真豪、森岡幹、松本光司、関沢明彦
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会
平成28年9月2日・長崎
腹腔鏡下仙骨膣固定術における固定の際の適切な牽引力の検討
岡田義之、石川哲也、三村貴志、中林誠、廣瀬佑輔、瀬尾晃平、宮本真豪、森岡幹、松本光司、関沢明彦
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会
平成28年9月2日・長崎
子宮漿膜より発生したと思われる子宮内膜症性嚢胞の1例
池田舞、中林誠、三村貴志、岡田義之、廣瀬佑輔、瀬尾晃平、宮本真豪、飯塚千祥、森岡幹、松本光司、 関沢明彦
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会
平成28年9月2日・長崎
急性腹症を発症した卵巣子宮内膜症性嚢胞のMRI所見の検討
関根愛子、三村貴志、福谷梨穂、岡田義之、中林誠、廣瀬佑輔、瀬尾晃平、飯塚千祥、宮本真豪、 石川哲也、森岡幹、松本光司、関沢明彦
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会
平成28年9月2日・長崎
‘The adequate distance of suture ligature in the laparoscopic surgery’
腹腔鏡手術における最も縫合しやすい距離の検討 ~ダイアモンド法~
松下友美、竹中慎、小田原圭、小谷野麻耶、河本貴之、丸山大介、村元勤、山下有加、濱田尚子、 松浦玲、中山健、市原三義、小川公一
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会
2016年9月2日・長崎
腹腔鏡下手術後に子宮腺筋症と卵巣子宮内膜症性嚢胞の同時性悪性転化が疑われた1例
中林誠、宮本真豪、三村貴志、岡田義之、廣瀬佑輔、瀬尾晃平、飯塚千祥、 小貫麻美子、石川哲也、森岡幹、松本光司、関沢明彦
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会
2016年9月3日・長崎
腹腔鏡下手術施行後に診断された卵巣境界悪性・悪性腫瘍の検討
宮本真豪、松本光司、三村貴志、岡田義之、中林誠、廣瀬佑輔、飯塚千祥、石川哲也、森岡幹、 関沢明彦
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会
平成28年9月3日・長崎
「産婦人科における摂食障害患者の検討」シンポジウム講演
テーマ「再び笑顔が訪れる日をめざして」「妊娠と出産」
白土なほ子 
第20回摂食障害学会 東京大学本郷キャンパス
2016年9月3日・東京
出生前検査の現状と法律・倫理・社会的な視点からみた課題
関沢明彦
平成28年度静岡産婦人科医会・静岡産科婦人科学会
2016年9月25日・静岡
出生前検査の現状と法律・倫理・社会的な視点からみた課題
関沢明彦
杉並・中野・新宿3区合同産婦人科医会
2016年9月28日・東京(杉並区医師会館)
これであなたも妊健マスター
松岡隆
メディカ出版セミナー
2016年10月1日・東京
抗凝固療法中に腹腔内及び卵巣内に反復性出血を来した思春期女性の一例
須藤麻実、志鎌あゆみ、伊藤浩子、西田恵子、田坂暢祟、中尾砂理、櫻井学、越智寛幸、小貫麻美子、 川崎彰子、水口剛雄、佐藤豊実
第132回関東連合産科婦人科学会各術集会
2016年10月5日・東京
The new era has come. 胎児心臓超音波検査における3Dマトリックスアレイの応用
松岡隆
第51回福岡周産期懇話会
2016年10月8日・福岡
血圧管理に苦渋した重症加重型妊娠高血圧腎症の一例
野村奈央、松岡隆、新垣達也、奥山亜由美、大場智洋、仲村将光、小出馨子、関沢明彦
第37回日本妊娠高血圧学会学術集会 
2016年10月8日・大宮
これであなたも妊健マスター
松岡隆
メディカ出版セミナー
2016年10月9日・大阪
‘Transient osteoporosis of the hip in the third trimester of pregnancy complicated by right femoral neck fracture: case report’
妊娠後期に右大腿骨頸部骨折に至った特発性一過性大腿骨頭萎縮症の1例
松下友美、山下有加、小谷野麻耶、河本貴之、丸山大介、村元勤、竹中慎、松浦玲、中山健、横川香、市原三義、佐々木康、小川公一
第132回関東連合学術集会
2016年10月16日・東京
日本産科婦人科学会が勧める胎児形態異常スクリーングの実際
松岡隆
日本超音波医学会 第28回関東甲信越地方会学術集会
2016年10月22-23日・東京
皮膚筋炎に合併した槳液性卵巣癌の1例
豊澤秀康
第130回関東連合産科婦人科学会総会学術集会
2016年10月25日・千葉
甲状腺機能低下症の母より出生した児の低血糖遷延症例
池田舞、白土なほ子、岡田あかね、廣瀬達子、宮上景子
多摩総合医療センター 小児内分泌カンファレンス
2016年10月28日・東京
NIPTを用いる出生前検査を受けた生殖補助医療(体外受精、顕微授精)による妊婦の心身的な検討 
坂本美和、近藤哲郎 
第61回日本生殖医学会学術講演 
2016年11月3-4日・横浜
