HOME > 研究

研究「研究は進歩の礎」自由な発想で夢のある研究テーマを教職員自ら考え選び、臨床研究・基礎研究を問わず明確な臨床目標を掲げ、研究活動にも非常に活発に取り組んでいます。

昭和大学医学部産婦人科学講座は、昭和3年に本学の前身である「昭和医学専門学校」が設立されて以来、90年近くの歴史を刻んできました。学祖上條秀介先生の「国民の健康に親身になって尽くせる臨床医家を養成する」という理念に従い、最初は良き臨床家を育成する教育の場、優れた医療を行う臨床の場として発展しました。そして大学が「昭和医科大学」「昭和大学」と発展するに従い、優れた臨床を行うために必要な最先端の医学研究も盛んに行われるようになりました。

中山徹也教授時代にはステロイド代謝研究で世界の最先端を走るようになり、矢内原巧教授時代にはステロイド代謝を中心にして、腫瘍、周産期、不妊、女性医学すべての領域の研究が発展しました。

岡井崇教授時代には、超音波診断を中心とする臨床研究が発展を遂げ、基礎と臨床の融合が大きく飛躍しました。特に、集束超音波(HIFU)によるトラップシークエンスの胎内治療は世界初の快挙であり、マスコミにも大きく取り上げられました。日本産科婦人科学会学術総会のシンポジストを毎年のように輩出するようになったのも岡井教授時代からです。

現在は関沢明彦教授のもと、母体血中の核酸を用いた胎児診断の基礎研究で世界的な成果を上げているのみでなく、臨床応用で国内の中心となっていることは周知の通りです。また、産婦人科領域全般に渡って、精力的に研究が進められています。


所在地

昭和大学医学部差婦人科学講座

〒142-8666
東京都品川区旗の台1-5-8

このページの先頭へ