教育に取り組みたい方

 

活躍現場は大学医学部以外に保健医療学部(理学療法学・作業療法学・看護学)、その他言語療法学・福祉学・義肢補装具学など広くから求められています。教育者として人材を育てていくことで明日の医療を切り開いていくことに貢献できます。

 


 

熱中時代 教育編

 小生は4年前から当学の保健医療学部の専任講師として勤務しております。ここで将来リハ医療の一端の担う理学療法士、作業療法士、看護師の卵たちや保健医療学を学ぶ大学院生相手に教鞭を執っております。(保健医療学部があることからして、いかに昭和大学がリハビリテーションに力を入れているかがわかります。)リハビリテーション医学や義肢装具学、画像診断学などの講義の他に義肢装具学の実習を担当しています。正直なところ教壇に立つため医師になることを志したわけではありません。しかし、若い学生にものごとを教えるということは割と刺激的であり、自分自身が磨かれていると感じます。責任を伴いますがその分やりがいがあります。また、時にはキャンパス内にあるテニスコートで学生の部活に加わり汗を流すこともあり、結構、運動不足の解消になります。

 

 と言っても週の半分は大学病院のリハビリテーション科で臨床・研究を行いながらの話です。大学病院では医学生教育がありますし、臨床や研究のなかで研修医やリハ専門医を目指す若手医師の教育を行うことになります。

 

 大学人として臨床・研究・教育は三位一体、どれも切り離せないものです。今年度、当教室はこれまでの診療科から講座に格上げされ、今後は大学院教育も加わることとなります。これからも臨床・研究・教育のすべてに磨きをかけるよう頑張りたいと思っております。