本文へスキップ

昭和大学医学部リハビリテーション医学講座

研修プログラム(後期研修)program

資料


1.概要

昭和大学医学部リハビリテーション医学講座は、急性期医療の場面から「人の生活(暮らし)を見据えた医療」を展開できるリハビリテーション科専門医を育成する事を目標にしております。 リハビリテーション科専門医は、病気(先天性疾患を含む)や外傷、加齢などによって生じる様々な障害を予防し、診断・評価・治療を行い、機能の回復並びに活動性の向上や日々の生活や社会参加のための支援を行う医師です。急性期医療から生活・社会活動にわたり幅広く対応し、活躍できるリハビリテーション科専門医の育成のために必要な知識や技術を身につける事を目標とした研修内容の構成となっています。

急性期・回復期を中心とした病院に加え、 生活期、在宅診療を含めた病院などの協力の下、急性期・回復期・生活期にいたるあらゆる時期のリハビリテーション医療の研修が行えます。 また、小児医療・療育センターや地域の介護関連施設・障害者福祉施設とも協力し、地域包括ケアシステムや地域リハビリテーションの研修、アスレチックリハビリテーションの研修、神経難病疾患への対応など各関連病院の特長を生かし、有機的に協力し合い、発症から急性期・回復期・生活期のすべての時期、また、あらゆる年齢層、多くの分野・障害児者に対するリハビリテーション医療の実践を研修・経験ができ、多岐にわたる充実した研修環境を提供致します。

昭和大学医学部リハビリテーション医学講座には大学院も設置されており、研修と並行しての入学も可能です。また、昭和大学保健医療学部には理学療法学科・作業療法学科といったリハビリテーションスタッフのための学科や大学院も設置されています。臨床に加えて、研究・教育にも積極的に関与や参加が可能であり、臨床・研究・教育の 3 拍子そろった研修プログラムが特徴です。

日本リハビリテーション医学会では主な対象疾患として

  1. 脳卒中、その他の脳疾患(脳外傷を含む)
  2. 脊髄損傷、その他の脊髄疾患(二分脊椎など)
  3. 骨関節疾患(関節リウマチ・外傷を含む)
  4. 脳性まひ、その他の小児疾患
  5. 神経・筋疾患
  6. 切断
  7. 呼吸器疾患・循環器疾患
  8. その他(悪性腫瘍、熱傷など)

を掲げ、専門医受験に当たりこれらすべての領域の臨床経験(100例のリスト、30例の症例報告)が求められています。

当科のプログラムでは昭和大学附属病院(昭和大学病院、昭和大学横浜市北部病院、昭和大学江東豊洲病院、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院)を始め多くの施設における研修ですべての領域にわたり経験することが可能です。希望により関連施設・研修協力施設における関連領域の研修も実施しています。さらに療養病棟、在宅医療、地域施設、養護学校などにおける活動に従事する機会を設け、リハビリテーション医としての幅広い活動の基礎を身に付けます。


2.専門医資格

日本リハビリテーション医学会認定 「リハビリテーション科専門医」


3.主な検査・治療手技

検査

  • 電気生理学的検査、超音波検査、末梢循環検査
  • 運動障害評価、高次脳機能評価、言語機能評価、心肺機能評価、発達評価
  • 摂食嚥下機能評価嚥下造影・内視鏡検査
  • 尿流動態検査を含む排尿の評価
  • 動作分析

治療

  • 全身状態の管理(健康状態・併存疾患管理、合併症予防と治療)
  • 障害評価に基づく治療計画と処方
  • 痙縮治療(ボツリヌス治療など)
  • 薬物療法(痙縮、排尿排便障害、疼痛、遅発性痙攀など)
  • 神経ブロック療法
  • 装具療法(長下肢装具・短下肢装具、義肢、簡易式装具作製など)
  • 機能的電気刺激
  • 日常生活指導

