本文へスキップ

昭和大学病院Showa UNIVERSITY HOSPITAL

昭和大学病院 技師長



昭和大学病院 放射線技術部 技師長(課長)
  安 田 光 慶
昭和大学保健医療学部大学院保健医療学研究科 講師



昭和大学病院について     被ばく低減施設認定取得

 昭和大学病院は8つの病院と1つのクリニックの中で大学と隣接した本院となります。日々進歩する医療の中で、放射線室でも最新で高度な医療を提供できるよう活動しています。放射線室の画像検査機器において、導入された最新の医療機器を紹介いたします。ワイヤレスFPDと15インチモニタを搭載した日立メディコ社製のポータブル装置を2台導入いたしました。それぞれ入院棟と救急センターに配置し、その場での画像確認と無線送信が可能となり、救急撮影にも迅速に対応することが出来ます。CT装置ではSIEMENS社製のForceを導入いたしました。このCT装置最大の特徴は超高速撮影が可能であることと、X線撮影と同等の低被ばく線量で、胸部CT検査が行うことが可能です。心臓は0.3秒、胸部は0.5秒という速さで撮影が可能となり、撮影する際に息止めが出来なくても検査が可能になりました。これはデュアルのX線管システムと世界最速のスキャン速度(0.25秒 / 回転)の組み合わせにより可能となり、秒間700mmを超える範囲が撮影できます。
 放射線治療では癌等の腫瘍部分に放射線を集中的に照射し治療するIMRTを行っております。当院においてSAVIを用いたAPBIにおいても体位保持を行った状態で撮影が可能となっています。小線源を用いた放射線治療において充実した環境となり、より安全で高度な治療を提供できるようになりました。
X線検査室というと大きな機械があり、威圧感のある部屋という印象を持っている方が多いと思います。当院の放射線室では検査室の壁紙にミッキーマウスなどのディズニー柄を採用した検査室があります。放射線を防護するプロテクタにもかわいいアニマルプリントが施されています。ディズニー柄の検査室は小児用の検査室として用いることで、機械による威圧感を軽減させ、怖がらずに検査ができると患者さんには好評です。


昭和大学病院・昭和大学病院附属東病院の概要

病床数
815床 + 199床
診療科目
呼吸器・アレルギー内科、リウマチ・膠原病内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、腎臓内科、消化器内科、血液内科、循環器内科、神経内科、腫瘍内科、総合診療科(ER)、感染症内科、緩和医療科、精神神経科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器・一般外科、乳腺外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、形成外科、産婦人科、眼科、小児科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、放射線治療科、麻酔科、救急医学科、臨床病理診断科、東洋医学科、歯科・口腔外科
特殊診療科目
CCU、ICU、漢方外来、救命救急センター(3次救急)、リハビリテーションセンター、血液浄化センター、総合周産期母子医療センター(NICU・MFICU)、唇裂口蓋裂センター、内視鏡センター、超音波センター、緩和ケアセンター、腫瘍センター、褥瘡ケアセンター、ブレストセンター、総合診療センター(1・2次救急)、頭頸部腫瘍センター

昭和大学病院へのアクセス・所在地

所在地
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号
03-3784-8000
アクセス
東急池上線・大井町線「旗の台」駅徒歩3分
東急目黒線「西小山」駅徒歩10分。
ホームページ
昭和大学病院リンク

マップ