教室員レポート

2014年12月6日

第59回日本唾液腺学会は文京学院大学本郷キャンパスで基礎分野、臨床分野に分かれて行われました。学会では唾液腺の生理学的解析から唾液腺腫瘍まで幅広い分野の発表がされ、他分野の研究者からもアドバイスやディスカッションをいただきました。

今回の学会では「マウス唾液腺細胞におけるCD133陽性細胞の機能解析」を学会奨励賞(基礎的研究)に選定していただき、非常に嬉しく光栄に思います。受賞にあたり、研究室の皆様ならびに共同研究者の皆様に御礼申し上げます。

本研究では、マウス唾液腺からの組織幹細胞の単離と解析を目的としました。本研究はまだまだ途中段階ですが、本研究で得られた知見が唾液腺の発生・再生メカニズムの解明へ向けての一助となるよう、今回の受賞を励みに、これからも研究活動に専心努力していきたいと思います。

記・田中

2013年7月4日

フランスのパリで開催された国際細胞学会(2013年5月26日~30日)に参加し、29日に、「唾液腺に発生した筋上皮癌と上皮―筋上皮癌の細胞診について」のポスター発表をしてきました。ポスターはe-posterという形式で、印刷物はなく、パワーポイントで作成されたポスターを見るという方法です。デイスカッション時間は決められた時間内で行うはずでしたが、いつでも見ることが出来るし、結構フリーな感じで、デイスカッションが行われていました。日本人の先生方の参加も結構多かったです。

パリの5月末~6月はとても気候がいいと聞いて出かけましたが、寒くて風邪をひき、毎日鼻水がでっぱなしの状態でした。私の体調はさておいて、さすがにパリの町並みは美しく、シャンゼリゼ通りは街路樹と有名店が美しく並んでいました。 凱旋門からの景色やエッフェル塔でパリを実感し、パンはどこで買っても美味しく、視覚と味覚で満喫してきました。

 

2013年3月23日

文部科学省私立大学戦力的研究基盤形成支援事業平成24年度シンポジウムが昭和大学歯科病院にて行われました。今回は「分子的理解に基づいた口腔癌の先端的研究」に大学院生の林が「Lin 28は口腔扁平上皮癌における癌幹細胞性の制御に関与している」、デンタルイノベーションを目指した修学的研究拠点の形成—アンチエイジングに貢献する新たな付加価値の創生」には秋山助教が「長鎖noncoding RNA (MALAT-1)は唾液腺腫瘍に発現する」、「次世代型学顎口腔組織再生医療の研究開発拠点の形成」には安原助教が「唾液腺再生を目指した脂肪幹細胞の応用」をそれぞれポスター発表し、活発な討議がなされました。大学院生の林は本演題内容にて転写因子のひとつであるLIN28が口腔癌の癌幹細胞の性質発現に必須であることを見出し、Experimental Cell Research, 1;319(8):1220-8.2013 へ報告し、学位を授与されました。

2012年12月10日

徳島大学ヘルスバイオサイエンス研究部口腔分子病態学分野教授の石丸直澄先生をお迎えして、御講演頂きました。セミナーではシェーグレン症候群の発生機序における分子メカニズムについて、疾患モデルを用いた多角的な研究の成果をお話いただきました。今後の臨床や研究においてとても勉強になる有意義な時間でした。

2012年8月8日(水)

美島健二教授の唾液腺研究が2012年7月20日付け「日経産業新聞」と2012年7月31日付け「歯科新聞」に掲載されました。

2012年7月21日(土)

安原理佳助教が2012年7月19日から21日にかけて開催された第30回日本骨代謝学会で優秀ポスター演題賞を受賞しました。

 

2012年5月1日(火)

2012年4月26日から28日にかけて第101回日本病理学会が開催されました。今年は特別講演に川口淳一郎教授(JAXA) が『「はやぶさ」が挑んだ人類初の往復の宇宙旅行、その7年間の歩み』をご講演され、’Inspiration for inovation’をキーワードに若い研究者への応援メッセージとともに「サイエンス」について大変興味深いお話を拝聴しました。本教室からは安原助教が演題名「乳癌骨転移誘導因子の検索とその機能解析」で口頭発表と秋山助教が演題名「上顎骨内原発のsolitary fibrous tumorの一例」でポスター発表しました。日頃の研究成果を発表し、他の研究者からアドバイスやディスカッションをする良い機会となりました。(写真:秋山助教)

記 安原

2012年2月1日(水)

新しくホームページを開設しました。

昨年、2011年12月1日都内ホテルにて、口腔病理学教室の忘年会が行われました。今回は美島教授を迎えて初めての会という事もあり、共同研究を行っている臨床科の先生方やOBの先生方にもお集まりいただきました。総勢30名で2011年の色々な苦労を忘れ、2012年に向けて皆様からの激励を受けて教室員一同「一意奮闘」を誓った良い会となりました。

本年もよろしくお願い致します。

記 秋山(外薗)

ページトップへ