4.研修方法

各種疾患・外傷による障害に対して併存疾患の管理を行いつつ検査、評価を実施し、予後予測に基づいたゴール設定を行い、各種アプローチへの処方を行います。
アプローチは原則としてチーム医療により実施されるためカンファレンスが重要となります。カンファレンスを通してチーム医療の進め方や医師の役割を学びます。経過中に合併症を発症した場合には速やかな対応を行い、経過中に見られる様々な症状に対しての治療も行います。これらはリハビリテーション科専門医(2017年4月現在 8名)・リハビリテーション科指導医(2017年4月現在 7名)の指導の下に実施されます。身体障害者福祉法、介護保険法などリハに関連する制度の活用法、家屋改造など環境改善へのアプローチなども随時実施されます。

1年目 2年目 3年目
通年等 期間(半年〜1年) 期間(前半等) 期間(後半等)
基幹研修施設
及び
昭和大学附属関連病院での研修
関連研修施設
(回復期等)
関連研修施設
(急性期等)
基幹研修施設
及び
昭和大学附属関連病院・関連施設での研修
関連研修施設
(急性期等)
関連研修施設
(回復期等)
関連研修施設
(地域回復期等)
関連研修施設
(地域訪問期等)

5.研修施設(昭和大学附属病院)

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院リハビリテーション科

昭和大学医学部リハビリテーション医学講座の本部を置くリハ専門病院です。回復期リハ病棟と一般病棟を有し、心臓リハ・呼吸リハも行われます。おもに昭和大学の付属病院からリハビリテーションを必要とする様々な患者の入院を引き受けています。特に隣接する昭和大学藤が丘病院での急性期リハビリテーション研修を同時に行うことができ、救命救急センターや Stroke Care unit での診療、NICU での症例も経験もできます。入院床は回復期リハビリテーション病棟80床を持ち、 幅広い疾患に対応ができます。

1週間の流れ(例)
午前 午後 備考
教授回診 VF/入院カンファ 毎朝SCUカンファ
病棟 病棟・外来
病棟 病棟・外来 小児・ボトックス外来
合同カンファ VF/病棟・外来(装具) 入院カンファ
病棟 病棟・外来 ボトックス外来
病棟 車椅子診

昭和大学病院リハビリテーション科

特定機能病院のリハビリテーション科であり、脳卒中を初め多様な疾患に対する 急性期リハビリテーションを経験できます。同時に総合周産期母子医療センターや救急究明センター、ICUと協力し、分娩異常や先天的障害による障害、救急医療や周術期の急性疾患のリハビリテーションも経験できます。摂食・嚥下リハは特に力を入れており、VF/VEなどの検査はもちろん、NSTとも協力してのチーム医療を実践しています。また、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院など関連リハ病院と連携することで、継続した入院リハビリテーションが必要な患者についてもフォロー可能です。その他,外来でのボツリヌス療法など生活期の患者に対するケアも習得可能です。

1週間の流れ(例)
午前 午後 備考
病棟回診 入院依頼患者診察
入院依頼患者診察 入院依頼患者診察
外来 入院依頼患者診察 脳神経外科カンファ
摂食嚥下回診 VF/VE 救急カンファ
入院依頼患者診察 入院依頼患者診察
病棟・外来 ボトックス外来

昭和大学江東豊洲病院リハビリテーション科

脳血管疾患急性期、脳腫瘍・神経筋疾患、脊髄損傷、切断義肢、骨関節・リウマチ・ 変形性関節症、小児神経疾患、循環・呼吸器疾患等のリハビリテーションの急性期診療を研修できます。発症受傷早期のリスクマネージメントをしながら、早期離床を促進し、適切なリハビリテーションを提供しています。当院では全国にさきがけ、土日週日化を実現した大学病院です。4 週 8 休体制で柔軟な勤務体制を築けます。急性期に特化した病院ゆえに、先端の急性期リハビリテーション医療を実践しています。特にICUは広大な面積をもち、ICU 内で 1 周 100m 歩行も可能であり、集中管理下での多彩なリハビリテーションを研修できます。

1週間の流れ(例)
午前 午後 備考
脳神経カンファ 臨床研究検討 随時嚥下評価・新患診察
ICUカンファ 症例検討会 随時嚥下評価・新患診察
整形外科カンファ NST回診 随時嚥下評価・新患診察
脳神経カンファ ボトックス外来 随時嚥下評価・新患診察
退院促進カンファ 褥瘡回診 随時嚥下評価・新患診察
随時嚥下評価・新患診察 随時嚥下評価・新患診察 随時嚥下評価・新患診察
随時嚥下評価・新患診察 随時嚥下評価・新患診察 随時嚥下評価・新患診察

