本文へスキップ

日本小児外科代謝研究会

電話でのお問い合わせ TEL.03-3784-8709

日本小児外科代謝研究会

ようこそ、日本小児外科代謝研究会のホームページへ。

【日本小児外科代謝研究会 施設会員参加申し込み】(2016/04/28 更新)
新緑の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、日本小児外科代謝研究会は、1971年に第1回が開催され、その後、今年で第45回を迎えるはこびとなりました。また、PSJMとして開催するようになって、さらに多くの参加をいただくようになりました。この研究会は、小児の術前・中・後の管理の諸問題、外科疾患の代謝・栄養・輸液に関する研究・臨床の諸問題を話題としてきました。従来、発足当時の主旨に基づき幹事制で運用されていました。しかし、参加人数の増加に伴い、施設会員制を導入することが、第44回本研究会幹事会で決定しました。本研究会の主旨をご理解いただき、積極的なご参加をお願い申し上げます。
参加申し込み用紙をダウンロードして、記入後、FAXあるいはメールで事務局までお送りください。
なお、施設会員制は、平成28年4月1日より導入しております。
                                  平成28年4月吉日

                         日本小児外科代謝研究会 代表幹事
                         土岐 彰

                         日本小児外科代謝研究会 事務局
                         昭和大学医学部外科学講座 小児外科学部門内
                         宮川佐代子

【Omegavenの治験開発】
Omegaven®の治験、開発に関して、担当者の推薦(自他薦)をお願いします。
締め切りは11月20日(水)です。
日本小児外科代謝研究会事務局までご連絡ください。


【中心静脈カテーテルエタノールロック療法ワーキンググループ(CVC-ELT WG)からのお知らせ】(2014/06/19 更新)
カテーテル関連血流感染(CRBSI)は長期TPNを余儀なくされている患児にとって生命の危機に直面する重要な問題です。そこでCRBSIをきたした中心静脈カテ―テル(CVC)に対するエタノールロック療法(ELT)について、日本小児外科代謝研究会として本邦において統一したガイドラインに基づく多施設共同研究によるエビデンスの構築を行うこととなりました。多くの皆さまの参加をお願いいたします。詳しくはこちら



NEWSお知らせ

2016年4月26日
中心静脈カテーテルエタノールロック療法ワーキンググループ
(CVC-ELT WG)は、引き続き多施設共同研究を行っています。


2014年6月19日
中心静脈カテーテルエタノールロック療法ワーキンググループ
(CVC-ELT WG)からのお知らせを更新しました。


2013年11月7日
研究会案内を更新しました。

2013年11月5日
研究会案内を更新しました。


2013年10月25日
サイトをオープンしました。

店舗写真

information店舗情報

日本小児外科代謝研究会

事務局:
昭和大学医学部外科学講座
小児外科学部門 内
代表幹事:土岐 彰
事務局:宮川佐代子

〒142-8666
東京都品川区旗の台1-5-8
Phone: 03-3784-8709
Facsimile: 03-3784-8709
e-mail:
jsmrps@med.showa-u.ac.jp