HOME > 海外交流推進セミナー

海外交流推進セミナー

イメージ01

大学院GP推進委員会では、将来の薬学を担い薬学的臨床研究を推進できる人材を育てるためには、国際交流活動の活性化も必要と考えている。そのため、海外短期留学の支援や国際学会への参加、学会発表・講演を積極的に行えるよう支援をしている。

海外交流を推進するにあたり、昭和大学薬学研究科博士課程前期に在籍している大学院生(132名)が、海外交流に興味を持っているのか、英語の自己評価はどのくらいなのか、など現状を把握するためにアンケート調査を行った(回収率94.7%)。その結果、90.4%の学生が海外交流に関心があると答えたが、英語に対しての自己評価は5点をgood、 3点をmedium、 1点をpoorとして採点してもらったところ、平均2.0点であった。海外交流活動の活性化のためには、英語でのコミュニケーションや英語でのプレゼンテーション能力を磨くことは不可欠である。そこで、海外交流には欠かせない英語に慣れ親しみ英語の苦手意識を克服し、国際的な感覚が身に付くような海外交流推進セミナーを企画した。そして英語に自信をつけて海外留学にけるように、または国際学会へ積極的に参加して英語での発表・講演までこなせるように、そのための支援をしている。

イメージ02

第1回の海外交流推進セミナーは、2008年10月20日にイーオン・イースト・ジャパンの法人部から英語教育指導者(日本人)を招き開催した。2時間のセミナーの内容は、最初の1時間は、海外の大学や大学院の授業を受ける際に必要なスキルであるリスニングについてのポイントを学んだ。実際海外の大学の講義を聞きながら、講義の全体の構成(introduction→ body→ summary)を理解し、講師が話すキーワードやキーフレーズを聞き洩らさないポイントを習得した。後半の1時間は、音読トレーニングをした。音読トレーニングとは、英語を聞く、話す、書く、読む、を繰り返すことでリスニング力と文章問題を瞬時に解くスピード感を同時に身につける方法である。これは英語の知識を「使えるスキル」へ変えるための効果的なセルフトレーニングである。今回初めて経験する受講生が多かったが、最初は聞きとれなかった英文でも音読トレーニングをした後にはその英文が、はっきりと聞きとれるようになっている過程を体験できた。今回のセミナー受講者は、医・歯・薬の各学部から42名参加し、セミナー後のアンケートでは、今回習得した音読トレーニングを今後も続けたいと答えた学生は100%という結果になった。

イメージ03

第1回セミナー後のフォローアップとして、週1回のペースで英語サロンを開いている。英語の音読トレーニングを継続したい、将来のために英語の力をつけたいといった希望を持つ学生達が集まり、学習の場を提供している。フォローアップの内容は音読トレーニング、ワンフレーズ講座、TOEIC学習など、学生達の希望に沿った自由な形で取り組んでいる。10月から始めて3か月が経ち、現在は、ほぼ全員がTOEIC受験を希望している。この学習の取り組みの成果は徐々に現れており、海外短期留学を実現した学生やTOEICでは650点獲得できた学生などがいる。尚、英語サロンへの参加は随時受け付けているので、興味がある学生は大学院GP推進委員会に問い合わせいただきたい。

イメージ04

2009年3月には再びイーオン・イースト・ジャパンの法人部より今回は、外国人講師と日本人講師を招きセミナーを開催する予定である。国際学会に参加する際の英語での挨拶や自己紹介の仕方、スピーチやプレゼンテーションの仕方、TOEIC学習方法などを3回シリーズで行う予定にしている。

海外交流には欠かせない英語をコツコツ学んでいくことで英語に慣れ親しみ、自信をつけて国際学会への積極的な参加、発表、講演、そして将来の海外留学などに備えてもらいたい。

第2回 大学院GP主催 海外交流推進セミナー

TOEIC集中得点アップ+海外学会参加対策セミナー

第2回海外交流推進セミナーを3月5, 6, 7日の3日間開催します。最初の2日間は、TOEIC短期集中得点アップコースです。TOEIC 50〜100点アップするための勉強法からTOEICテスト形式の解き方まで学べます。苦手な英語を改善したいと思っている人、就職活動にTOEICをアピールしたい人向けです。 3月7日は、国際学会で必要な英語での挨拶、自己紹介、スピーチ、プレゼンテーションの仕方をアメリカ人講師から学びます。初心者〜上級者まですべてのレベルに対応しています。3日間のうち1日のみの参加でも結構です。

講師
TOEIC 950点、英検1級の日本人講師 (イーオン・イースト・ジャパン社)
15年以上、日本で英語教育に携わっているアメリカ人講師 (イーオン・イースト・ジャパン社)
日時
3月5日(木)〜3月7日(土)15:00〜18:00(18:15)(休憩15分含む)
場所
昭和大学2号館4階 大学院セミナー室
問い合わせ先
昭和大学薬学部 薬学的臨床研究・教育センター
医薬品情報学教室(担当:小林 文)
TEL:03-3784-8440(教材に限りがあるため電話での参加登録をお願いします。)