昭和大学横浜市北部病院リハビリテーション科

当院は、横浜市北部地域における基幹病院として急性期および専門的医療を担って います。当科もこの方針に沿った活動をしています。他科より相談のあったリハ分野 に関するコンサルテーション業務とともに、リハ室所属の療法士と協同で早期離床に 向けた入院リハアプローチを行っております。依頼は全科にわたり、日本リハ医学会 専門医受験および更新に必要な診察を半年から 1 年で担当する事が出来ます。回復期 リハをはじめとした更なるリハアプローチが必要と判断した場合は、適宜他院に紹介 しております。当科専門的診療は以下のとおりです。

痙性麻痺診
脳性麻痺、脳血管障害、脊髄損傷等で出現する痙性麻痺の外来診療を行っています。
小児発達診
当院こどもセンターと協同で、NICU を退院した患児の外来診察を行っています。各地域療育センター等と連携しています。
摂食嚥下障害アプローチ
入院中、摂食嚥下障害を来たした患者に関して、診察、 検査、練習プログラム作成、姿勢や食材の工夫等を含めた包括的アプローチを行っています。NST・口腔ケアチーム・看護部と協力し、包括的な摂食嚥下障害アプローチを実践しています。
呼吸リハアプローチ
COPD、IPの患者について、呼吸器センターと協同で歩行能力向上を含めた全身運動、耐久力向上、呼吸困難時呼吸方法のアプローチを行っています。
がん患者リハアプローチ
入院中患者における周術期や回復期,維持期の各がん患者リハアプローチを実践するとともに,当院緩和医療病棟をはじめとして緩和的がん患者リハアプローチも行っています。
1週間の流れ(例)
午前 午後 備考
患者診察, リハ計画立案・定期評価 小児運動発達診療
患者診察, リハ計画立案・定期評価 嚥下口腔ケア回診
患者診察, リハ計画立案・定期評価 各種検査
患者診察, リハ計画立案・定期評価 褥瘡回診
患者診察, リハ計画立案・定期評価 嚥下造影検査
患者診察, リハ計画立案・定期評価

年間スケジュール

4月
一年目専攻医 研修開始
二年目専攻医、三年目専攻医、研修修了予定者: 前年度の研修目標達成度 評価報告用紙および経験症例数報告用紙を提出
昭和大学研修プログラム 参加病院による合同カンファレンス(講演会・ 症例検討・予演会など3ヶ月に1 回開催)
6月
日本リハビリテーション医学会学術集会参加(発表)
7月
昭和大学研修プログラム参加病院による合同カンファレンス
9月
日本リハビリテーション医学会関東地方会参加(発表)
10月
日本リハビリテーション医学会秋季学術集会参加
一年目専攻医、二年目専攻医、三年目専攻医: 研修目標達成度評価報告用 紙と経験症例数報告用紙の作成(中間報告)
11月
一年目専攻医、二年目専攻医、三年目専攻医: 研修目標達成度評価報告用 紙と経験症例数報告用紙の提出(中間報告)
昭和大学研修プログラム参加病院による合同カンファレンス
12月
日本リハビリテーション医学会関東地方会参加(発表)
2月
昭和大学研修プログラム参加病院による合同カンファレンス
3月
一年目専攻医、二年目専攻医、三年目専攻医: 研修プログラム評価報告用紙/研修目標達成度評価報告用紙と経験症例数報告用紙の作成(年次報告)(書類は翌月に提出)

日本リハビリテーション医学会関東地方会参加(発表)

  • 専門医試験の実施時期は未定
  • 学会:日本リハビリテーション医学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、日本義肢装具学会、日本ニューロリハビリテーション学会など

6.病院見学

カンファレンス・装具診察があるので毎週月・木曜日の見学を薦めております。
勿論、他の曜日も対応可能です。


バナースペース

昭和大学医学部
リハビリテーション医学講座

〒227-8518
神奈川県横浜市青葉区
藤が丘2-1-1

TEL
045-974-2221(病院代表)
070-6657-8284(医局秘書)

FAX
045-974-2485

E-mail
rehab@med.showa-u.ac.jp
(医局秘書)