子宮内膜症例に対する体外受精と嚢胞摘出術との妊娠率の比較
近藤哲郎、岡崎美寿歩、坂本美和
第61回日本生殖医学会学術講演会
2016年11月3日・東京
Kallmann症候群の2症例
木村友沢、中尾砂理、佐々木怜子、西田恵子、櫻井学、小貫麻美子、川崎彰子、水口剛雄、濱田洋実、佐藤豊実.
第31回日本女性医学学会学術集会
2016年11月5-6日・京都
子宮頸部細胞診異常:こんなときどうしてますか?
小貫麻美子
第19回城南地区産婦人科医会合同研修会
2016年11月10日・東京
臍ヘルニア術後の高度肥満のため腹腔鏡下子宮体癌手術のfirst trocar挿入に苦慮した一例
中川智絵、三村貴志、岡田あかね、小瀧千尋、関根愛子、豊澤秀康、廣瀬佑輔、飯塚千祥、宮本真豪、 小貫麻美子、石川哲也、松本光司、関沢明彦
第39回日本産婦人科手術学会
2016年11月13日・仙台
出生前遺伝学的検査の現状と今度
関沢明彦
第116回九州医師会医学会 第3分科会 産科婦人科学会
2016年11月20日・熊本
腎・泌尿器科&婦人科領域の超音波検査を学ぶ
産婦人科の超音波検査の基本と主な疾患
石川哲也、関沢明彦
ステップアップエコーセミナー 
2016年11月20日・大阪
出生前診断の実際 ~妊産婦の支援者として知っておきたいこと~
(保健師・助産師・看護師・新生児訪問指導員)
白土なほ子
江東区保健部講演  
2016年11月25日・東京
第18回イアンドナルド超音波講座 オーガナイザー
ライブデモ 中期スクリーニングー条件が悪いときにどうするのかー
松岡隆
2016年11月26-27日・東京
早期発症および後期発症の妊娠高血圧症候群の予知に対する妊娠初期の3D胎盤体積測定の有用性
~臍帯付着部位による絨毛発育の良否を含めた評価~
仲村将光 
第24回日本胎盤学会学術集会 
2016年11月26日・和歌山
ADAMTS16遺伝子変異は卵巣癌のプラチナ製剤感受性を改善する 
安川茉弥 
第63回昭和大学学士会総会 
2016年11月26日・東京
「女性アスリートの三徴:摂食障害-無月経-骨粗鬆症」講演
日本テニス協会 医事委員会委員長 アンチドーピング委員会委員長 別府諸兄より依頼
白土なほ子
第43回テニス・メディカルセミナー           
2016年11月26日
「超緊急帝王切開手術」症例の全身麻酔時の気道管理方法の調査
朝見友香、上嶋浩順、関沢明彦、大嶽浩司
第120回産科麻酔学会学術集会
2016年11月26日・東京
妊娠初期胎児形態学評価―何がどこまでわかる?
仲村将光
第18回イアンドナルド超音波講座 
2016年11月27日・東京
子宮内胎仔脳室内投与における脂肪組織由来幹細胞の中枢神経系への有効性
川嶋章弘、安原理佳、三島健二、関沢明彦
第39回日本分子生物学会
2016年12月1日・横浜
昭和大学における婦人科ロボット手術導入の現状
松本光司
第9回昭和大学婦人科研究会
2016年12月1日・東京
アスピリンとインターフェロンの併用療法による管理を要した本態性血小板血症合併妊娠の一例
小出馨子、齋藤文護、中牧剛、関沢明彦
第31回日本生殖免疫学会学術集会
2016年12月2日・神戸
骨盤臓器脱に対する腹腔鏡下手術~腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC)101症例の手技と成績~
石川哲也、三村貴志、飯塚千祥、宮本真豪、小貫麻美子、森岡幹、松本光司、関沢明彦
第29回日本内視鏡外科学会学術講演会(ワークショップ)
2016年12月8日-10日・横浜
シンポジウム「東南海沖大地震に備える周産期医療」
東日本大震災医療支援
松岡隆
第17回香川県母性衛生学会学術集会
2016年12月10日・高松
特別講演
胎児を見る、観る、看る 〜見えることと見えてしまうこと〜
松岡隆 第17回香川県母性衛生学会学術集会
2016年12月10日・高松
ランチョンセミナー「
子宮頸がんリスク因子としてのHPV ゲノム変異」
松本光司
第2回産婦人科遺伝診療学会
2016年12月17日・京都
術中膀胱鏡により術後の尿管狭窄を回避できた腹腔鏡下子宮全摘手術の1例
朝見友香、宮本真豪、池田舞、関根愛子、岡田義之、島田佳苗、三村貴志、飯塚千祥、小貫麻美子、 石川哲也、松本光司、関沢明彦
第32回東京産婦人科医会・東京産科婦人科学会合同研修会並びに第380回東京産科婦人科学会例会
2016年12月17日・東京
NIPT判定保留の結果であった後腹膜腫瘤の1例
宮上景子、白土なほ子、和泉美希子、廣瀬達子、川島章弘、松岡隆、関沢明彦
第2回日本産婦人科遺伝診療学会
2016年12月17-18日・京都
母体血中cf DNAの解析で22トリソミー胎盤性モザイクを疑った重度の胎児発育不全の1例
和泉美希子、松岡隆、廣瀬達子、宮上景子、新垣達也、川嶋章弘、白土なほ子、関沢明彦
昭和大学病院 臨床遺伝医療センター、昭和大学医学部 産婦人科学講座
第2回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会¥
2016年12月17日・京都

このページの先頭へ

その他(テレビ・雑誌・新聞等)

準備中

所在地

昭和大学医学部差婦人科学講座

〒142-8666
東京都品川区旗の台1-5-8

このページの先頭へ