昭和大学横浜市北部大学病院

 

 
 

世界中を航海する船(SHIP)が、新たな長い航路へ旅立つために様々な機器を点検・修理する場所(DOCK)があるように、お一人お一人の方々(人)が、健康で素晴らしい人生を送るために心身ともにリフレッシュする場所(ドック)が必要になります。
当院の人間ドックは、そのような場所でありたいと願っております。
人間ドックは、各種疾患の早期発見・早期治療のため(二次予防)、またそれら疾患を発症させない体作りのため(一次予防)に、大変重要な役割を果たします。

検査の過程で発見された疾患に対しては、当院の各専門診療科、各専門スタッフが万全の診療体制で臨む総合的な診療支援システムを備えております。

当院人間ドックが、みなさまの健康対策の一助となるよう、ご利用・ご活用いただきますことを心よりお待ち致しております。


   
1 大学病院として、また地域中核病院として各種専門検査診断機器を用い、専門スタッフによる適切な検査を行います。
   
2 オプション検査では、様々な対象器官に対して高度専門機器・専門スタッフによる、より細やかな検査を行います
   
3 各検査結果に応じ、当院専門診療科における万全な受入体制を整えています。
   
4 検査結果は、電子カルテシステムによって半永久的に保存され、当院での診療や定期的なドックご利用の際の大切なデータとして活用致します。
   
5 1日の受入数を最小限に抑え、きめ細やかな対応に心掛けております。
   
6 検査当日、医師より当日判定可能な検査項目についての結果説明を行います。また、ご希望により医師の結果説明後、担当看護師より生活保健指導を行っております。最終結果報告書を検査後約1ヶ月でお送り致します。
   

昭和大学横浜市北部病院 人間ドック
昭和大学横浜市北部病院 〒224-8503 横浜市都筑区茅ヶ崎中央35-1
copyright(c)2006 Showa University Northen Yokohama Hospital. All Right Reserved.