2019年度 研究業績

2018  2019  2020

Anti-Obesity Effect of Ginkgo Vinegar, a Fermented Product of Ginkgo Seed Coat, in Mice Fed a High-Fat Diet and 3T3-L1 Preadipocyte Cells.

Hosoda S, Kawazoe Y, Shiba T, Numazawa S, Manabe A.

Nutrients. 2020 Jan 16;12(1). pii: E230. doi: 10.3390/nu12010230.


Simultaneous profiling of organic and inorganic impurities in α-pyrrolidinopentiophenone (α-PVP).

Hattori N, Kaizaki-Mitsumoto A, Hataoka K, Numazawa S.

J Toxicol Sci. 2019;44(12):849-857. doi: 10.2131/jts.44.849.


意識障害と遷延する高血圧を呈した急性メラトニン中毒の1

宮本 和幸光本貝崎明日香渡邊 円香粟屋 真理子渡邊 佐々木  宗貴

中毒研究 2019;32(4):386-389.

 

Hyperreflexia induced by XLR-11 smoke is caused by the pyrolytic degradant.

Hataoka K, Kaizaki-Mitsumoto A, Takebayashi-Ohsawa M, Hattori N, Funada M, Numazawa S.

Forensic Toxicol. 2019 May 7;37(2):412-423.



 

盲腸結紮穿刺誘発敗血症による肝薬物排泄トランスポーター発現変動における炎症性サイトカインの役割 
芦野 隆石坂 優太,蜥ャ 有人,中村 祐輝,大滝 博和,岩倉 洋一郎,沼澤 聡

日本薬学会第140年会,2020年3月,京都

MARTAオランザピンによる代謝系副作用発症メカニズム酸化ストレスの関連 
服部 夏実光本(貝崎)明日香沼澤 聡

日本薬学会第140年会,2020年3月,京都


血小板由来増殖因子による血管平滑筋細胞遊走における活性イオウの役割と抑制メカニズム 
石井 俊一渡部 真由芦野 隆沼澤 聡
日本薬学会第140年会,2020年3月,京都


炎症性サイトカイン遺伝子欠損マウスを用いた盲腸結紮穿刺誘発性敗血症にお けるシトクロムP450変動の検討  

中村 祐輝,芦野 隆,大滝 博和,渡邊 潤,岩倉 洋一郎,沼澤 聡
フォーラム2019 衛生薬学・環境トキシコロジー,2019年8月,京都


イチョウ酢の抗肥満効果の検討

細田 秀剛,沼澤 聡,真鍋 厚史
フォーラム2019 衛生薬学・環境トキシコロジー,2019年8月,京都

参加型生涯研修プログラムの有用性評価 ―昭和大学薬剤師生涯研修認定制度(H30年度)の検証― 
田中 佐知子,芦野 隆,高松 智,唐沢 浩二,小林 文,亀井 大輔,熊木 良太,阿部 誠治,加藤 肇,倉田 なおみ,加藤 裕久,中村 明弘
第4回日本薬学教育学会大会,2019年8月,大阪

スボレキサント中毒疑い例の血中濃度測定
青木 悟阿部 和正服部 夏実光本(貝崎)明日香詫間 章俊田中 茜神尾 義人峯村 純子沼澤 聡

日本法中毒学会第38年会,2019年7月,福岡


ADHD治療薬による依存性の検討
阿部 和正,青木 悟,籏岡 恭子,光本(貝崎)明日香沼澤 聡

日本法中毒学会第38年会,2019年7月,福岡


Nrf2/Keap1 oxidative stress-responsive system inhibits neointimal hyperplasia response to vascular injury by regulating vascular smooth muscle cell migration and apoptosis
Ashino T, Yamamoto M, Numazawa S
The 15th International Congress of Toxicology,2019年7月,ホノルル


Atypical antipsychotic olanzapine induces oxidative stress in the hypothalamus
Hattori N, Kaizaki-Mitsumoto A, Numazawa S
The 15th International Congress of Toxicology,2019年7月,ホノルル


Psychopharmacological effects of pyrolysates of synthetic cannabinoids
Hataoka K, Kaizaki-Mitsumoto A, Ohsawa M, Funada M, Numazawa S
The 15th International Congress of Toxicology,2019年7月,ホノルル


酸化ストレス防御因子Nrf2によるマクロファージおよび血管平滑筋細胞の接着、遊走制御を介した動脈硬化抑制機能
芦野 隆,山本 雅之,沼澤 聡
第46回日本毒性学会学術年会,2019年6月,徳島