昭和大学横浜市北部大学病院

 

 
PET/CT装置とは、Positron Emission Tomography(陽電子断層撮影法)と呼ばれるPET装置とComputed Tomography(コンピュータ断層撮影)と呼ばれるCT装置により、2つの画像を同時に撮影できる検査装置です。
がん細胞は、正常な細胞と比べて多量のエネルギー(ブドウ糖)を必要とします。PET検査は、この特性を利用し病気を探します。実際にはポジトロン(陽電子)を放出する放射性同位元素(F-18)で「しるし」をつけたブドウ糖類似物質を静脈注射し、撮影を行います。また、同時に行うCT検査によって、詳細な位置の特定や形状を確認、病巣の場所を正確に判断できるようになりました。
従来のように、MRI検査やCT検査が特定の部位の形状や大きさを画像化して診断していたものに対し、PET検査を合わせて行うことにより、一回の検査で病巣の有無、活動性など詳細を見ることができる新しい検査法なのです。
 
 
PET/CT装置は、PET装置とX線CTがひとつに組み合わさった装置で、1度の検査でPET撮影とCT撮影が可能となる最新鋭の装置です。
PET/CT装置は同じ寝台でCT検査とPET検査を行い、その後両画像を重ね合わせることによりPETの機能画像にCT画像の解剖学的情報を加えることができ、集積箇所の正確な位置の判断が可能となり、正診率の向上に非常に有効です。
 
 

昭和大学横浜市北部病院 PET/CT
昭和大学横浜市北部病院 〒224-8503 横浜市都筑区茅ヶ崎中央35-1
copyright(c)2006 Showa University Northen Yokohama Hospital. All Right Reserved.