• トップページへ
  • 沿革・概要へ
  • スタッフへ
  • 診療案内へ
  • 入局案内へ
  • アクセスへ
  • 同門会へ

診療案内

アザの治療

生まれつきのヒフ色の違いをアザといいます。アザというと、ぶつけて青たんができてもアザができたと表現することがありますね。でも、ぶつけてできた青たんは皮膚の下で出血して、その血液が変色してできたものですから自然に消えていきます。
ヒフの色は、メラニン色素とヘモグロビン色素という色素からなっていますので、アザも、メラニンのアザとヘモグロビンのアザの2通りになります。メラニン色素は黒い色素ですがヒフのどこにメラニン色素があるかで、茶色から青色、黒色と様々な色に見えます。アザではありませんがシミもメラニン色素によるものです。シミのように茶色に見えるアザで扁平母斑といわれるアザ、青色に見えるアザは、太田母斑、伊東母斑、異所性蒙古斑などがあり、黒く見えるアザには色素性母斑などがあります。これらのアザのほとんどはレーザーで治療できますが、再発しやすいもの、治療が難しいものもあります。

ヘモグロビン色素は血液の色素なので赤色です。ですから、赤色のアザはすべてヘモグロビンのアザ、すなわち血管のアザということになります。
ただ単に赤いだけのアザを単純性血管腫、表面がざらざらしていてイチゴのように見えるものをイチゴ状血管腫、できもののように膨らんでいるものを海綿状血管腫といいます。赤いアザはレーザーで治療できます。ただし、治療が難しい赤アザもありますし、治療は早いほど効果に期待が持てます。ですから、ご相談にはできるだけ早くいらっしゃってください。

トップページへ

  • 医局員募集
  • 診療案内
診療スケジュール

アクセス

昭和大学病院アクセス

東急大井町線・東急池上線 旗の台駅より徒歩5分

〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
TEL : 03-3784-8000

外来診療時間

月〜土 8:30〜11:30

休診日 日曜日、祝日 年末年始 本学創立記念日 (11月15日)

  • 関連リンク
  • 医局員募集フォーム
  • お問い合わせ