HOME > 放射線科 紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ

当科ではCT・M RI・消化管造影・尿路造影・マンモグラフィなどの各種画像検査を行い、報告書を作成し、必要に応じてCT・M RIの3次元表示も作成しています。血管造影・IVR(interventionalradiology)部門では、診断のための血管造影の他に、血管拡張術、血栓溶解術、腫瘍や出血病変への塞栓術、リザーバーの装着、各種の経皮的治療(ドレナ ージ、拡張、ステントなど)、腫瘍生検などが行われています。核医学部門では各臓器のシンチグラフィ、SPECT検査を行い、報告書を作成しています。主な画像診断装置としてX線透視装置(4台)、マンモグラフィ装置(2台)、X線CT(4台のうち1台は128列ヘリカルCT)、MRI(4台のうち1台は3T MRI)、血管造影・DSA(4台のうち2台は最新のFPD 搭載で、回転DSA・CTが撮影可能)、核医学シンチカメラ(4台のうち1台はSPECT CT)、超音波装置(2台)を有しています。これらの最新の画像診断装置を最大限に有効利用して診療を行っています。画像診断(CT・MRI・核医学検査など)をご予約希望の場合は、医療連携室(03-3784-8400)へ直接ご連絡ください。原則として画像診断報告書は、検査翌日に医療連携室より郵送致します。報告書は、紹介医療機関の先生方へ可能な限り迅速にお届け致します。IVRでは、治療中または治療後の処置や経過観察が必要になる場合は、当該疾患を専門とする各科を通じて治療させて頂きますので、予めご了承ください。その他疑問点や質問などありましたら、いつでもご相談ください。