本文へスキップ

会長挨拶

このたび、伝統ある第10回日本在宅静脈経腸栄養研究会を開催させていただくことになりました。この研究会は、昭和61年に発足した日本在宅静脈栄養研究会と昭和60年に発足した日本在宅経腸栄養研究会が一緒になって、平成16年に第1回が開かれました。私は、本研究会から栄養の手ほどきを受けて以来、多くのことを勉強させていただきました。したがって、私の栄養に関する原点を教えていただいた研究会でもあります。今回、この研究会を開催させていただくことになり大変光栄に存じます。
研究会は平成25年10月5日(土)に、東京を象徴する渋谷のエクセルホテル東急で開催致します。現在、教室員一同一丸となって鋭意準備をすすめております。皆様方に満足していただける研究会を開くことが出来れば幸いです。
 ここ数年NSTというキーワードを中心に、栄養に携わる人口が急速に増加し、世間一般の栄養に対する認識も高まっていると実感しています。これからは、その栄養のノウハウを在宅医療に向けて展開する時期にきていると思います。今回の研究会では、今後の在宅医療の問題点を浮き彫りにし、本当の医療とはいかなるものかを追求したいと考えています。日頃臨床の場で悩んでいる在宅医療の問題点に対して、この研究会で何らかの答えを見つけていただきたいと思います。
臨床、研究ならびに制度に関して、今回も盛り沢山の内容を計画しております。
本研究会が実り多き会になりますことを切に希望し、皆様方のご協力を賜りたいと存じます。


第10回日本在宅静脈経腸栄養研究会 会長
昭和大学医学部外科学講座 小児外科学部門 教授
土岐 彰



事務局.

昭和大学医学部 外科学講座 小児外科学部門

〒142-8666
東京都品川区旗の台1-5-8
TEL:03-3784-8709
FAX:03-3784-8709
e-mail:jsghpen10@med.showa-u.ac.jp