• トップページへ
  • 沿革・概要へ
  • スタッフへ
  • 診療案内へ
  • 入局案内へ
  • アクセスへ
  • 同門会へ

診療案内

文字サイズを変更
  • フォントを小さくする
  • フォントを標準にする
  • フォントを大きくする

顎変形症(がくへんけいしょう)

顎変形症(がくへんけいしょう、受け口・しゃくれなど)とは

顎変形症とは上あごや下あごの成長が一定でないために上あごと下あごのバランスが崩れてしまう障害です。
このバランスとは「上あご」または「下あご」あるいはその両方の大きさや形、位置などの異常で、顔がゆがんだり、かみ合わせが悪くなったりします。

原因は大別して生まれついてのもので家系的にそういう顔かたちをしている方や、生まれついて顔の先天異常(唇裂口蓋裂、顔面裂など)に付随して起こったもの、さらには幼少時に上あごや下あごに大きなけがが原因でなることや、腫瘍(できもの)を切除したのちに起こる事もあり、その原因は多彩に渡ります。

治療法ですが、手術と矯正による方法と、矯正のみによる方法があります。外科的矯正治療(手術+矯正)はかみ合わせやあごのバランスの修正が矯正のみでは不可能な場合に行います。
可能であっても治療期間や患者様への負担がすくないならやはり手術を併用することもあります。

顎変形症の場合の矯正治療、手術には保険が適用されます。

診断はまず、患者様が実際にお困りのことは何か(主訴)を知ることから始まります。その主訴が何か下あごが大きいような気がするとか、上あごより前に出ているような気がするとか、左右のあごの大きさが違うため口を開けるとゆがんで見えるなど様々な訴えを踏まえて検査を勧めていくことになります。検査方法は主にレントゲン(規格X線撮影)、CTなどで得たデータを分析して標準とのずれがどれぐらいあるかを計測することから始まります。美容外科的に顔の形をよくする事との違いはこの基準からどれぐらいずれが見られるのかが重要になります。また、かみ合わせも重要です。正常または標準との差が見られない場合は美容外科的なことになり保険は適用されません。

昭和大学での治療の流れ

変形の外科的治療は「形成外科」及び「口腔外科」でそれぞれ行っております。患者様の身体的な状況や社会的な状況でどちらかの科で治療を行っていきます。昭和大学ではMFC(Maxillo Facial Conference,顎顔面合同カンファレンス)を月に1回行っており、形成外科、口腔外科、矯正歯科、小児歯科、言語、補綴科などが参加してそれそれぞれの患者様の検討を行い治療法の選択や決定を行っております。
もし、口唇口蓋裂による顎変形が見られた場合は、SCPT(Showa Cleft Palate Team、昭和大学口蓋裂治療斑、上記MFCに加え小児科や耳鼻科、放射線科、看護、ケースワーカーなどが参加)での検討も行っております。

トップページへ

  • 医局員募集
  • 診療案内
診療スケジュール

アクセス

昭和大学病院アクセス

東急大井町線・東急池上線 旗の台駅より徒歩5分

〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
TEL : 03-3784-8000

外来診療時間

月〜土 8:30〜11:30

休診日 日曜日、祝日 年末年始 本学創立記念日 (11月15日)

  • 関連リンク
  • 医局員募集フォーム
  • お問い合わせ