昭和大学小児外科

お子さんたちの外科疾患を治療いたします

ABOUT US

小児科からの紹介医として

小児科のクリニックや病院の小児科からのご紹介を積極的に受け入れます。お子さんの疾患では外科治療の遅れがその後の予後を変える場合がありますので急がれる場合には診療時間外でもご相談にのらせていただきますのでお気軽にご連絡ください。
 

 

気軽に何でも相談できる医師

小児期の表面から診てわかる疾患から外傷・けがなどを扱います。対象は出生前の胎児から中学生までが基本的な対象年齢となりますが、幼少期から外科疾患をお持ちの成人の方も診療可能です。疾患としては頭からお尻までの体表・呼吸器・消化管・泌尿器の疾患となります。外科ですが保存的に治療できる臍ヘルニアに対する圧迫療法や血管腫に対する内服療法など保存的治療も行います。
 

小児外科外来診療

小児期の外科治療を必要とする疾患はもとよりでべそ(臍ヘルニア)や習慣性便秘など、小児外科疾患を幅広く診ることを基本としております。胃食道逆流症のモニターや直腸肛門反射試験などの検査の設備も整備しています。

小児内視鏡手術

鼠経ヘルニア・急性虫垂炎はもとより嚢胞性肺疾患やヒルシュスプルング病・鎖肛に対しては細径鉗子をもちいた胸腔鏡・腹腔鏡手術を行っています。

新生児低侵襲手術

赤ちゃんや出生前診断されたお子さんの手術を臍部を用いた切開法で傷の目立たない手術を行います。

成人期移行期診療

小児期に外科手術を受けられた成人の方のフォローアップや小児期から治療を継続されている方の診療も行います。

 保存的療法

 
乳児期早期のでべそでは圧迫療法が整容性にすぐれるため外来での加療をお勧めしています。乳児期の目立つ部位や大きな血管腫に対してもヘマンジオールシロップを使用しています。

お知らせ

現在新型コロナウイルス感染対策として面会制限を行っております。しかしながら小児医療という側面から保護者の付き添いが必要であると考えられる場合には2週間の検温や行動制限等、一定の基準を満たした場合には考慮いたしますので、外来主治医にお尋ねください。
 
 
 


 ▷昭和大学小児外科関連施設
昭和大学小児外科では附属病院・関連病院と連携して診療を行っています。転居やより近距離での治療を継続を希望される場合にはお申し付けください。
 
▷附属病院
 
 
▷関連施設
 

 

昭和大学病院 診察時間のご案内


特定機能病院ですので原則紹介予約制となります。紹介状をかかりつけ医療機関にご依頼ください。
日曜日・祭祝日・創立記念日(毎年11月15日)は休診となります。
緊急手術等にて外来予定は代診・休診となることがございますので確認ください。
時間外での緊急対応は救急外来にお問い合わせください。
 

 

休診日 日曜日・祝祭日・創立記念日(11/15)

 

 近隣の医療機関の先生へ
医療連携室へご連絡いただけると幸いです。tel 03-3784-8419