はじめに

昭和大学歯学部口腔病理学教室
教授 美島健二

病理学は、病気の原因及びその成り立ちを解明する科学で、疾患による変化を形態学的にとらえる「病理形態学」と、その背景となる分子メカニズムを明らかにする「分子病理学」よりなります。その中で、口腔病理学が対象とする疾患には、口腔はもとより、口腔と関連する全身性疾患、すなわち、う蝕、歯周病をはじめとした口腔領域特有の病変から、全身性疾患の一症状として口腔内に病変を認めるものまで様々な疾患が含まれています。また、近年、歯周病と糖尿病の関連が報告されているように、超高齢社会を背景に口腔内疾患が全身性疾患の増悪因子となる可能性も指摘され、口腔内疾患を正しく診断し、予後を予測した上で適切に治療することは国民のQOL向上に対する重要な課題と考えられます。このような背景のもと、当講座では、口腔領域を中心とした疾患の病因および病態の解明を行うとともに、得られた知見を新規診断法や治療法の開発に応用する「トランスレーショナルリサーチ」を目標に研究を行っています。具体的なテーマとしては、①口腔癌や歯原性腫瘍をはじめとした口腔領域に生じた腫瘍性病変のゲノム・プロテオーム解析による新規診断法や治療法の開発、②口腔癌の放射線治療後やシェーグレン症候群などの難治性疾患にみられる重篤な唾液分泌障害に対する新規治療法の開発、③硬組織疾患への取り組みとして関節軟骨破壊の病態解明とその再生法の開発や癌の骨転移機構の解明などがあります。さらに、組織の発生や再生の主役である「幹細胞」を切り口とした疾患解析や口腔領域の再生医療にも携わっていきたいと考えております。

これらのアプローチにより得られた成果を臨床に応用する「From Bench To Clinic」の実践を目標に、基礎と臨床の架け橋となるべく研究を行っています。